映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ピサーニ

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1972年 まで合計16映画作品)

1972年

コッチおじさん

  • 1972年5月27日(土)公開
  • 出演(Dr._Gaudillo 役)

息子の嫁に嫌われた72歳の老人と、父なし子を身ごもった女の子が同居したことから巻き起こる騒動を笑いと涙でつづる。製作はリチャード・カーター。監督はジャック・レモン。アメリカの女流作家キャサリン・トプキンスの小説「コッチ」をジョン・パクストンが脚色。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はマーヴィン・ハムリッシュ、編集はラルフ・E・ウィンタースが各々担当。出演はウォルター・マッソー、デボラ・ウィンタース、フェリシア・ファー、チャールズ・エイドマンなど。

監督
ジャック・レモン
出演キャスト
ウォルター・マッソー デボラ・ウィンタース フェリシア・ファー チャールズ・エイドマン
1970年

大空港

  • 1970年4月25日公開
  • 出演(Dr. Compagno 役)

猛吹雪の国際空港と旅客機の中でくりひろげられる人間模様と恐怖のアクシデント。製作は「モダンミリー」のロス・ハンター、監督は「36時間」のジョージ・シートン、アーサー・ヘイリーの原作を「三十四丁目の奇跡(1947)」「喝采」のシナリオで2度のオスカーに輝くジョージ・シートンが脚色。撮影は「愚か者の船」のアーネスト・ラズロ、美術はアレクサンダー・ゴリッツェンとE・プレストン・エイムズ、セット装飾はジャック・D・ムーアとミッキー・S・マイケルズ、音楽を「キャメロット」の故アルフレッド・ニューマン、衣装を「イヴの総て」でオスカーを得たイーディス・ヘッドがそれぞれ担当。出演は「泳ぐひと」のバート・ランカスター、「5枚のカード」ディーン・マーティン、「ペンチャー・ワゴン」のジーン・セバーグ、「経験(1969)」のジャクリーン・ビセット、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディ、「追想」のヘレン・ヘイズ、「駅馬車(1965)」のヴァン・ヘフリン、「経験(1969)」のバーバラ・ヘイル、「白昼の死刑台」のダナ・ウィンター、それに舞台の名優バリー・ネルソン、モーリン・スティプルトンなど。テクニカラー、トッド・AO・70ミリ。1970年作品。

監督
ジョージ・シートン
出演キャスト
バート・ランカスター ディーン・マーティン ジーン・セバーグ ジャクリーン・ビセット
1968年

インディアン狩り

  • 1968年4月20日公開
  • 出演(Frank 役)

ウィリアム・ノートンの原作小説を彼自身が脚色、「いのちの紐」のシドニー・ポラックが監督したアクションもの。撮影はデューク・キャラハン、音楽はエルマー・バーンスタインが担当している。出演は「プロフェッショナル」のバート・ランカスター、「アルフィー」のシェリー・ウィンタース、「バルジ大作戦」のテリー・サヴァラス、「枢機卿」の黒人俳優オシー・デイヴィス、ほかにダン・バディスなど。製作は「栄光の野郎ども」のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンの3人。

監督
シドニー・ポラック
出演キャスト
バート・ランカスター シェリー・ウィンタース テリー・サヴァラス オジー・デイヴィス
1962年

無法街の決斗

  • 1962年2月13日公開
  • 出演(Castro 役)

ゴールド・ラッシュ時代のテキサス、カンザス平原を舞台にした西部劇。「サンチャゴ」のジョン・ツウィストの脚本を「コルト・45」のエドウィン・L・マリンが監督した。撮影は「愛欲と戦場」のシド・ヒコックス、音楽はオリヴァー・ガリソンである。出演者はランドルフ・スコット、デイヴィット・ブライアン、フィリス・サクスターなど。製作アンソニー・ヴェイラー。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
ランドルフ・スコット デイヴィッド・ブライアン フィリス・サクスター レイ・ティール
1959年

太平洋機動作戦

  • 1959年10月29日公開
  • 出演(Jonesy 役)

第2次大戦に活躍したアメリカ潜水艦を描く戦争映画。脚本を監督ジョージ・ワグナーが書き下ろした。撮影はバート・グレノン、音楽はベテランのマックス・スタイナー。出演は「騎兵隊」のジョン・ウェイン、「群集の中の一つの顔」のパトリシア・ニール、「リオ・ブラボー」のワード・ボンド、他にフィリップ・ケイリー、ポール・ピサーニ、ウィリアム・キャンベル、キャスリン・ギヴニー、マーティン・ミルナー、クリフ・クラーク、ジャック・ペニック。製作ルイス・エデルマン。

監督
ジョージ・ワグナー
出演キャスト
ジョン・ウェイン パトリシア・ニール ワード・ボンド フィリップ・ケイリー

戦場の誓い

  • 1959年7月28日公開
  • 出演(Sheridan 役)

「サンセット大通り」のコンビ、ウィリアム・ホールデンとナンシー・オルソンを主演に、「追憶(1957)」のマイケル・カーティズが監督した戦争映画。リチャード・トレガスキスの原作をオリン・ヤニングスが脚色し、撮影は「縛り首の木」のテッド・マッコード。音楽マックス・スタイナー。他に出演するのはフランク・ラヴジョイ、ジーン・エヴァンスら。製作アンソニー・ヴェイラー。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ウィリアム・ホールデン ナンシー・オルソン フランク・ラヴジョイ ジーン・エヴァンス

肉弾戦車隊

  • 1959年5月5日公開
  • 出演(Danny 役)

第二時大戦中にジーグフリード線突破に活躍した、アメリカ第90戦車隊の戦闘を描く、戦争映画。男性キャストをそろえて当時の戦車による戦いが再現されている。監督は「総攻撃」のルイス・サイラー。サミュエル・フラーの書いたストーリーを、ロバート・ハーディ・アンドリュースが脚色し、撮影はエドウィン・B・デュパーが担当している。音楽ウィリアム・ラヴァ。出演するのは「さすらい」のスティーヴ・コクラン、「遠い太鼓」のマリ・アルドン、ロバート・ホートン、フィリップ・ケイリー、ユージン・バクスター、ジェームズ・ドブスン、ジョージ・オハンロン、ロバート・ブーン、ポール・ピサーニ、ジョン・マクガイア等。製作ブライアン・フォイ。黒白・スタンダードサイズ。1955年作品。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
スティーヴ・コクラン フィリップ・ケイリー マリ・アルドン ポール・ピサーニ
1958年

熱砂の女盗賊

  • 1958年4月23日公開
  • 出演(Nur-EI-Din 役)

英国作家ジエームス・J・モリアの19世紀に出版された小説をもとに、「第十一号監房の暴動」のリチャード・コリンズが脚色、ドン・ウェイスが監督した、古代ペルシャに部隊をおいた異国趣味アクション・ドラマ。撮影は「白人部隊撃滅」のハロルド・リップステイン。音楽は「夜の道」のディミトリ・ティオムキン、主題曲『ハジ・ババ』も同時に作曲し、ナット・キング・コールがタイトル・バックで歌っている。主演は「十戒(1957)」のジョン・デレクに、エレイン・スチュワート、「上流社会」のアマンダ・ブレイク。それにポール・ピサーニ、ローズメリー・ボー、トーマス・ゴメス等が助演している。製作はウエルター・ウエンジャー。

監督
ドン・ウェイス
出演キャスト
ジョン・デレク エレーン・スチュアート トーマス・ゴメス アマンダ・ブレイク

殺人容疑

  • 1958年2月27日公開
  • 出演

殺人容疑で告発された退役軍人の無罪を立証しようとする探偵の活躍を描くサスペンス。短縮版。オリジナルは63分。製作はヴィンセント・M・フェネリー、脚本・監督はダニエル・B・ウルマン、撮影はエルスワース・フレデリックス、音楽はマーリン・スキルスが担当。出演はビル・エリオット、キース・ラーセン、ヘレン・スタンリー、ポール・ピサーニなど。

監督
ダニエル・B・ウルマン
出演キャスト
ビル・エリオット キース・ラーセン ヘレン・スタンリー ポール・ピサーニ
1957年

総攻撃

  • 1957年5月1日公開
  • 出演(Pvt.Ed._Rojeck 役)

ノルマンディー上陸作戦に従軍した米軍中隊を描く戦記もの。ジョセフ・I・ブリーン・ジュニアの原作をバーナード・ジラードと「全艦発進せよ!」のテッド・シャーデマンが共同脚色、「語らざる男」のリュイス・シーラーが監督した。撮影は「西部の王者 ローン・レンジャー」のエドウィン・B・デュパー、音楽はウィリアム・ラヴァ。主演は「百万弗の人魚」のデイヴィッド・ブライアン、「タランチュラの襲撃」のジョン・エイガー、「死刑か裏切か」のフランク・ラヴジョイ、紅一点として「美しき被告」のスーザン・ダルバート。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
デイヴィッド・ブライアン ジョン・エイガー フランク・ラヴジョイ スーザン・ダルバート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ポール・ピサーニ