映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイド・バーレル

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1955年 まで合計2映画作品)

1955年

白人酋長

  • 1955年8月13日(土)公開
  • 出演(Inifels 役)

「ヴェラクルス」のバート・ランカスターが主演し、ハロルド・ヘクトが製作した1953年作色彩海洋活劇で、ローレンス・クリングマンとジェラルド・グリーン合作の小説から「星のない男」のボーデン・チェイスと「ヴェラクルス」(製作)のジェームズ・ヒルが共同で脚色、「宇宙征服」のバイロン・ハスキンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「汽車を見送る男」のオットー・ヘラー、音楽は「荒野の貴婦人」のディミトリ・ティオムキンである。ランカスター以下、「ロビン・フッド(1952)」のジョーン・ライス、「旅情」のアンドレ・モレル、「巨象の道」のエイブラハム・ソフィア、アーチー・サヴェッジ、ベンソン・フォンらが出演。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
バート・ランカスター ジョーン・ライス アンドレ・モレル エイブラハム・ソフィア
1954年

海賊島(1954)

  • 1954年当年公開
  • 出演(Mendoza 役)

英の文豪ロバート・ルイス・スティーヴンスンの『宝島』から人物を借用し、新たに書き卸された『宝島』後日談。「遠い太鼓」のマーティン・ラッキンのオリジナル・シナリオから「白人酋長」のバイロン・ハスキンが監督した。撮影は「ジョニー・ダーク」のカール・ガスリー、音楽は「夜の人々」のデイヴィッド・バトルフ。撮影はオーストラリア南海岸のロケーションを加えてシドニーのペイジウッド撮影所で行なわれた。主な出演者は「島のならず者」のロバート・ニュートン、「魔術の恋」のコニー・ギルクライスト、「白人酋長」のロイド・バーレルとグラント・テイラーの他、主人公ジム・ホーキンス少年にテイラーの息子で十三歳のキット・テイラーなど。オーストラリアの演劇人が多数助演している。「これがシネラマだ」のジョゼフ・カウフマン製作。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ロバート・ニュートン コニー・ギルクライスト キット・テイラー ロイド・バーレル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイド・バーレル