映画-Movie Walker > 人物を探す > エドゥアルド・ノリエガ

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2020年 まで合計16映画作品)

2014年

美女と野獣(2014)

  • 2014年11月1日(土)公開
  • 出演(ペルデュカス 役)

ディズニーによるアニメ映画などで知られる、フランス民話を基にしたファンタジー。父の代わりに野獣の城に囚われた美しい娘が、野獣に隠された秘密に迫っていく姿を描く。『ブラック・スワン』のヴァンサン・カッセルが野獣に、『アデル、ブルーは熱い色』のレア・セドゥが娘役に扮するなど、フランス映画界の実力派の共演が見どころ。

監督
クリストフ・ガンズ
出演キャスト
レア・セドゥ ヴァンサン・カッセル アンドレ・デュソリエ エドゥアルド・ノリエガ
2013年

ラストスタンド

  • 2013年4月27日(土)公開
  • 出演(ガブリエル・コルテス 役)

7年間のカリフォルニア州知事を任期満了で退任したアーノルド・シュワルツェネッガーが、『ターミネーター3』以来10年ぶりに主演を務めたアクション作。完全武装の凶悪犯一味に、シュワルツェネッガー扮する田舎町の保安官が挑む。強靭な肉体を駆使してのアクションはもちろん、激しいカーチェイスシーンも披露している。

監督
キム・ジウン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー フォレスト・ウィッテカー ジョニー・ノックスヴィル ロドリゴ・サントロ
2008年

アラトリステ

  • 2008年12月13日(土)公開
  • 出演(グアダルメディーナ 役)

スペインの国民的な冒険歴史小説を映画化したスペクタクル・ドラマ。人気俳優ビゴ・モーテンセンが勇敢で義理堅いヒーローに扮し、アクションやロマンスを体現する。

監督
アグスティン・ディアス・ヤネス
出演キャスト
ヴィゴ・モーテンセン ウナクス・ウガルデ アリアドナ・ヒル エンリコ・ロー・ヴェルソ
2004年

デビルズ・バックボーン

  • 2004年8月28日(土)公開
  • 出演(Jacinto 役)

荒野にひっそりと建つ不気味な孤児院を舞台にしたホラー。水死した少年の怨霊を巡る恐怖劇が、ダークな映像美と意外性に富んだストーリー展開で描かれていく。

監督
ギレルモ・デル・トロ
出演キャスト
マリサ・パレデス エドゥアルド・ノリエガ フェデリコ・ルッピ イレネ・ビセド
2003年

NOVO ノボ

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 出演(Graham 役)

「TOKYO EYES」の気鋭ジャン=ピエール・リモザン監督が、仏とスペインの新進美形俳優の共演でつづるラブ・ストーリー。わずか5分で記憶をなくしてしまう青年に心奪われた女性の喜びと不安を描く。

監督
ジャン・ピエール・リモザン
出演キャスト
アナ・ムグラリス エドゥアルド・ノリエガ ナタリー・リシャール エリック・カラヴァカ
2001年

パズル(1999)

  • 2001年6月30日(土)公開
  • 出演(Simon Cardenas 役)

見知らぬ相手との死闘を描く巻き込まれ型のサスペンス。若手の台頭が著しいスペイン映画界から、注目の監督&主演コンビが放つスタイリッシュかつダークな異色作だ。

監督
マテオ・ヒル
出演キャスト
エドゥアルド・ノリエガ ジョルディ・モリャ ナタリア・ベルベケ パス・ヴェガ
1998年

オープン・ユア・アイズ

  • 1998年7月18日(土)公開
  • 出演(Cesar 役)

顔を損傷したハンサム青年の、夢とも現実ともつかない世界を描いたスリラー。監督・脚本・音楽は「テシス・次に私が殺される」のアレハンドロ・アメナーバル。脚本は監督とマテオ・ヒールが担当。製作は「テシス・次に私が殺される」のホセ・ルス・クエルダ。製作総指揮はフェルナンド・ボヴァイラ、ホセ・ルイス・クエルダ。撮影は「テシス・次に私が殺される」のハンス・バーマン。音楽は監督とマリアノ・マリンが担当。出演は「テシス・次に私が殺される」のエドゥアルド・ノリエガ、「イフ・オンリー」のペネロペ・クルス、「テシス」のフェレ・マルティネス、舞台で活躍するチェテ・レーラほか。98年東京国際映画祭グランプリ受賞。

監督
アレハンドロ・アメナーバル
出演キャスト
エドゥアルド・ノリエガ ペネロペ・クルス チェテ・レーラ フェレ・マルティネス
1997年

テシス 次に私が殺される

  • 1997年7月19日(土)公開
  • 出演(Bosco 役)

実録殺人ビデオ製作に絡む事件に巻き込まれた女子学生の恐怖を描いたサスペンス。監督・脚本は若冠23歳で現役大学生でもある新人のアレハンドロ・アメナバールで、本作がデビュー作。製作は「森は生きている」など監督として知られるホセ・ルイス・クエルダで、アメナバールはじめ若手のスタッフを結集。製作総指揮はエミリアーノ・オテギ・ピエドラ、撮影はハンス・バーマン、音楽はマリアーノ・マリン、美術はヴォルフガング・バーマン、編集はマリア・エレーナ・セインツ・デ・ロサス、録音はゴールドステイン&ステインベルグ。主演は「ミツバチのささやき」の子役で知られる「血と砂」のアナ・トレントで、31歳を迎えた彼女の熱演が見もの。

出演キャスト
アナ・トレント フェレ・マルティネス エドゥアルド・ノリエガ ロザ・キャンピロ
1982年

ゾロ

  • 1982年10月2日(土)公開
  • 出演(Dolores 役)

19世紀中頃のカリフォルニアを舞台に、双子の剣士が活躍するというコメディ・アドベンチャー。製作はジョージ・ハミルトンとC・O・エリクソン、製作総指揮はメルビン・サイモン、監督は「チェンジリング」のピーター・メダック。ジョンストン・マッカレーの『快傑ゾロ』に基づいてハル・ドレスナー、グレッグ・アルト、ドン・モリアーティ、ボブ・ランダルがストーリーを考え、ドレスナーが脚本を執筆。撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はイアン・フレーザーが手掛けている。出演はジョージ・ハミルトン(2役)、ローレン・ハットン・ブレンダ・ヴァッカロ、ロン・リーブマンなど。日本版字幕は宍戸正、オカマ言葉監修は赤塚不二夫&トンちゃん。デラックスカラー(日本版はフジカラー)、ビスタサイズ。1981年作品。

監督
ピーター・メダック
出演キャスト
ジョージ・ハミルトン ローレン・ハットン ブレンダ・ヴァッカロ ロン・リーブマン

関連ニュース

A・シュワルツェネッガー10年ぶり主演作『THE LAST STAND』の邦題&日本公開日決定!
A・シュワルツェネッガー10年ぶり主演作『THE LAST STAND』の邦題&日本公開日決定!(2012年10月19日)

アーノルド・シュワルツェネッガーが『ターミネーター3』(03)以来、10年ぶりに主演を務める『THE LAST STAND』(全米2013年1月18日公開予定)…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エドゥアルド・ノリエガ