映画-Movie Walker > 人物を探す > ダナ・デラニー

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2013年 まで合計7映画作品)

2013年

フリーランサー NY捜査線

  • 2013年1月12日(土)公開
  • 出演

腐敗しきった警察組織に反旗を翻し、巨悪に立ち向かう若き警官の姿を描くクライム・アクション。主人公を演じるのは、ラッパーで、『ロシアン・ルーレット』など俳優業もこなす、カーティス“50セント”ジャクソン。名優ロバート・デ・ニーロやフォレスト・ウィテカーが悪に染まったベテラン刑事を凄みたっぷりに演じている。

監督
ジェシー・テレロ
出演キャスト
カーティス・“50 Cent”・ジャクソン ロバート・デ・ニーロ フォレスト・ウィテカー マルコム・グッドウィン
1999年

デッドマンズ・カーブ

  • 1999年4月24日(土)公開
  • 出演(Dr. Ashley 役)

学生が自殺するとそのルームメイト全員がオールAをもらえるという米国の大学で実際に採用されている極秘の制度を利用して、偽装殺人を計画した男女学生の騒動を描いたブラック・コメディ。監督は『最後の晩餐』(V)の脚本家で、本作が監督デビューとなるダン・ローゼン。「エマニエル夫人」などのヴェテラン製作者のアレン・シリツキーが製作総指揮(ピエール・カルフォンと共同)をつとめた。製作はマイケル・アマート。撮影は『ネイキッド・イン・ニューヨーク』(V)のジョーイ・フォーサイト。音楽はシャークで、音楽監修はパジャマ・パーティ・プロが担当。美術はロバート・ハーバー。編集はグレン・ガーランド。衣裳はシャナ・ゴールド。出演は「マッド・ラブ」のマシュー・ラリード、「ハッピィブルー」のマイケル・ヴァルタン、「ミクロ・キッズ3」のケリー・ラッセル、「グース」のダナ・ディレイニーほか。

監督
ダン・ローゼン
出演キャスト
マシュー・リラード ミシェル・ヴァルタン ランダル・バティンコフ Keri Russell
1996年

グース

  • 1996年12月14日(土)公開
  • 出演(Susan Barnes 役)

実話に基づき、16羽の可愛いグース(カナダ)たちを連れて500 マイルの“渡り”に出た父娘の冒険の旅を描いたハートウォーミングな物語。カナダの彫刻家ビル・リッシュマンの同名の著書(邦訳・新潮社)を、「少年の黒い馬」「ネバー・クライ・ウルフ」と動物と人間の交流を描く手腕に定評のあるキャロル・バラードの監督で映画化。脚本はロバート・ロダットとヴィンス・マッキューイン、製作は「フランケンシュタイン」(94)のジョン・ヴィーチと「星に想いを」のキャロル・ボーム、エグゼクティヴ・プロデューサーも「星に想いを」のサンディ・ガリン。撮影は、監督とは「少年の黒い馬」以来のコンビとなる「ライトスタッフ」「チャンス」のカレブ・デシャネル、音楽は「ホーム・フォー・ザ・ホリデイ」のマーク・アイシャム、美術は「反撥」のシューマス・フラネリー、編集は「ドラキュラ」(93)のニコラス・C・スミス、衣裳は「13日の金曜日」シリーズのマリー・シルヴィー・デヴューが担当。主演は「ピアノ・レッスン」で弱冠11歳にしてアカデミー助演女優賞を受賞したアンナ・パキン、「スピード」のジェフ・ダニエルズ。共演は「トゥームストーン」のダナ・デラニーほか。

監督
キャロル・バラード
出演キャスト
ジェフ・ダニエルズ アンナ・パキン ダナ・デラニー テリー・キニー
1994年

トゥームストーン

  • 1994年5月28日(土)公開
  • 出演(Josephine 役)

実在した西部開拓期の英雄、ワイアット・アープと親友ドク・ホリデイの戦いと友情を描いたウエスタン大作。「荒野の決闘」「OK牧場の決斗」など過去に幾度も映画化された題材を、今回は従来の解釈と異なり、わずか約2分間のOKコラルでの決闘描写をはじめ史実を重視して描いている。監督は「ランボー 怒りの脱出」「リバイアサン」のジョージ・P・コスマトス。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・スタンド」のアンドリュー・G・ヴァイナで、彼の主宰するシナージ・プロ作品。脚本は「グローリー」のケヴィン・ジャール。撮影は「1941」ほかの諸作で知られる名手、ウィリアム・A・フレイカー、音楽は「バラ色の選択」のブルース・ブロートン。出演は「不法侵入」のカート・ラッセル、「ブロンディー 女銀行強盗」のヴァル・キルマーら新旧オールスターのほか、アープの子孫であるワイアット・アープ2世も出演している。

監督
ジョージ・P・コスマトス
出演キャスト
カート・ラッセル ヴァル・キルマー サム・エリオット ビル・パクストン

ライト・スリーパー

  • 1994年3月11日(金)公開
  • 出演(Marianne 役)

「タクシー・ドライバー」の脚本家のポール・シュレイダーが、ニューヨークに生きる孤独な男の物語を、同作の主人公トラヴィスの後日譚を思わせるような設定で描くシリアスな人間ドラマ。監督・脚本はシュレイダー、製作はリンダ・レイズマン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「クリフハンガー」のマリオ・カサール、撮影はエド・ラックマン、音楽はマイケル・ビーンが担当。衣装の製作をジョルジョ・アルマーニが手掛けている。主人公の麻薬のバイヤーには「プラトーン」「最後の誘惑」のウィレム・デフォー。共演には近年演技が高く評価されている「テルマ&ルイーズ」「依頼人」のスーザン・サランドン、「トゥームストーン」のダナ・デラニー、シュレイダー監督の夫人でもあるメリー・ベス・ハートなど一流の女優陣がそろっている。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ウィレム・デフォー スーザン・サランドン ダナ・デラニー デイヴィッド・クレノン
1992年

ハウスシッター 結婚願望

  • 1992年9月12日(土)公開
  • 出演(Becky 役)

家主の妻と嘘をついて勝手に空家に住み込んだ女と、家主の男が巻き起こす恋の騒動を描いたコメディ。監督は「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」のフランク・オズ、製作は「遥かなる大地へ」のブライアン・グレイザー、エグゼティヴ・プロデューサーは「ウイズダム 夢のかけら」のバーニー・ウィリアムズ、原案はマーク・ステインとブライアン・グレイザー、脚本はマーク・ステイン、撮影は「マグノリアの花たち」のジョン・A・アロンゾ、音楽はマイルス・グッドマンが担当。

監督
フランク・オズ
出演キャスト
スティーヴ・マーティン ゴールディ・ホーン ダナ・デラニー ジュリー・ハリス
1988年

マスカレード 甘い罠

  • 1988年5月21日(土)公開
  • 出演(Anne_Briscoe 役)

つきぬ野望を果たすために、愛さえも犠牲にして生きる非情な若者の姿を描く。監督はボブ・スウェイム、製作はマイケル・レヴィ、脚本はディック・ウルフ、撮影はデイヴィッド・ワトキン、音楽はジョン・バリー。出演はロブ・ロウ、メグ・ティリー、キム・キャトラルほか。

監督
ボブ・スウェム
出演キャスト
ロブ・ロウ メグ・ティリー キム・キャトラル ダグ・サヴァント

関連ニュース

マイケル・J・フォックスやトム・セレックなど豪華ゲスト出演「ボストン・リーガル」DVDが6月3日発売
マイケル・J・フォックスやトム・セレックなど豪華ゲスト出演「ボストン・リーガル」DVDが6月3日発売(2011年5月15日)

法廷ドラマを得意とし、「アリー my ラブ」のクリエーターでもあるデイビッド・E・ケリーが贈る法廷エンターテインメント海外ドラマ「ボストン・リーガル お騒がせグ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダナ・デラニー