映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァンサン・ランドン

年代別 映画作品( 1988年 ~ 2017年 まで合計13映画作品)

2017年

ロダン カミーユと永遠のアトリエ

  • 2017年11月11日(土)公開
  • 出演(Auguste Rodin 役)

『ポネット』の名匠ジャック・ドワイヨンが、“近代彫刻の父”と呼ばれる芸術家オーギュスト・ロダンの半生を描く人間ドラマ。内縁の妻ローズと弟子で愛人でもあった女流彫刻家カミーユ・クローデルとの間で揺れ動くロダンの愛と苦悩に満ちた日々や、数々の名作誕生の裏側がつづられる。ロダンを演じるのは演技派ヴァンサン・ランドン。

監督
ジャック・ドワイヨン
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン イジア・イジュラン セヴリーヌ・カネル ベルナール・ヴェルレー
2016年

ティエリー・トグルドーの憂鬱

  • 2016年8月27日(土)公開
  • 出演(ティエリー・トグルドー 役)

ヴァンサン・ランドンが社会の厳しさの中で板挟みになる中年男を演じ、第68回カンヌ国際映画祭主演男優賞を獲得した人間ドラマ。失業したティエリーは苦労の末にスーパーの警備員として再就職。不正を告発した従業員が自殺し、会社の厳しい姿勢に疑問を抱く。ステファヌ・ブリゼ監督とヴァンサン・ランドンが「母の身終い」以来のタッグを組んでおり、ブリゼ監督もキリスト教徒の審査員が選ぶ同映画祭エキュメニカル審査員賞を受賞した。

監督
ステファヌ・ブリゼ
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン イヴ・オリィ カリーヌ・デ・ミルベック マチュー・シャレール
2013年

シャンボンの背中

  • 2013年10月4日(金)公開
  • 出演(ジャン 役)

左官の男性と息子の担任教師の恋を描く大人の恋愛ドラマ。監督は、「愛されるために、ここにいる」のステファヌ・ブリゼ。出演は、「君を想って海をゆく」のバンサン・ランドン、「屋根裏部屋のマリアたち」のサンドリーヌ・キベルラン。2010年セザール賞脚色賞、イスタンブール国際映画祭審査員特別賞ほか受賞。

監督
ステファヌ・ブリゼ
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン サンドリーヌ・キベルラン オーレ・アッティカ アッチュオ・ル・ウールー
2007年

チャーリーとパパの飛行機

  • 2007年9月1日(土)公開
  • 出演(ピエル 役)

「ロベルト・スッコ」の鬼才セドリック・カーン監督の最新作はコミックにヒントを得た愛と感動のファンタジー。子役のロメオ・ボツァリスのかわいらしい表情が涙を誘う。

監督
セドリック・カーン
出演キャスト
イザベル・カレー ヴァンサン・ランドン ロメオ・ブツァリス ニコラ・ブアンソ
2003年

女はみんな生きている

  • 2003年11月15日(土)公開
  • 出演(Paul 役)

「赤ちゃんに乾杯!」の女流監督コリーヌ・セローの仏で大ヒットロングランを記録した最新作。平凡な主婦と娼婦が奇妙な友情を育み自立していく姿を描く、楽しい逆転人生ロマン。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
カトリーヌ・フロ ラシダ・ブラクニ ヴァンサン・ランドン リン・ルノー
1998年

パパラッチ(1998)

  • 1998年12月19日(土)公開
  • 脚本、出演(Michel Verdier 役)

特ダネを追って日夜走り回るパパラッチ(盗撮キャメラマン)の姿を描いた娯楽作。監督は「カンヌ映画祭殺人事件」のアラン・ベルベリアン。脚本はダニエル・トンプソン、ベルベリアン、ジャン=フランソワ・アラン、セモン・ミシェル、ヴァンサン・ランドン、パトリック・ティムシット。撮影はヴィンセンツォ・マラーノ。音楽はフランク・ルーセル。出演は「女優マルキーズ」のパトリック・ティムシット、「憎しみ」のヴァンサン・ランドン、「ザ・マシーン 私の中の殺人者」のナタリー・バイほか。

監督
アラン・バーバリアン
出演キャスト
パトリック・ティムシット ヴァンサン・ランドン ナタリー・バイ カトリーヌ・フロ
1996年

ガスパール 君と過ごした季節

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 出演(Robinson 役)

童心を忘れない愉快な中年男二人組をめぐるハートフル・コメディ。監督は『モンド』(95、東京国際映画祭女性映画週間で上映)などのトニー・ガトリブ。音楽は「シェルブールの雨傘」などの巨匠ミシェル・ルグラン、録音は「ヌーヴェルヴァーグ」などの名手フランソワ・ミュジーがそれぞれ担当。出演は「おっぱいとお月さま」などのジェラール・ダルモン、「ベティー・ブルー」などのヴァンサン・ランドン、「赤い風車」「殺意の夏」などのベテラン老女優シュザンヌ・フロン、「パリのランデブー」のベネディクト・ルドワイヤンほか。

監督
トニー・ガトリフ
出演キャスト
ジェラール・ダーモン ヴァンサン・ランドン シュザンヌ・フロン ベネディクト・ロワイヤン
1993年

女と男の危機

  • 1993年12月11日(土)公開
  • 出演(Victor 役)

日常の中のさまざまな“危機”にほんろうされる現代人の姿を、ユーモアとエスプリ豊かに描いたコメディ。監督・脚本は「ロミュアルドとジュリエット」の女流監督コリーヌ・セロー。製作は「田舎の日曜日」のアラン・サルド。撮影はロベール・アラズラキ。オリジナル・スコアはソニア・ヴィーダー・アテルトンで、彼を含む三人の奏者が演奏するベートーヴェンの「ピアノ三重奏曲第三番・ハ短調」を使用。主演は「ベティ・ブルー 愛と激情の日々」のヴァンサン・ランドン。共演はフランスの人気コメディアン、パトリック・ティムシット、「ラ・ブーム2」のザブー、「わんぱく戦争」などで知られる映画監督のイヴ・ロベールら。

監督
コリーヌ・セロー
出演キャスト
ヴァンサン・ランドン パトリック・ティムシット ザブー マリア・パコーム

セ・ラ・ヴィ(1990)

  • 1993年8月28日(土)公開
  • 出演(Jean_Claude 役)

一九五八年の夏のリヨンを舞台に、ある一家の最後のヴァカンスを描く人間ドラマ。監督・脚本は「愛のあとに」のディアーヌ・キュリス。エグゼクティヴ・プロデューサーはロベール・ベンムッサ。共同脚本はアラン・ル・アンリ。撮影は「ジョニーの事情」のジュゼッペ・ランチ。音楽は「ピストルと少年」のフィリップ・サルドが担当。出演は「夏に抱かれて」のナタリー・バイ、「男と女II」のリシャール・ベリ、「ラ・ブーム2」のザブー、「サブウェイ」のジャン・ピエール・バクリ、「僕と一緒に幾日か」のヴァンサン・ランドンなど。

監督
ディアーヌ・キュリス
出演キャスト
ナタリー・バイ リシャール・ベリ ザブー ジャン・ピエール・バクリ
1989年

僕と一緒に幾日か

  • 1989年11月3日(金)公開
  • 出演(Fernand 役)

ある男女の愛の行方をめぐる人々の心模様を描く。ジャン・フランソワ・ジョスランの同名小説の映画化で、エグゼキュティヴ・プロデューサーはジェラール・ゴルティエ、製作はマルク・ヴァドゥとエリック・ユベール、監督・脚本は「ギャルソン」のクロード・ソーテ、共同脚本はジェーローム・トネールとジャック・フィスキ、撮影はジャン・フランソワ・ロバン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はダニエル・オートゥイユ、サンドリーヌ・ボネールほか。

監督
クロード・ソーテ
出演キャスト
ダニエル・オートゥイユ サンドリーヌ・ボネール ジャン・ピエール・マリエル ドミニク・ラヴァナン

関連ニュース

心臓に悪いけど斬新!平凡な男が牢獄の妻を救うサスペンスって?
心臓に悪いけど斬新!平凡な男が牢獄の妻を救うサスペンスって?(2010年2月20日)

平凡で幸せな日々を送っていた国語教師ジュリアン一家だったが、ある日、美しい妻が無実の罪で投獄されてしまった。そこでジュリアンがとった、とんでもない行動とは!? …

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ヴァンサン・ランドン