TOP > 人物を探す > エドワード・ラックマン

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2018年 まで合計15映画作品)

2018年

ワンダーストラック

  • 2018年4月6日(金)
  • 撮影

『ヒューゴの不思議な発明』のブライアン・セルズニックによるベストセラー小説を、俊英トッド・ヘインズ監督が映画化した青春ストーリー。見知らぬ父を捜す12歳の少年と、憧れの女優の舞台を見ようとする少女。1冊の本を手がかりに、1977年と1927年という2つの時代に生きた男女2人の運命が交錯していくさまが描かれる。

監督
トッド・ヘインズ
出演キャスト
オークス・フェグリー ジュリアン・ムーア ミシェル・ウィリアムズ ミリセント・シモンズ
2017年

トッド・ソロンズの子犬物語

  • 2017年1月14日(土)
  • 撮影監督

アメリカン・インディペンデント界の鬼才トッド・ソロンズ監督によるヒューマン・コメディ。アメリカ中を彷徨う1匹のダックスフントが出会う崖っぷちの映画学校講師兼脚本家や偏屈な老女など、悲惨ながらもおかしみのある人生を送る飼い主たちの姿を映し出す。出演は「バットマン リターンズ」のダニー・デヴィート、「アリスの恋」のエレン・バースティン、「ビフォア・ミッドナイト」のジュリー・デルピー、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ、「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」のキーラン・カルキン。

監督
トッド・ソロンズ
出演キャスト
ダニー・デヴィート エレン・バースティン ジュリー・デルピー グレタ・ガーウィグ
2016年

キャロル

  • 2016年2月11日(木)
  • 撮影

パトリシア・ハイスミスのベストセラー小説を『エデンより彼方に』のトッド・ヘインズ監督が、ケイト・ブランシェットを主演に迎えて映画化したせつない恋愛ドラマ。離婚訴訟中の人妻キャロルと、彼女に心を奪われた女性テレーズとの恋が描かれる。テレーズ役のルーニー・マーラは第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。

監督
トッド・ヘインズ
出演キャスト
ケイト・ブランシェット ルーニー・マーラ サラ・ポールソン カイル・チャンドラー
2014年

ダーク・ブラッド

  • 2014年4月26日(土)
  • 撮影

「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックスの遺作。彼の死で未完となっていたが、「マイセン幻影」のジョルジュ・シュルイツァー監督が自らの手で完成させた。共演は、「マリー・アントワネット」のジュディ・デイヴィス、「エビータ」のジョナサン・プライス。2013年ベルリン国際映画祭ほかで公式上映。

監督
ジョルジュ・シュルイツァー
出演キャスト
リヴァー・フェニックス ジュディ・デイヴィス ジョナサン・プライス カレン・ブラック

インポート、エクスポート

  • 2014年3月1日(土)
  • 撮影

「ドッグ・デイズ」で第58回ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞を受賞したオーストリアのウルリヒ・ザイドル監督による長編映画。ウクライナとオーストリアを舞台に、仕事を求めて新天地に渡った男女が、自分の存在意義や新しい人生を得ようとする姿を描く。2007年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品。

監督
ウルリッヒ・ザイドル
出演キャスト
エカテリーナ・ラック ポール・ホフマン ミカエル・トーマス マリア・ホーフステッター
2008年

アイム・ノット・ゼア

  • 2008年4月26日(土)
  • 撮影監督

60歳を超え、いまだ現役で活躍する伝説的ミュージシャン、ボブ・ディランの人生をテーマにした音楽ドラマ。6人の俳優がディランの多彩なイメージを演じ分ける実験的な異色作。

監督
トッド・ヘインズ
出演キャスト
クリスチャン・ベール ケイト・ブランシェット マーカス・カール・フランクリン リチャード・ギア
2003年

シモーヌ

  • 2003年9月13日(土)
  • 撮影

アル・パチーノ主演のユニークな人間ドラマ。落ち目の映画監督が、再起をかけて作り出した完全無欠のバーチャル女優に振り回される姿をユーモラスに描いた悲喜劇だ。

監督
アンドリュー・ニコル
出演キャスト
アル・パチーノ レイチェル・ロバーツ キャサリン・キーナー ウィノナ・ライダー

エデンより彼方に

  • 2003年7月12日(土)
  • 撮影

「ベルベット・ゴールドマイン」のトッド・ヘインズ監督が放つ感動のメロドラマ。50年代の米国の田舎町を舞台に、白人女性と黒人男性との波乱に彩られた心の交流を紡ぎ出す。

監督
トッド・ヘインズ
出演キャスト
ジュリアン・ムーア デニス・クエイド デニス・ヘイスバート パトリシア・クラークソン
2001年

スウィート・ノベンバー

  • 2001年10月27日(土)
  • 撮影

キアヌ・リーブスとシャーリズ・セロンの美男美女スターの共演によるラブ・ストーリー。仕事一筋の男と自由奔放な女の偶然から始まった恋物語が、ユーモアと共に哀切さを伝える。

監督
パット・オコナー
出演キャスト
キアヌ・リーヴス シャーリーズ・セロン ジェイソン・アイザックス グレッグ・ジャーマン
1998年

Touch タッチ(1996)

  • 1998年3月28日(土)
  • 撮影

ひとりの奇蹟を起こす青年を巡って、詐欺師、狂言師、ゴシップを好むマスコミらが騒動を巻き起こすブラック・コメディ。「ジャッキー・ブラウン」のエルモア・レナードの同名小説の映画化で、監督・脚本は「ライトスリーパー」のポール・シュレーダーがあたった。製作は「リービング・ラスベガス」のリラ・カゼス。撮影は「ミ・ファミリア」のエドワード・ラックマン。音楽はアメリカの人気バンド、フィー・ファイターズのデイヴィット・グロール。出演は「恋愛小説家」のスキート・ウーリッチ、「グレース・オブ・マイ・ハート」のブリジット・フォンダほか。

監督
ポール・シュレイダー
出演キャスト
ブリジット・フォンダ クリストファー・ウォーケン スキート・ウーリッチ トム・アーノルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > エドワード・ラックマン