映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・アーント

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1962年 まで合計12映画作品)

1962年

渇いた太陽

  • 1962年11月9日公開
  • 出演(Mayor_Henricks 役)

テネシー・ウィリアムズの「青春の甘い鳥」を「熱いトタン屋根の猫」「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のリチャード・ブルックスが脚色・監督した作品。撮影は「キング・オブ・キングス(1961)」のミルトン・クラスナー、音楽はハロルド・ジェルマンが担当。出演者は「ハスラー」のポール・ニューマン、「夏と煙」のジェラルディン・ペイジ、「階段の上の暗闇」のシャーリー・ナイトをはじめ、エド・ベグリイ、リップ・トーン、ミルドレッド・ダンノックなど。「お茶と同情」のパンドロ・S・バーマン製作。

監督
リチャード・ブルックス
出演キャスト
ポール・ニューマン ジェラルディン・ペイジ シャーリー・ナイト エド・ベグリー
1961年

嵐の季節(1961)

  • 1961年11月11日公開
  • 出演(Mr._Parsons 役)

J・R・サラマンカの原作をクリフォードオデッツが脚色したドラマ。監督をフィリップ・ダンが担当。撮影はウィリアム・C・メラー。音楽を受け持っているのはケニョン・ホプキンス。出演しているのはエルヴィス・プレスリー、ホープ・ラング、チューズデイ・ウェルド、ミリー・パーキンスなど。製作はジェリー・ウォルド。

監督
フィリップ・ダン
出演キャスト
エルヴィス・プレスリー ホープ・ラング チューズデイ・ウェルド ミリー・パーキンス
1955年

ダニー・ケイの新兵さん

  • 1955年3月17日公開
  • 出演(Mr._Higginbothan 役)

「ホワイト・クリスマス」のダニー・ケイのデビュ作品で「ダニー・ケイの牛乳屋」のサミュエル・ゴールドウィンが1943年に製作したニュージカル喜劇である。「天国と地獄」のドン・ハートマン、「世紀の女王」のアレン・ボレツ、「王家の谷」のロバート・ピロッシュ共同の脚本から「我輩は新入生」のエリオット・ニュージェントが監督に当たり、「アロウヘッド」のレイ・レナハンが撮影、「スタア誕生(1954)」のレイ・ハインドーフが音楽をそれぞれ担当した。ダニー・ケイのほか「こぐま物語」のダイナ・ショア、「黒い絨毯」のダナ・アンドリュース、コンスタンス・ダウリング、「第八ジェット戦闘機隊」のルイス・カルハーンらが出演。

監督
エリオット・ニュージェント
出演キャスト
ダニー・ケイ ダイナ・ショア ダナ・アンドリュース コンスタンス・ダウリング
1953年

スーダンの砦

  • 1953年8月9日公開
  • 出演(Khafra 役)

「アリババと四十人の盗賊」のポール・マルヴァーン製作のテクニカラー砂漠劇。「腰抜けスパイ騒動」のエドモンド・L・ハートマンのオリジナル脚本を「虐殺の河」のジョン・ローリンスが監督。「夜の悪魔」のジョージ・ロビンスンが撮影監督、音楽はミルトン・ローゼンの担当である。「アリババと四十人の盗賊」の故マリア・モンテスとジョン・ホール及びターハン・ベイが共演し、ほか「熱砂の戦い」のアンディ・デヴァイン、ジョージ・ザッコ、ロバート・ワーウィック、ハリー・コーディングなどが助演する。1945年ユニヴァーサル発売映画。

監督
ジョン・ローリンス
出演キャスト
マリア・モンテス ジョン・ホール ターハン・ベイ アンディ・デヴァイン
1951年

花嫁売ります

  • 1951年2月8日公開
  • 出演(Dobbs 役)

製作者のジャック・H・スカーボール(「アメリカの恋人」)と脚色者ブルース・マニングが協同設立したクレスト・プロ1949年作品。「ホノルル航路」のフレデリック・コーナーがジョゼフ・フィールズと協力した原作を、マニングと「容疑者(1944)」のイスリン・オースターが脚色し、「恋文騒動」のウィリアム・D・ラッセルが監督した。撮影は「ジャン・ダーク」のジョセフ・ヴァレンタイン、作曲は「令嬢画伯」のフレデリック・ホランダー。「ひばり」のクローデット・コルベエル、「令嬢画伯」のロバート・ヤング、「歓呼の球場」のジョージ・ブレントを中心に、マクス・ベア、ガス・シリングらが共演する。

監督
ウィリアム・D・ラッセル
出演キャスト
クローデット・コルベール ロバート・ヤング ジョージ・ブレント マックス・ベア
1937年

スイング

  • 1937年公開
  • 出演(Georgie 役)

「春を手さぐる」「姫君海を渡る」と同じくキャロル・ロンバードとフレッド・マクマレイが主演する映画で、監督には「春を手さぐる」「一九三七年の大放送」のミッチェル・ライゼンが当たった。原作はジョージ・マンカー・ウォッタースとアーサー・ホプキンスが合作した戯曲で、「楽天伯爵」のヴアジニア・ヴァン・アップと「ショウ・ボート」のオスカー・ハマースタイン2世が協力脚色した。助演者は「ジャングルの女王」のドロシー・ラムーア、「愛と光」のチャールズ・バターウォース、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、「セイルムの娘」のハーヴェイ・スティーブンス等である。撮影は「春を手さぐる」「姫君海を渡る」のデッド・テヅラフが担当した。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
キャロル・ロンバード フレッド・マクマレイ チャールズ・バターウォース ジーン・ディクソン

ほろ苦き祝宴

  • 1937年公開
  • 出演(Jed_Reed 役)

「潜水艦SOS」「悪魔の影」のリチャード・ディックスと「舗道の青春」「低空爆撃」のフェイ・レイが主演する映画で、マイルス・コノリーの原作を、ハーヴェイ・ファーガスン、エセル・ヒル、サミュエル・フラー三名が協力脚色し、「人間改造」「悪魔の影」のハリー・ラックマンが監督に当たり、「失はれた地平線」「花嫁凱旋」のジョセフ・ウォーカーが撮影したものである。助演者は「意気な紐育っ子」「永遠の世界」のヴィクター・キリアン、「スイング」のフランクリン・バングボーン、「札つき女」のウィリアム・B・デイヴィッドソン、「猛獣師の子」のグランヴィル・ベイツ、チャールズ・アーント、アーサー・ロフト等の面々である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
リチャード・ディックス フェイ・レイ ヴィクター・キリアン フランクリン・パングボーン
1936年

悪魔の疾走

  • 1936年公開
  • 出演(Archie 役)

「薔薇はなぜ紅い」「モヒカン族の最後(1936)」のランドルフ・スコット、「過去から来た男」「結婚十分前」のフランセス・ドレイク、「さらば海軍兵学校」「森の勇者」のトム・ブラウンが主演する映画で、セオドア・リーヴスとマデレーン・ルーヴェンとが原作し、「薔薇色遊覧船」のジョセフ・モンキュア・マーチが脚色し、「最後の駐屯兵」「少年ドン・キホーテ」のチャールズ・バートンが監督し、「蒼空一万里」のアルフレッド・ギルクスが撮影した。助演は「丘の一本松」のファジー・ナイト、「姫君海を渡る」のポーター・ホール、「化石の森」のジョセフ・ソーヤー、オスカー・アッフェル等。

監督
チャールズ・バートン
出演キャスト
ランドルフ・スコット フランセス・ドレイク トム・ブラウン ファジー・ナイト
1935年

今宵は二人で

  • 1935年公開
  • 出演(Benny 役)

「ミシシッピ」と同じくビング・クロスビーがジョーン・ベネットを相手役として主演する映画で、マックス・リーフ、J・O・リーフ合作の舞台劇より「恋と胃袋」のジョージ・マリオン・ジュニアが「キャベツ畑のおばさん」のジェーン・ストームと協力して脚色し、「わが胸は高鳴る」「ガラスの鍵」のフランク・タトルが監督に当たり、「わが胸は高鳴る」のカール・ストラッスが撮影した。助演俳優は「人生は42から」のメエリー・ポーランド、「其夜の真心」のリン・オヴァマン、「メリケン万歳爆走の巻」の故セルマ・タッド、「生きてるモレア」のアーネスト・コサート等の面々である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ビング・クロスビー ジョーン・ベネット メアリー・ボーランド リン・オヴァーマン

社長は奥様がお好き

  • 1935年公開
  • 出演(Victor_Jessup 役)

「或る夜の出来事」「クレオパトラ(1934)」のクローデット・コルベールが主演する映画で、タイラ・サムター・ウィンスロー作の大衆小説を「歌の翼」「わたしのすべてを」のシドニー・バックマンが脚色し、「白い友情」「林檎の頬」のグレゴリー・ラ・カヴァが監督に当たり、「三日姫君」「接吻とお化粧」のレオン・シャムロイが撮影した。相手役は「ナガナ」「お気に召すまま(1932)」のメルヴィン・ダグラスと「歌の翼」のマイケル・バートレットが勤め、「その夜の真心」「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「蛍の光」「旋律の殺人」のジーン・ディクソン、「白い蘭」のキャサリン・アレクサンダー、新進の子役エディス・フェロウズ、昔スターだったクララ・キンポール・ヤング等が助演する。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
クローデット・コルベール メルヴィン・ダグラス マイケル・バートレット レイモンド・ウォルバーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・アーント