映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ブラウン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 2017年 まで合計27映画作品)

2017年

メットガラ ドレスをまとった美術館

  • 2017年4月15日(土)公開
  • 出演

NYメトロポリタン美術館で開催されるファッション界最大のイベント“メットガラ”に迫るドキュメンタリー。主催者であるVOGUE編集長アナ・ウィンターに密着、ゴージャスな一夜を生み出すまでの8か月と、セレブがレッドカーペットを彩る当日の模様を映し出す。監督は『学歴の値段 集金マシーン化した米大学の真実』のアンドリュー・ロッシ。出演は、アナ・ウィンター、キュレーターのアンドリュー・ボルトン、アーティスティック・ディレクターを担当したウォン・カーウァイ、ファッションデザイナーのジョン・ガリアーノ、ジャン=ポール・ゴルチエ、カール・ラガーフェルド、「華麗なるギャツビー」などの監督を務めたバズ・ラーマン、ポップスターのリアーナほか。

監督
アンドリュー・ロッシ
出演キャスト
アナ・ウィンター アンドリュー・ボルトン ジョン・ガリアーノ カール・ラガーフェルド
2006年

フーリガン

  • 2006年6月17日(土)公開
  • プロダクション・デザイン

サッカーの凶暴なサポーター“フーリガン”を題材にした青春映画。異国の地で暴力に魅せられていく若者を主人公に、激しい抗争と男の友情のドラマが展開する。

監督
レクシー・アレキサンダー
出演キャスト
デイヴィッド・アレキサンダー オリバー・アリソン ジェイムズ・アリソン ジョエル・バケット
2003年

真実のマレーネ・ディートリッヒ

  • 2003年11月8日(土)公開
  • 製作総指揮

ハリウッドの大女優マレーネ・ディートリッヒの生涯を検証するドキュメンタリー。数々のプライベートフィルムや関係者の証言を交えて、伝説の女優の知られざる素顔に迫る。

監督
J.デイヴィッド・ライヴァ
出演キャスト
フォルカー・キューン トーマス・ラングホフ A・C・ライルズ バック・ドーソン
1996年

プリースト判事

  • 1996年1月13日(土)公開
  • 出演(Jerome Priest 役)

19世紀末の南部ケンタッキー州を舞台にした人情喜劇。ジョン・フォード監督が名コメディアンでコラムニストとして全米で愛されたウィル・ロジャースと組んだ三部作の第2作。製作は三部作を通してフォックス社(「周遊する蒸気船」製作中にダリル・ザナックの20世紀映画と合併して20世紀フォックスとなる)のソル・ワーツェル。脚本は「駅馬車」「周遊する蒸気船」のダドリー・ニコルズと「若き日のリンカン」のラマー・トロッティ。原作はウィル・ロジャースのギャグマンで共演者でもあったアーヴィン・S・コッブ(「周遊する蒸気船」に出演)の『太陽は光輝く』『神の思し召し』『マサックからの暴徒』ほかの短編小説。撮影は「アイアン・ホース」のジョージ・シュナイダーマン。音楽はシリル・モックリッジと「周遊する蒸気船」のサミュエル・ケイリン。共演は「国民の創生」などグリフィス映画の主役スター、ヘンリー・B・ウォルソールほか。フォードのの兄フランシス・フォードが酔っ払い役で顔を見せる。なおフォードは53年に本作と同じ原作から「太陽は光輝く」を監督している。(16ミリ版で上映)

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ウィル・ロジャース ヘンリー・B・ウォルソール トム・ブラウン アニタ・ルイズ
1938年

北半球SOS

  • 1938年当年公開
  • 出演(Jim_Roberts 役)

「平児原」「たくましき男」のチャールズ・ビックフォード、「暗黒街の弾痕」「大森林」のバートン・マクレーン、「愛の弾丸」「海の巨人(1937)」のプレストン・フォスター、「殺したのは俺だ」「海の若人」のトム・ブラウン、「民衆のために」「天使の花園」のナン・グレイ、「スイングの女王」のアンディ・デヴァイン及びフランク・ジェンクス、「わが家の楽園」のサミュエル・S・ハインズ等が共演する映画で、ヒュウ・キングとダニエル・ムーアが協力して脚本を書卸し「楽天伯爵」「民衆のために」のハロルド・ヤングが監督に当り、「地獄街」「紳士ギャング」のミルトン・クラナスが撮影した。

監督
ハロルド・ヤング
出演キャスト
チャールス・ビックフォード バートン・マクレーン プレストン・フォスター トム・ブラウン

シカゴ(1938)

  • 1938年当年公開
  • 出演(Bob_O'Leary 役)

「勝鬨」「氷上乱舞」のタイロン・パワー、「天晴れ着陸」「ラモナ(1936)」のドン・アメチ、「陽気な街」「スイングの女王」のアリス・フェイを主演せしめ、「第七天国(1937)」「勝鬨」のヘンリー・キングが監督に当ったスペクタクルで、ナイヴィン・ブッシュの書卸しを「奴隷船」に協力したラマー・トロッティと「五つ児王国」のソーニャ・レヴィーンが共同脚色したものである。キャメラは「目撃者(1936)」「符号1代」のペヴァレル・マーレーの担当。助演は「オーケストラの少女」「浮気名女優」のアリス・プレディー、「スタア誕生(1937)」のアンディ・デヴァイン「バーバリー・コースト」のブライヤン・ドンレヴィー、「殺したのは俺だ」のトム・ブラウン「二つの顔(1935)」のフイリス・ブルックス、「医者の日記」のシドニー・ブラックマー等。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
タイロン・パワー アリス・フェイ ドン・アメチ アリス・ブラディ
1937年

命を賭ける男(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Chick 役)

「第二の女」「襤褸と宝石」のゲイル・パトリック、「シスコ・キッド(1935)」「特高警察」のリカルド・コルテス、「将軍暁に死す」「女罠」のエイキム・タミロフが共演する映画で、オリヴァ・H・Pギャレットの原作を「歌へ陽気に」のウォーレス・スミスと「親分はお人好し」のイヴ・グリーンが協力脚色し、「呪われた女」「少年G戦線」のエドワード・ルドウィグが監督に当たり「呪われた女」のレオン・シャムロイが撮影したもの。助演者は「ローズ・ボール」のトム・ブラウン、「巌窟王(1934)」のルイス・カルハーン、新進のジューン・マーテル、ドロシー・ピーターソン、ラルフ・ハロルド、ジャック・ラルー等の面々である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ゲイル・パトリック リカルド・コルテス エイキム・タミロフ トム・ブラウン

海の若人

  • 1937年当年公開
  • 出演(Richard_Gates_Jr 役)

「間諜最後の日」「仇敵」のロバート・ヤング、「第七天国(1937)」「踊るアメリカ艦隊」のジェームズ・スチュアート、「豪華一代娘」「椿姫(1937)」のライオネル・バリモアが共演する映画で、ジョージ・ブルースが自作の小説を脚色し、「マルクス一番乗り」「人妻の戒律」のサム・ウッドが監督に当り、「15処女街」のジョン・サイツが撮影した。助演者は「仇敵」「男の魂(1935)」のフローレンス・ライス、「クレイグの妻」「恋の挽歌」のビリー・バーク、「ギャングの子」「殺したのは俺だ」のトム・ブラウン、「丘の彼方へ」のポール・ケリーその他である。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ロバート・ヤング ジェームズ・スチュアート ライオネル・バリモア フローレンス・ライス

君若き頃

  • 1937年当年公開
  • 出演(Kip 役)

「ローズ・マリイ(1936)」「浮かれ姫君」と同じくジャネット・マクドナルドとネルソン・エディが主演する音楽映画で、リダ・ジョンソン・ヤング作、シグモンド・ロンバーグ作曲の音楽喜劇をノエル・ラングレーが脚色し、「巨星ジーグフェルド」「逢瀬いま一度」のロバート・Z・レナードが監督し、「桑港」「巨星ジーグフェルド」のオリヴァー・T・マーシュが撮影した。助演俳優は「ロミオとジュリエット」のジョン・バリモアを始め、「ローズ・マリイ(1936)」のハーマン・ビング、「紅雀」のトム・ブラウン、新顔のリン・カーヴァ、「港に異常なし」のラファエラ・オッティアノその他である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ジャネット・マクドナルド ネルソン・エディ ジョン・バリモア ハーマン・ビング

殺したのは俺だ

  • 1937年当年公開
  • 出演(Tommy_Bradley 役)

「暁の爆撃機」「シナ海」のルイス・ストーン、「天使の花園」「明日は来らず」のバーバラ・リードおよび「ローズ・ボール」「紅雀」のトム・ブラウンが主要なる役を勤めるもので、アーサー・ロザッフェルの原案をチャールズ・グレイソンとサイ・バートレットが協力脚色し、ユニバーサル脚本部出身のルイス・R・フォスターが「ギャングの罠」についで監督に当たり、撮影は「透明光線」のジョージ・ロビンスンが担任している。助演者は「情無用ッ」「グレイト・ガイ」のロバート・グレックラー、「孤児ダビド物語」「処女散歩」のフォーレスター・ハーヴェイ、「旋律の殺人」のジェイムスン・トーマスその他である。

監督
ルイス・R・フォスター
出演キャスト
ルイス・ストーン トム・ブラウン バーバラ・リード ロバート・グレックラー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > トム・ブラウン