映画-Movie Walker > 人物を探す > オリーヴ・ボーデン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1930年 まで合計13映画作品)

1930年

拳の王者

  • 1930年当年公開
  • 出演(Gloria_Staunton 役)

「極楽島満員」「スウィーティー」のジャック・オーキー氏のスター昇進第一回主演映画で、オクタヴァス・ロイ・コーエン氏原作の物語に基いてジョセフ・J・マンキーウィッツ氏が書改めて台詞を付け、「勇者ならでは」「砂丘を越えて」のアグネス・ブランド・リー女史が台本をものし、「快走王」「レヴュー結婚」のエドワード・サザーランド氏が監督し「快走王」「高等恋愛術」のアレン・G・シーグラー氏が撮影したものである。助演者は「ヴァージニアン(1929)」「勇者ならでは」のメアリー・ブライアン嬢、「極楽島満員」「高等恋愛術」のスキーツ・ギャラガー氏、「ギャング・ワー」「處女の唇」のオリーヴ・ボーデン嬢、「ココナッツ」のシリル・リング氏、チャールズ・セロン氏、E・H・カルヴァート氏等である。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
ジャック・オーキー メアリー・ブライアン スキーツ・ギャラガー オリーヴ・ボーデン
1929年

開放娘

  • 1929年当年公開
  • 出演(Eve_Quinn 役)

「マネキンの夢」「高速度尖端娘」と同じくウィリアム・ボーディン氏監督作品で、アーネスト・パスカル氏作の小説を「野球王」「青春狂想曲」のレイ・ハリス氏が脚色した。主演者は「医者の秘密」「情炎の美姫」のH・B・ワーナー氏、「世話女房」「ローンウルフ」のロイス・ウィルソン嬢、「ギャング・ワー」「寝巻」のオリーヴ・ボーデン嬢で、ハラム・クーリー氏、ジェームズ・フォード氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、アイリーン・マニング嬢等が助演している。キャメラは「愛の曳綱」「闇の巷」のアーネスト・ホーラー氏担当。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
H・B・ワーナー ロイス・ウィルソン オリーヴ・ボーデン ハラム・クーリー
1928年

悪魔(1928)

  • 1928年当年公開
  • 出演(Goldie 役)

「レヴュー時代」のチャールズ・デラニー氏と「ギャング・ワー」のオリーヴ・ボーデン嬢との共演映画で、エドワード・ミーガー氏の原作からスチュアート・アンソニー氏が撮影台本を作りレノード・ホフマン氏が監督したもの。主演者の他にルーシー・ボーモン嬢、ルイ・ナトー氏、クラレンス・バートン氏等が助演している。

監督
レノード・ホフマン
出演キャスト
チャールズ・デラニー ルーシー・ボーモン オリーヴ・ボーデン ルイ・ナトー

ギャング・ワー

  • 1928年当年公開
  • 出演(Flowers 役)

「夢想の犯罪」をものしたバート・グレノン氏監督作品で、ジェームズ・アシュモア・クリールマン氏が執筆した原作に基づき「ブラッド・シップ」「女ロビンフッド」のフレッド・マイトン氏が台本を作製した。出演者は「大学のブラウン」「バット」のジャック・ピックフォード氏と「寝巻」「無花果の葉」のオリーヴ・ボーデン嬢を始めとして、エディ・グリッボン氏、ウォルター・ロング氏、フランク・ウォング氏等で、カメラは「燃ゆる戦線」「珍雄凱旋」のヴァージル・ミラー氏担任

監督
バート・グレノン
出演キャスト
ジャック・ピックフォード オリーヴ・ボーデン エディ・グリッボン ウォルター・ロング

処女の唇

  • 1928年当年公開
  • 出演(Norma 役)

チャールズ・ビーハン氏の原作を、ドロシー・ホウェル女史が脚色し、「隼コーラン」「船に打乗り海原さして」等を同じくエルマー・クリフトン氏が監督した映画である。主役は「寝巻」「近代恋愛ごっこ」等主演のオリーヴ・ボーデン嬢で、「五つの魂を持つ女」「黎明の丘(1928)」等主演のジョン・ボールズ氏が相手役を演ずる外、古参者のアーリン・プレティ嬢、「アンニー・ローリー」のリチャード・アレクサンダー氏、アレクサンダー・ギル氏、等も主演する。

監督
エルマー・クリフトン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ジョン・ボールズ マーシャル・ルース リチャード・アレクサンダー
1927年

眩惑三味

  • 1927年当年公開
  • 出演(Rosemary_Merton 役)

ヘイゼル・リヴィングストン女史が新聞に連載した小説を映画化したもので、ジェームズ・ケヴィン・マッギネス氏が脚色し、「サイベリア」「明け行く魂」と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督している。主役は「憧憬の彼方へ」「猿は語る」出演のオリーヴ・ボーデン嬢で、相手役を新進のクリフォード・ホランド氏が務め、「モガ地獄」のマーガレット・リヴィングストン嬢、ベン・バード氏、ウォルター・マッグレイル氏などが助演する。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン クリフォード・ホランド ベン・バード ウォルター・マッグレイル

猿は語る

  • 1927年当年公開
  • 出演(Mlle_Olivette 役)

ルネ・フォーショア氏作のブウルヴァルの独り狂言「物言う猿」を映画化したもので、L・G・リグビー氏が脚色し、「カルメン(1927)」「栄光」と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督した。主役は舞台で賞讃を博したジャック・レルネル氏が演じ、「憧憬の彼方へ」「無花果の葉」等出演のオリーヴ・ボーデン嬢と「カルメン」「極光に吼ゆ」等出演のドン・アルヴァラド氏が共演し、ジェーン・ウィントン嬢、マルコーム・ワェイト氏、レイモンド・ヒッチコック氏等が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ドン・アルヴァラド ジャック・レルネル マルコム・ウエイト

寝巻

  • 1927年当年公開
  • 出演(Angela_Wade 役)

フォックス会社つきの作者ウィリアム・コンセルマン氏が書き卸し併せて撮影台本をも執筆したもので、監督は「踵の魅惑」「三人水兵恋行脚」等と同じくジョン・G・ブライストーン氏である。主役は「近代恋愛ごっこ」「猿は語る」等出演のオリーヴ・ボーデン嬢と「踵の魅惑」「おしゃれ哲学」等出演のローレンス・グレイ氏との2人である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ローレンス・グレイ ジェリー・マイリー John J. Clark

夜の囁き

  • 1927年当年公開
  • 出演(Joan_Century 役)

「生娘二人入用」「恋愛受難」と同じくアルフレッド・イー・グリーン氏の監督作品で、「近代恋愛ごっこ」「猿は語る」と同じくオリーヴ・ポーデン嬢の主演するものである。原作はアーサー・ソマース・トーチ氏の小説でそれをフィリップ・クライン氏が潤色したものにより、マリオン・オース女史が脚色の筆を執った。ポーデン嬢の相手役は「イット」「明眸罪あり」のアントニオ・モレノ氏で、そのほか「愛はひとすじ」のベン・バード氏やドリス・ロイド嬢、コーネリアス・キーフ氏、等も主演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ドリス・ロイド Richard Maitland アントニオ・モレノ

近代恋愛ごっこ

  • 1927年当年公開
  • 出演(Jewel_Courage 役)

サテデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたメイ・エジントン女史作の物語をフランセス・エイニュー女史が脚色し」「悲恋の楽聖」「神ぞ知る」等と同じくアラン・ドワン氏が監督したもので、主役は「無花果の花」「憧憬の彼方へ」等出演のオリーヴ・ポードゥン嬢が演じ、「悲恋の楽聖」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のニール・ハミルトン氏が相手役を勤め、マリー・ドレッスラー嬢、メアリー・アルデン嬢、ジェリー・マイリー氏、ヘレン・チャンドラー嬢、ベギー・ケリー嬢等が助演している。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ニール・ハミルトン マリー・ドレッスラー ジェリー・マイリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オリーヴ・ボーデン