映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・G・ブライストーン

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1951年 まで合計37映画作品)

1951年

底抜け極楽大騒動

  • 1951年3月公開
  • 監督

「紀元前百万年」のハル・ローチが製作したローレル、ハーディの喜劇映画監督は故ジョン・G・ブライストーン、脚本はチャールズ・バディー・ロジャース、フェリックス・アドラー、ジェームズ・パーロット、ハリー・ラングドン、アーノルド・ベルガードの5人、撮影はアート・ロイドが担当、共演者は往時のジョー・B・ブラウンの相手パトリシア・エリス、「蛇の穴」のミナ・ゴンベル、ビリー・ギルバート等。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー パトリシア・エリス ミナ・ゴンベル
1938年

極楽オペレッタ

  • 1938年当年公開
  • 製作

「宝の山」と同じくローレル及びハーディ主演のホール・ローチ喜劇でジーン・ネグレス・ロジャースが書卸し、ジェームズパーロット、チャールズ・メルソン、フェリックス・アドラーが協力脚色、「木に登る女」のジョン・G・ブライストーンが監督、ノーバート・プロディンとアート・ロイドが協力撮影したもの。助演者はデラ・リンド、「オペラは踊る」のウォルター・ウルフ・キング、「ラジオの歌姫」のエリック・ブローアその他多勢である。

監督
ハル・ローチ
出演キャスト
スタン・ローレル オリヴァー・ハーディー デラ・リンド ウォルター・ウルフ・キング
1937年

木に登る女

  • 1937年当年公開
  • 監督

「この三人」「生活への道」と同じくミリアム・ホプキンスとジョエル・マクリーが共演するゴールドウィン作品である。原作はリン・ルートとフランク・フェントンが協同で書き下ろし、「罪と罰」のジョセフ・アンソニーと「地獄への挑戦」のマヌエル・セフがデイヴィッド・ヘルツと協力脚色、「鉄人対巨人」「嵐の翼」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「この三人」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演は「就職戦術」のチャールズ・ウィニンジャー、「トップ・ハット」のエリック・ローズ、「明朗色時代」のエラ・ローガン、新顔のレオナ・マリクル、ブロデリック・クロフォード等の面々である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ミリアム・ホプキンス ジョエル・マクリー チャールズ・ウィニンジャー エリック・ローズ
1936年

グレイト・ガイ

  • 1936年当年公開
  • 監督

「無限の青空」「シスコ・キッド(1935)」のジェームズ・キャグニーがGN社に入っての第一回主演映画で、「大空の地獄」「鉄人対巨人」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たったもの。原作はジェームズ・エドワード・グラントの大衆小説で、ヘンリー・マッカーティーとヘンリー・ジョンソンが協力脚色した。相手役は「女優ナナ」「スター悩殺」のメイ・クラークが勤め、「薔薇はなぜ紅い」のジェームズ・パーク、「当たり屋勘太」のエドワード・ブロフィー、「ポンペイ最後の日(1935)」のヘンリー・コルカー、新顔のバーナディーン・ヘイス、「諾?否?」のロバート・グレックラー等が助演している。カメラは「二つの顔(1935)」のジャック・マッケンジーの担任。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェームズ・キャグニー メイ・クラーク ジェームズ・バーク エドワード・ブロフィー

鉄人対巨人

  • 1936年当年公開
  • 監督

「男の敵」「二国旗の下に」のヴィクター・マクラグレンが主演する映画で、オーウェン・フランシス作の小説を作者自らルイス・R・フォスター及びバートラム・ミルハウザーと協力脚色し、「大空の地獄」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たり、「当たりや勘太」のメリット・B・ガースタッドが撮影した。助演者は「黄金(1936)」のビニー・バーンス、歌手だったウィリアム・ホール、「襤褸と宝石」のジーン・ディクソン、「少年G戦線」のビル・バーラッド及びヘンリー・アーメッタ、「殺人都市」のアン・プレストン、「情無用ッ」のエドワード・ノリスの面々である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ヴィクター・マクラグレン ビニー・バーンズ ウィリアム・ホール ジーン・ディクソン

名なし児

  • 1936年当年公開
  • 監督

「可愛いオディ」「あたいは街の人気者」と同様ジェーン・ウィザースが主役を勤める映画で、フレデリック・ハズリット・ブレナンの原作を「可愛いオディ」に協力したルウ・ブレスラウとエドワード・エリスキュが更にポール・バーガーと共同して脚色し、「大空の地獄」「紐育の口笛」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「虎鮫島脱獄」「情無用ッ」のバート・グレノンが撮影している。助演俳優は「可愛いオディ」のジェーン・ダーウェル、「愛と光」のラルフ・モーガン、「黄金(1936)」のハリー・ケイリー、「紅雀」のセイラ・ヘイドゥン、子役ベティー・ジーン・ヘイニー及びジャッキー・モロウである。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェーン・ウィザース ジェーン・ダーウェル ラルフ・モーガン セイラ・ヘイドゥン
1935年

深夜の出来事

  • 1935年当年公開
  • 監督

「バッド・ガール」「乙女の湖」と同じくヴィニャ・デルマーの小説を映画化したもので、「私のテンプル」のアレン・リヴキンが脚色し「大空の地獄」「紐育の口笛」のジョ・ブライストンが監督に当たり、「情無用ッ」「あたいは街の人気者」のバート・グレノンが撮影した。主演は「バット・ガール」「輝く瞳」のジェームズ・ダンで、「ロイドの牛乳屋」「ホワイト・パレード」のドロシー・ウイルスン、「キャラバン」のルイズ・ファゼンダ、「オペラ・ハット」のジョン・レイ、「歌の翼」のルイ・アルバーニ、ヴィクター・キリアン、ビューラ・ボンディ等が助演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジェームズ・ダン ドロシー・ウィルソン ルイズ・ファゼンダ ヴィクター・キリアン
1934年

大空の地獄

  • 1934年当年公開
  • 監督

「歓呼の嵐」「流れる青空」のワーナー・バクスターが主演する映画で、ハーマン・ロスマン作の舞台劇「名飛行士」に基づいて「快走艇」のバイロン・モーガンがデッド・パーソンスと共同脚色し「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督に当たり、「勝利の朝」「不思議の国のアリス(1933)」のバート・グレノンが撮影した。助演者は「「武道一代」のコンチタ・モンテネグロ、「かたみの傑作」のラッセル・ハーディー、「真夜中の処女」のアンディ・デヴァイン、「これぞ幸運」のハーバート・マンディン、「ますらを」のラルフ・モーガン、ウィリアム・ステリング、ヴィンス・バーネットその他である。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ワーナー・バクスター コンチタ・モンテネグロ ラッセル・ハーディー ハーバート・マンディン

紐育の口笛

  • 1934年当年公開
  • 監督

「第一年」「デリシャス」と同じくジャネット・ゲイナーとチャールズ・ファーレルが主演する映画で、「歓呼の嵐」のジェームズ・ダンと「空中レヴュー時代」のジンジャー・ロジャースが共演する。原作はキャスリーン・ノーリス作の小説で、「バワリイ」のジェームズ・グリースンと「あめりか祭」のソニア・レヴィーンが共同脚色し、「裏切る唇」「狂乱の上海」のジョン・G・ブライストーンが監督し、「あめりか祭」「心の緑野」のハル・モーアが撮影した。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
ジャネット・ゲイナー チャールズ・ファーレル ジェームズ・ダン ジンジャー・ロジャース
1933年

裏切る唇

  • 1933年当年公開
  • 監督

「妾の弱点」と同じくリリアン・ハーヴェイがフォックスで主演した映画で、アッチラ・オルボック作の喜劇に基づいて「夫婦戦線」のハンス・クレーリイが「坊やが盗まれた」のジェーン・ストームと共同脚色し、「薮睨み武勇伝」「懐かしの谷」のジョン・G・ブライストーンが監督にあたったもの。相手役は「昨日」「裏町」のジョン・ボールズが勤め、「薮睨み武勇伝」のエル・ブレンデル、「大帝国行進曲」のアイリーン・ブラウン、「女性暴君」のモード・エバーン、「愛の鳴咽」のヘンリー・スティヴンソン、「肉体」のハーマン・ビング等が助演している。撮影は「ミス・ダイナマイト」「ブダペストの動物園」のリー・ガームスの担当で、舞踏振り付けは例によってサミー・リーが担任。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
リリアン・ハーヴェイ ジョン・ボールズ エル・ブレンデル アイリーン・ブラウン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・G・ブライストーン