映画-Movie Walker > 人物を探す > カーティス・ハンソン

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2007年 まで合計12映画作品)

2007年

ラッキー・ユー

  • 2007年6月23日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

「イン・ハー・シューズ」のカーティス・ハンソン監督が、ポーカーの世界大会を背景に描く人間ドラマ。「ミュンヘン」のエリック・バナ演じる主人公が、恋の成就と父親超えの大勝負に挑む。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
エリック・バナ ドリュー・バリモア ロバート・デュヴァル デブラ・メッシング
2005年

イン・ハー・シューズ

  • 2005年11月12日(土)公開
  • 監督、製作

「8Mile」のカーティス・ハンソン監督がキャメロン・ディアスと組んだ感動作。30歳を目前に空虚な日々を送る女性が、祖母が暮らす田舎で再出発を図る姿を温く見つめる。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
キャメロン・ディアス トニ・コレット シャーリー・マクレーン マーク・フューステイン
2003年

アダプテーション

  • 2003年8月23日(土)公開
  • 出演(Orlean's Husband 役)

「マルコヴィッチの穴」のスタッフが放つユニークな人間ドラマ。脚本家チャーリー・カウフマンの実体験をもとにシナリオライターの受難を描く。虚実入りまじった展開が圧巻!

監督
スパイク・ジョーンズ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ メリル・ストリープ クリス・クーパー ティルダ・スウィントン

8Mile

  • 2003年5月24日(土)公開
  • 監督、製作

アカデミー賞で最優秀主題歌賞に輝いたヒップホップ界のカリスマ、エミネムの初主演作。彼の実体験に基づき、ラッパーを目指す若者の青春を描く。熱のこもった演技に加え、音楽もパワフル!

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
エミネム キム・ベイシンガー ブリタニー・マーフィ メキー・ファイファー
2000年

ワンダー・ボーイズ

  • 2000年9月2日(土)公開
  • 監督、製作

 「L.A.コンフィデンシャル」のC・ハンソン監督最新作。初老の作家が、さまざまなトラブルを通して生き方を見つめ直すさまを、ユーモラスにつづる人生讃歌。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
マイケル・ダグラス トビー・マグワイア フランシス・マクドーマンド ロバート・ダウニーJr.
1998年

L.A.コンフィデンシャル

  • 1998年7月18日(土)公開
  • 監督、製作、脚本

50年代初期のロサンジェルスを舞台に、ある殺人事件をめぐり、警察と暗黒組織でうごめく人間模様を描いたサスペンス。ロサンジェルスを舞台にした一連のミステリーで知られる作家ジェームズ・エルロイの同名小説(邦訳・文春文庫)の映画化。監督は「激流」のカーティス・ハンソン。脚本(共同製作も)は「陰謀のセオリー」「ポストマン」のブライアン・ヘルゲランドとハンソンの共同。製作はハンソン、「ディアボロス 悪魔の扉」のアーノン・ミルチャン、「心の指紋」のマイケル・ネイサンソンの共同。製作総指揮は「サバイビング ピカソ」のデイヴィッド・L・ウォルパー、「セブン」のダン・コルスラッド。撮影は「ヒート」のダンテ・スピノッティ。音楽は「追跡者」のジェリー・ゴールドスミスで、50年代当時のヒット曲がスクリーンを彩る。美術は「真実の行方」のジニーン・オプウォール。編集は「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のピーター・ホーネス。衣裳は「Emma エマ」のルース・マイアーズ。出演は「真夜中のサバナ」のケヴィン・スペイシー、「クイック&デッド」のラッセル・クロウ、「プリシラ」のガイ・ピアース、「ベイブ」のジェームズ・クロムウェル、「プレタポルテ」のキム・ベイシンガー、「レインメーカー」のダニー・デヴィート、「激流」のデイヴィッド・ストラザーンほか。97年度(第70回)アカデミー賞最優秀脚色賞・助演女優賞(キム・ベイシンガー)受賞。98年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ラッセル・クロウ ガイ・ピアース キム・ベイシンガー
1995年

激流(1994)

  • 1995年4月22日(土)公開
  • 監督

逃走中の凶悪犯に同道させられ、怒濤さかまく急流下りに挑む一家の危難を描いたアクション・アドベンチャー。ほぼ全編が本物の川でロケーション撮影され、そのダイナミックな自然描写が見どころ。監督はサミュエル・フラーの「ホワイト・ドッグ」などの脚本家を経て、「窓 ベッドルームの女」「バッド・インフルエンス 悪影響」「ゆりかごを揺らす手」と、サスペンスものを得意とする監督となったカーティス・ハンソン。脚本は本作がデビューとなるデニス・オニールで、フライフィッシング愛好家である彼が雑誌に発表した自身のノンフィクションを基に脚色。製作は新旧2作の「ゲッタウェイ(1994)」で知られるデイヴィッド・フォスターと、ローレンス・ターマンの共同。撮影は、監督とは3作目となるロバート・エルスウィット、音楽は「ケイブルホーグのバラード」「氷の微笑」などの名匠ジェリー・ゴールドスミス。美術は「白いドレスの女」のビル・ケニー、編集は「JFK」でアカデミー賞を受賞したジョー・ハッシングと、「ウォール街」「天と地」のデイヴィッド・ブレナー。主演は2度のオスカーに輝き、近年は「永遠に美しく…」「愛と精霊の家」など意欲作が続くメリル・ストリープ。撮影に当たって体重を増やし、オリンピック代表選手からボートの操縦を学び、川下りの場面は全体の9割を自分でこなすなど、初の本格的アクションに意欲的に取り組んでいる。共演は「JFK」「告発」のケヴィン・ベーコン、「ザ・ファーム 法律事務所」「欲望(1993)」のデイヴィッド・ストラザーン、「ジュラシック・パーク」「永遠の愛に生きて」の子役ジョセフ・マゼロら。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
メリル・ストリープ ケヴィン・ベーコン デイヴィッド・ストラザーン ジョセフ・マゼロ
1992年

ゆりかごを揺らす手

  • 1992年4月11日(土)公開
  • 監督

夫の自殺が原因で、子供を流産した女性が、ベビーシッターとして幸せな家庭に忍び込み復讐劇を繰り広げる。監督は「窓 ベッドルームの女」のカーティス・ハンソン、製作はデイヴィッド・マデン、製作総指揮はテッド・フィールド、ロバート・W・コート、リック・ジャファ、脚本はアマンダ・シルヴァー、撮影はロバート・エルスウィット、音楽はグラエム・レヴェルが担当。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
アナベラ・シオラ レベッカ・デモーネイ マット・マッコイ アーニー・ハドソン
1990年

バッド・インフルエンス 悪影響

  • 1990年10月12日(金)公開
  • 監督

エリート青年がメフィストフェレスの如き美少年に導かれて経験する地獄廻りのような出来事を描くサイコ・サスペンス。製作はスティーヴ・ティッシュ、監督は「窓/ベッドルームの女」のカーティス・ハンソン、脚本は「アパートメント・ゼロ」のデイヴィッド・コープ、撮影はロバート・エルスウィット、音楽はトレーバー・ジョーンズ。出演はジェームズ・スペイダー、ロブ・ロウほか。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
ロブ・ロウ ジェームズ・スペイダー リサ・ゼーン
1988年

窓 ベッドルームの女

  • 1988年4月2日(土)公開
  • 監督、脚本

善意からレイプ事件の目撃者の身代わりとなった青年が、次々と予期せぬ事件に襲われ、遂には殺人犯の汚名を着せられながらも真犯人を追う姿を描く。脚本・監督を「サイレント・パートナー」の脚本家カーティス・ハンソンが担当。原作はアン・ホールデン、撮影はギルバート・テイラー、音楽はマイケル・シェリーヴとパトリック・グリーソンが担当。出演はスティーヴ・グッテンバーグ、エリザベス・マクガヴァン、イザベル・ユペールほか。

監督
カーティス・ハンソン
出演キャスト
スティーヴ・グッテンバーグ エリザベス・マクガヴァン イザベル・ユペール ポール・シナー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カーティス・ハンソン