映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ゴードン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 2000年 まで合計19映画作品)

2000年

パップス

  • 2000年8月5日(土)公開
  • 出演(J.P. 役)

 ローティーンの衝動的な暴力を題材にしたスリリングな犯罪ドラマ。無謀な銀行強盗に挑んだ少年の凶行を描きつつ、現代の子どものさまよえる心情を浮かび上がらせる。

監督
アッシュ
出演キャスト
ミーシャ・バートン キャメロン・ヴァン・ホイ バート・レイノルズ アダム・ファラー
1931年

犯罪都市(1931)

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mayor 役)

「西部戦線異状なし」のルイス・マイルストーンが監督した映画で「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズのプロダクションとして有名なもの。原作は「国際盗賊ホテル」と同じくベン・ヘクト、チャールズ・マッカーサーが共同で書いた戯曲である。脚色は「略奪者」「キック・イン」のバートレット・コーマックが当たり、撮影は「泥人形」「肉と霊」のグレン・マクウィリアムスの担当である。出演者は「モロッコ」「ニュウ・ムーン」のアドルフ・マンジュウ、「大空の闘士」「青空狂想曲」のパット・オブライエン、「名門芸術」「マネキン英雄」のメアリー・ブライアンを始め、「極楽特急」「月世界征服(1931)」のエドワード・エヴァレット・ホートン、「シマロン(1931)」「特集社会面」のジョージ・E・ストーン、「ウォタルウ橋」「フランケンシュタイン(1931)」のメイ・クラーク、「大空の闘士」のスリム・サマーヴィル、「少年時代」のマット・ムーア、「新聞街の殺人」のフランク・マクヒュー、モーリス・ブラック、クラレンス・H・ウィルソン、スペンサー・チャータース等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
アドルフ・マンジュウ パット・オブライエン メアリー・ブライアン エドワード・エヴァレット・ホートン
1929年

海の復讐

  • 1929年当年公開
  • 出演(Captain_Goodell 役)

「ヨーロッパ突進」「最敬礼」のデイヴィッド・バトラー氏と「想夫舞曲」の故ケネス・ホークス氏との共同監督になる作品でベン・エイムス・ウィリアムス氏原作の小説から「モダン出世鏡」のハリー・ブランド氏と「大河の奇賊」のベン・マークソン氏とが脚色した。主役を演ずるのは「最敬礼」「ノアの箱船」のジョージ・オブライエン氏でほかに「奈翁精神異常なし」「呑気大将巴里居続の巻」のノラ・レーン嬢、新進デイヴィッド・シャープ氏、「懐しのアリゾナ」「名物三羽烏」のJ・ファーレル・マクドナルド氏、エドワード・ピール・シニア氏、フランク・ハグニー氏等が助演している。キャメラは「ヨーロッパ突進」「モダーン三銃士」のシドニー・ワグナー氏が担任である。

監督
デイヴィッド・バトラー ケネス・ホークス
出演キャスト
ジョージ・オブライエン デイヴィッド・シャープ ノラ・レーン ジェームズ・ゴードン
1928年

光明の彼岸へ

  • 1928年当年公開
  • 出演(Jim_Joyce 役)

「雲晴れて愛は輝く」「タイタニック」「おしゃれ哲学」等出演のヴァージニア・・ヴァリ嬢が、「青鷲」「拳闘修羅士」出演のウィリアム・ラッセル氏と共演する映画で、「バラウー」を同じくリチャード・ロッスン氏の監督作品である。原作はポール・アームストロング氏作の舞台劇で、ポール・ショーフィールド氏が脚色した。主役二役を助けて薪進ナンシー・ドレクセル嬢や「親爺若返る」のジョージ・ミーカー氏、ウィリアム・デマレスト氏、ジェームズ・ゴードン氏等が出演する。

監督
リチャード・ロッスン
出演キャスト
ウィリアム・ラッセル ヴァージニア・ヴァリ ナンシー・ドレクセル ジョージ・ミーカー
1927年

宣伝地獄

  • 1927年当年公開
  • 出演(Brutus_Banning 役)

数多くの喜劇を書いてその名新界に普きアニタ・ルース女史の原作になるもので、それをアンドリュー・ベニソン氏が脚色し、会ては自ら俳優たりまたチャールズ・レイの良き伴侶でもあったアルバート・レイ氏が監督したものである。主役は「悲恋の樂聖」「マンダレイの道」等出演のロイス・モーラン嬢と「栄光」「ボクシング修羅王」等出演のエドモンド・ロウ氏との2人で、その他にE・J・ラトクリフ氏、ジェームズ・ゴードン氏、アーサー・ハウスマン氏などの人々が出演している。

監督
アルバート・レイ
出演キャスト
ロイス・モラン エドモンド・ロウ E・J・ラトクリフ ジェームズ・ゴードン
1926年

監獄行列車

  • 1926年当年公開
  • 出演(Editor 役)

ダリル・フランシス・ザナック氏の原作に基づいてエドワード・T・ロウ・ジュニア氏とフィリップ・クライン氏とが脚色し、「雀」「美人食客」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもので、主役は「男は度胸」等出演のジョン・パトリック氏と「美人食客」「男は度胸」等出演のドロシー・デヴォーア嬢で、「南北珍勇腕比べ」等出演のモンタギュー・ラヴ氏を始め、ジョージ・ピアース氏、フランク・ブラウンリー氏、ラッセル・シンプソン氏、チャールズ・ヒル・メイルズ氏等が共演する。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
ジョン・パトリック ドロシー・デヴォーア モンタギュー・ラヴ ジョージ・ピアース

無敵ギブソン

  • 1926年当年公開
  • 出演(James_Mulford 役)

ピーター・B・カイン氏作の小説に基づいてリン・F・レイノルズ氏が脚色し、「木の葉野郎」「嵐の虜」等と同じくレイノルヅ氏が監督したもので、主役は「木の葉野郎」「鞍上の快傑」等主演のフード・ギブソン氏で、對手役は「のんきなおばさん」等出演のエセル・シャノン嬢が勤め、バー・マッキントッシュ氏、ジェームズ・ゴードン氏、ハリー・トッド氏等が助演している。

監督
リン・F・レイノルズ
出演キャスト
フート・ギブスン エセル・シャノン バー・マッキントッシュ ジェームズ・ゴードン

アイアン・ホース

  • 1926年2月5日(金)公開
  • 出演(Dave_Brandon 役)

1860年代におけるアメリカ横断鉄道敷設の困難を描いた映画でチャールズ・ケニオン氏とジョン・ラッセル氏とが原作を書き「森の鍛冶屋」「オーロラの彼方へ」等同じくジョン・フォード氏が監督した。主役は「戦禍」等出演のマッジ・ベラミー嬢を始め、シリル・チャドウィック氏、グラディス・ヒューレット嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏等が助演している。(十二巻)

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ウィンストン・ミラー ペギー・カートライト チャールズ・エドワード・ブル ジェームズ・ゴードン
1925年

曠野の志士

  • 1925年当年公開
  • 出演(Hinman _of_Box_K_Ranch 役)

ユナイテッド・アーチスト社におけるウィリアム・S・ハート氏第1回作品でサ タデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたるハル・G・エヴァーツ氏作の小説に基づいてC・ガードナー・サリヴァン氏が脚色し「職業婦人」「義賊ラッフルズ」等と同じくキング・バゴット氏が監督したもの「二挺拳銃」「断腸の笛」等出演のウィリアム・S・ハート氏の相手役には「アラビアの恋」「怒涛万里」等出演のバーバラ・ベッドフォード嬢が演じルシアン・リトルフィールド氏、J・ゴードン・ラッセル氏等が助演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート バーバラ・ベッドフォード ルシアン・リトルフィールド J・ゴードン・ラッセル
1924年

荒野の放浪者

  • 1924年当年公開
  • 出演(Alex_Mackey 役)

「恋の睡蓮」と同じテクニカラー法によって全篇を撮影されたもので、原作は「最後の一人迄(1923)」「虹の山道」等を書いたゼーン・グレイで、これをジョージ・ハルとヴィクター・アーヴィンが脚色し、「濃霧を衝いて」「怒涛の裁き」等と同じくアーヴィン・V・ウィラットが監督した。主役「悪魔の眠る時」「有閑階級」等出演のジャック・ホルトで、「若人よ永遠に」「怒涛の裁き」等出演のウィラット夫人なるビリー・ダヴが対手をしている。その他老巧なノアー・ビアリー、キャスリン・ウィリアムス等も主要な役を演じている。アリゾナの渓谷とキャリフォルニアのデス・ヴァレイを背景として撮影された大活劇である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ジャック・ホルト ノア・ビアリー ジョージ・アーヴィング キャスリン・ウィリアムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェームズ・ゴードン