映画-Movie Walker > 人物を探す > カレン・モーリー

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1937年 まで合計20映画作品)

1937年

爆破光線

  • 1937年当年公開
  • 出演(Viola_Beech 役)

「黎明の丘(1937)」「テンプルの愛国者」のカレン・モーリーが新人ロバート・ボールドウィンと共演する映画で、コニングスビー・ドースンの原作を「山小屋の一夜」のドリス・アンダーソンと「黎明の丘(1937)」のドア・シャーリーが協力脚色し、「武士道華やかなりし頃」等を監督したロバート・G・ヴィニョーラが監督に当たり、ロバート・ピッタックが撮影した。助演者は「腕白時代」のキャサリン・アレクサンダー、「目撃者(1936)」のエドワード・チアネーリ、新顔のミリ・モンティ、ロイド・クレーン、「孔雀夫人(1936)」のオデット・マーティル等である。 戴冠式に特派された新聞記者デリック・ホルトは、英国の軍需品工場に不可解な爆破事件の起こったことを聞いた。彼はメリイという夫人に招待されて旅客機で行く途中、爆破の手掛かりを調査に向かう情報部員ビーチと知り合いになる。メリイの夫は不思議な事件のために行方不明になっている。ホルトは彼の書類を調べている内にその中にビーチの写真を発見する。モントリッツで発明家フランツ・ボルグの開いたパーティにホルトは探りに行った。それにはビーチも出席していたが、その夜失踪したメリイの夫は警視庁の役人であることが判って何者かに射殺されていたが、その凶器はホルトの銃であった。ビーチはホルトを警察の目から隠し彼女の使命を打ち明けた。彼女は爆破事件の犯人としてボルグを探っていたのである。ホルトはボルグを訪れ爆破光線の装置をした飛行機があるのを見たが、ボルグはこれを使って英国へ飛び戴冠式に乗じて英空軍を破壊するつもりだと述べ、ホルトを脅迫監禁して英国へ向かった。ビーチは官憲を連れて到着しホルトを助けて二人は直ぐ後を追った。ボルグはすでに爆弾二個を投下していたが、ロンドン上空で激しい空中戦が開かれ、ついにボルグの機は爆破された。こうして災禍は防がれ、ビーチとホルトは恋を囁く仲となる。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
カレン・モーリー ロバート・ボールドウィン キャサリン・アレクサンダー エドワード・チアネーリ

マドリッド最終列車

  • 1937年当年公開
  • 出演(Baroness 役)

「ジャングルの女王」「スイング」のドロシー・ラムーア、「写真の殺人」「嵐の戦捷旗」のルー・エイヤース、「あたしは別よ」のギルバート・ローランド、「黎明の丘(1937)」「爆破光線」のカレン・モーリー、「スペイン狂想曲」「再び逢う日」のライオネル・アトウィル、「ロイドの牛乳屋」のヘレン・マック、「麗人遁走曲」のロバート・カミングス、新顔のオランプ・ブラドナ、「スイング」のアンソニー・クイン、「パリで逢った男」のリー・ボウマンが共演する映画で、ポール・ハーヴェイ・フォックスとエルシー・フォックスとが共作したオリジナルを「Gウーマン」のルイス・スティーヴンスとロバート・ワイラーが協力脚色し、「夜霧の怪盗」のジェームズ・P・ホーガンが監督に当たり「医者の日記」のハリー・フィッシュベックが撮影した。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
ドロシー・ラムーア ルー・エイヤース ギルバート・ローランド カレン・モーリー

黎明の丘(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Margaret_Stevens 役)

「浮気名女優」「クレオパトラ(1934)」のウォーレン・ウィリアムが主役を勤める映画で、フランク・R・アダムス原作、「家族一連隊」のドリス・マロイと「少年ドン・キホーテ」のドア・シャーリーとが協力脚色、「ハリウッド大通り」「撮影所の惨劇」のロバート・フローリーが監督に当たり、「ガルシアの伝令」のルドルフ・マテが撮影した。助演は「黒地獄」「テンプルの愛国者」のカレン・モーリー、「暁の爆撃機」のルイス・モートン、「山小屋の一夜」のジャッキー・モラン、「丘の一本松」のリチャード・カール、「永遠に愛せよ」のクリスチャン・ラップ、「少年ドン・キホーテ」のエスター・デール等の面々である。

監督
ロバート・フローリー
出演キャスト
ウォーレン・ウィリアム カレン・モーリー ルイス・ストーン リチャード・カール
1936年

悪魔の空襲

  • 1936年当年公開
  • 出演(Martha_Dawson 役)

「泰西侠盗伝」「空軍の覇者」のリチャード・ディックスが主演する映画で「火の翼」のリチャード・グレイスが書き下ろした航空もの。脚色は「深夜の星」のハワード・J・グリーンがブルース・マニングとライオネル・ハウザーと協力して当たり、「摩天楼の怪火」「黒潮に鳴る心」のアール・C ・ケントンが監督し、「夢の並木道」「悪魔島脱出」のジョン・ステューマーが撮影した。助演は「黒地獄」のカレン・モーリー、「片道切符」のロイド・ノーラン、新顔のシャーリー・ロス、「粋な紐育っ子」のヘンリー・モリスン、「少年G戦線」のビル・バーラッド、ジーン・モーガン、その他である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
リチャード・ディックス カレン・モーリー ロイド・ノーラン シャーリー・ロス

吾が捧げし命

  • 1936年当年公開
  • 出演(Cathleen 役)

「この三人」「紅はこべ」のマール・オベロンと「男装」「泉」のブライアン・エイハーンとが主演するサミュエル・ゴールドウィン作品で、脚本はジョン・L・ボルダーストン、ローズ・フランケン、ウィリアム・ブラウン・メロニーの三人が協力して書卸し、監督にはニューヨークの舞台演出者たるH・C・ポッターが当たった。ポッターとしては、これが出入り第一回作品である。助演者は、「麦の秋」のカレン・モーリー、ニューヨークの舞台から来たジェローム・コウアン、「生活への道」のデイヴィッド・ニーヴン、「小公子」のヘンリー・スティーブンソン、「支那ランプの石油」のドナルド・クリスプ、「医者の日記」のレイ・ハウルド・セオドア・フォン・エルツ、等である。撮影は、「生活への道」「この三人」と同じくグレッグ・トーランドの担任。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
マール・オベロン ブライアン・エイハーン カレン・モーリー ジェローム・コウアン
1935年

テンプルの愛国者

  • 1935年当年公開
  • 出演(Mrs._Cary 役)

「テンプルちゃんお芽出度う」につぐシャーリー・テンプル主演映画で、同じくジョン・ボールズが共演している。原作はエドワード・H・ピープルが書き卸し、「運河のそよ風」のエドウイン・バークが脚色、「小連隊長」のデイヴィッド・バトラーが監督、「私のテンプル」のジョン・サイツが撮影、に夫々当たった。助演者は「征空重爆撃」のジャック・ホルト、「黒地獄」のカレン・モーリー、「青春万歳」のビル・ロビンソン、グィン・ウィリアムス、ウイリー・ベスト等である。

監督
デイヴィッド・バトラー
出演キャスト
シャーリー・テンプル ジョン・ボールズ ジャック・ホルト カレン・モーリー
1934年

麦秋(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mary 役)

「南風」「シナラ」の監督者キング・ヴィダーが独立製作した映画で、自ら原作監督に当たったもの。脚色にはエリザベス・ヒルが任じ、「断崖の砲火」「素晴らしき人生」のロバート・ブランクが撮影を担当した。主演は「肉鎧」「暗黒街の顔役(1932)」のカレン・モーリー及び「熱血撮影隊」「ロッキーの彼方」のトム・キーンで、「ストリート・シーン」のジョン・T・クウェーレン、「僕はカウボーイ」のアディスン・リチャーズ、ジョージ・ホワイトのレヴューに出演していたバーバラ・ペッパー等が助演している。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
カレン・モーリー トム・キーン ジョン・クオウルン バーバラ・ペッパー
1933年

晩餐八時

  • 1933年当年公開
  • 出演(Mrs._Wayne_Talbot 役)

「グランド・ホテル」と同じくデイヴィッド・O・セルズニックが製作にあたった超特作品で、「私重役様よ」のマリー・ドレッスラー「グランド・ホテル」のジョン・バリモア、ライオネル・バリモア、ウォーレン・ビアリー及びジーン・ハーショルト、「紅塵」のジーン・ハーロウ、「ロシア探訪飛脚」のリー・トレイシー、「彼女の用心棒」のエドモンド・ロウ、返りさきのビリー・バーク、「ヘル・ビロウ」のマッジ・エヴァンス、「肉体」のカレン・モーリー、「男子戦わざるべからず」のフィリップス・ホームス、「今日限りの命」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「令嬢殺人事件」のメイ・ロブスン、「心の青空」のグラント・ミッチェルと言うオール・スター・キャストである。原作はニューヨークで大あたりを取ったジョージ・S・カウフマン、エドナ・ファーバー合作の舞台劇で、「シナラ」「チャンプ(1931)」のフランセス・マリオンが「闇に踊る(1932)」のハーマン・J・マンキーウィッツと共同脚色し、「街のをんな」「心を汚されし女」のジョージ・キューカーが監督にあたり「グランド・ホテル」「お気に召すまま(1932)」のウィリアム・ダニエルスが撮影にあたった。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ジョン・バリモア ウォーレス・ビアリー ジーン・ハーロウ

独裁大統領

  • 1933年当年公開
  • 出演(Pendola_Molloy 役)

「ヘル・ビロウ」「雨」のウォルター・ヒューストンが主役を演ずる映画で、匿名の小説「白亜館のゲイブリエル」に基づき「アルセーヌ・ルパン」「地獄のサーカス」のケイリー・ウィルソンが脚色に当たり、「六百万交響楽」のグレゴリー・ラ・カヴァが監督し、「ブロンド・ヴィナス」のバート・グレノンが撮影している。ヒューストンを助けて「肉体」「暗黒街の顔役(1932)」のカレン・モーリー、「今日限りの命」のフランチョット・トーンを始め、「快走艇」「ミイラ再生」のアーサー・バイロン、「ブロンド・ヴィナス」「母」のディッキー・ムーア、「蒼白い瞼」「コンゴ」のC・ヘンリー・ゴードン及びジーン・パーカー、「人類の戦士」のデイヴィッド・ランドー等が出演している。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
ウォルター・ヒューストン カレン・モーリー フランチョット・トーン アーサー・バイロン

暗黒街の顔役(1932)

  • 1933年3月13日(月)公開
  • 出演(Poppy 役)

ニューヨークの劇団に於いて名優の一人として知られているポール・ムニ主演で「タイガー・シャーク」「群集の喚呼」と同じくハワード・ホークスが監督し「暗黒街」「河宿の夜」の作者ベン・ヘクトが、アーミテージ・トレイルの原作を基に脚色。助演は「毎夜来る女」「闇に踊る(1932)」のジョージ・ラフト、「群集の喚呼」のアン・ヴォーザーク、「アルセーヌ・ルパン」「インスピレーション」のカレン・モーリー、「心を汚されし女」のオスグッド・パーキンス、「マタ・ハリ」のC・ヘンリー・ゴードン、「フランケンシュタイン(1931)」のボリス・カーロフ。撮影には「上海特急」「間諜X27」のリー・ガームスがL・ウィリアム・オコンネルと協力して当たった。ちなみに本映画は「地獄の天使(1930)」と同じくハワード・ヒューズ提供によるもので、監督には前記ホークスを助けてリチャード・ロッソンも力を貸している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ポール・ムニ アン・ヴォーザーク カレン・モーリー オスグッド・パーキンス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カレン・モーリー