映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・エメット・マック

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1930年 まで合計10映画作品)

1930年

戦争へ行くデス

  • 1930年当年公開
  • 原作、出演(Amos_Crow 役)

「楽屋行進曲」と同じくチャールズ・エメット・マック、ジョージ・モーラン二人組の主演する映画でストーリーもマック自信が組み立てたものである。それをヘクター・ターンブルが改作し、ロイド・コリガンが映画劇にまとめ上げ、ウォルター・ウィームスが台詞を付し、「七日間の休暇」「愛する権利(1930)」のリチャード・ウォーレスが監督に当り、「快走王」「海上ジャズ大学」のアレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は「喝采」「乗合馬車」のジョーン・ビアース、「暁の偵察」のニール・ハミルトン、ウォルター・ウィームス等である。

監督
リチャード・ウォーレス
出演キャスト
チャールズ・エメット・マック ジョージ・モーラン ジョーン・ピアース ニール・ハミルトン
1929年

楽屋行進曲

  • 1929年当年公開
  • 出演(Charrlie 役)

米国で有名な二人組の寄席芸人チャールズ・エメット・マック氏とジョージ・モラン氏とが主演する全発声映画でオタヴァス・ローイ・コーン氏が書卸した原作をヘクター・ターンブル氏が改作し、「ブロードウェイ(1929)」の原作者でパ社東部撮影所で短編発声映画の監督をしていたジョージ・アボット氏が脚色並びに監督したもの。助演者は「女性の罠」「ブロードウェイ(1929)」のイヴリン・ブレント嬢、「恋愛行進曲」「君恋し」のハリー・グリーン氏で、フリーマン・ウッド氏、ヘレン・リンチ嬢、バート・スワー氏等も出演している。撮影は「恋愛行進曲」「踊る人生」のジェー・ローイ・ハント氏が担任した。

出演キャスト
チャールズ・エメット・マック ジョージ・モーラン イヴリン・ブレント ハリー・グリーン
1927年

決死隊

  • 1927年当年公開
  • 出演(Bert_Graham 役)

故セオドア・ルーズヴェルトの事蹟を映画化したもので、ルーズヴェルトの伝記者ハーマン・ヘージドーン氏が見聞した事実に基づいて書き卸した物語をジョン・グツドリッチ氏が脚色し、「人罠」「卑怯者」等と同じくヴイクター・フレミング氏が監督した。ルーズヴェルトには故人に酷似したフランク・ホツパー氏が選ばれて扮し、「戦艦くろかね号」「海馬」等出演のジョージ・バンクロフト氏、「ポー・ジェスト(1927)」「夜会服」等出演のノア・ビアリー氏、「戦艦くろかね号」出演のチャールズ・フアーレル氏、「世界の女」出演のチャールズ・エメット・マック氏及び「最後の栄冠」「ドン・ファン(1926)」等出演のメエリー・アスター嬢が共演するほかフレッド・コーラー氏も出演している。

出演キャスト
フランク・ホッパー チャールズ・ファーレル チャールズ・エメット・マック メアリー・アスター

人肉の桑港

  • 1927年当年公開
  • 出演(Terrence_O'Shaughnessy 役)

「テンダーロイン」「ノアの箱船」のドロレス・コステロ嬢主演映画で、「ノアの箱船」と同じくダリル・フランシス・ザナック氏が原作し、アンソニー・コールドウェイ氏が脚色したものを、「クラック将軍」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアラン・クロスランド氏が監督し、「テンダーロイン」「ブロードウェイ(1929)」のハル・モーア氏が撮影した。助演者は「支那街の夜」「ジャズ・シンガー(1927)」のワーナー・オーランド氏、「悪魔の曲馬団」「決死隊」の故チャールズ・エメット・マック氏、「ノアの箱船」のジョセフ・スウィッカード氏、「海のロマンス」の上山草人氏、「ピカデリー」のアンナ・メイ・ウォン嬢、ジョン・ミルジャン氏、ウィリアム・デマレスト氏、アンダース・ランドルフ等である。

監督
アラン・クロスランド
出演キャスト
ドロレス・コステロ ワーナー・オーランド チャールズ・エメット・マック ジョセフ・スウィッカード
1926年

悪魔の曲馬団

  • 1926年当年公開
  • 出演(Carl 役)

デンマーク映画界にあって令名高かったベンジャミン・クリステンセン氏の渡米第1回作品で、氏自ら原作脚色監督したもの。主演俳優は「殴られる彼奴」「夜の女」等出演のノーマ・シアラー嬢と「決死隊」「世界の女」等出演のチャールズ・エメット・マック・マック氏及びユニヴァーサル社青島映画で御馴染みのカーメル・マイアース嬢、ジョン・ミルジャン氏、クレア・マックドウエル嬢、ジョイス・コード嬢等が助演している。

監督
ベンジャミン・クリステンセン
出演キャスト
ノーマ・シアラー チャールズ・エメット・マック カーメル・マイヤース ジョン・ミルジャン

一兵卒の死

  • 1926年当年公開
  • 出演(Fred_Williams 役)

「悪魔(1928)」「燃ゆる愛歌」の監督者レノード・ホフマン氏が監督製作した映画で、「イバニエズの激流」「明眸罪あり」等の脚色者ドロシー・ファーナム女史原案のテーマによってジェームズ・J・タイナン氏が物語を組み立て、「大飛行艦隊」「キートンの結婚狂」のE・リチャード・スケイヤー氏が脚本化した。主役は「肉に餓えたる野獣」「決死隊」等に出演した故チャールズ・エメット・マック氏が勤め、「最後の戦線」「鉄仮面」のマーゲリット・ド・ラ・モット嬢が相手役で、「言論の自由」「黒旋風」のヘンリー・B・ウォルソール氏、「黄金の世界へ」のジョージ・クーパー氏、エセル・ウェールス嬢、クレア・マクドウェル嬢、シド・クロスリー氏等が助演している。キャメラは「アリバイ」「地獄船」のレイ・ジューン氏が担当した。

監督
レノード・ホフマン
出演キャスト
チャールズ・エメット・マック マーゲリット・ド・ラ・モット ヘンリー・B・ウォルソール クレア・マクドウェル
1925年

深夜の怪船

  • 1925年当年公開
  • 出演(Eli_Stubbs 役)

ヘンリー・マッカーティー氏が自作の台本により監督したもので、主役は「烈風豪雨の夜」「本町通り」等出演のロバート・ゴードン氏で「さすらいの人々」等出演のトム・サンチ氏を始めメアリー・カー夫人、マーガレットフィールディング嬢等が助演している。

監督
ヘンリー・マッカーティー
出演キャスト
ロバート・ゴードン メアリー・カー マーガレット・フィールディング トム・サンチ

世界の女

  • 1925年当年公開
  • 出演(Gareth_Johns 役)

カール・ヴァン・ベェヒテン氏作の小説「刺青された伯爵夫人」を映画化したものでピエール・コリングス氏が脚色し、「三日伯爵」「姫君と給仕」等と同じくマルコム・セント・クレア氏が監督し「スエズの東」「嘆きの白薔薇」等主演のポーラ・ネグリ嬢、助けて「漂泊い人」等出演のホームズ・ハーバート氏、「アメリカ」出演のチャールズ・エメット・マック氏、「三日伯爵」出演のチェスター・コンクリン氏等が出演するほか、ブランシュ・メハフィー嬢、ガイ・オリヴァー氏、ドット・ファーレイ嬢、ルシル・ワード嬢も助演している。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
ポーラ・ネグリ チャールズ・エメット・マック ホームズ・ハーバート ブランシュ・メハフィー
1924年

アメリカ(1924)

  • 1924年当年公開
  • 出演(Charles_Philop_Edward_Montague 役)

ロバート・W・チェンバースの小説を基として製作されたグリフィスの愛国映画である。主役は「ホワイト・ローズ」のニール・ハミルトンと「恐怖の一夜(1922)」「ホワイト・ローズ」のキャロル・デンプスター。「俺が犯人だ!(1924)」「目醒めよ女性」のライオネル・バリモアも出演している。その他チャールズ・エメット・マック、ルイス・ウォルハイムなどが助演している。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
ニール・ハミルトン アーヴィル・アルダーソン キャロル・デンプスター チャールズ・エメット・マック
1921年

夢の街

  • 1921年当年公開
  • 出演(Billie_McFadden 役)

「散り行く花」の原作者トーマス・バークの小品なる「支那街のジナ」Gina of Chinatownおよび「ラムプの信号」The Sign of the Lampの2つを基として、ローイ・シンクレアーが脚色し、ローズ・スミス、ジェームズ・スミスが撮影台本を作り、D・W・グリフィスが自ら監督して製作した映画で、主役は「勇士の血」「愛の花」など出演のカロール・デムスターである。撮影技師はピッツァーではなくて、ヘンドリック・サルトフである。

監督
D・W・グリフィス
出演キャスト
キャロル・デンプスター W. J. Ferguson ラルフ・グレイヴス チャールズ・エメット・マック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・エメット・マック