映画-Movie Walker > 人物を探す > ペギー・カートライト

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1932年 まで合計6映画作品)

1932年

蒼い幻想

  • 1932年公開
  • 出演(Greta 役)

「モンテ・カルロ」に出演したジャック・ブキャナンが主演する音楽映画で、かつて「デカメロン夜話」「ネル・ギン」を監督したハーバート・ウィルコックスが監督に当った。原作はホルト・マーヴェルとジョージ・ポスフォードが共同している。作曲もポスフォードである。相手役は新進のアンナ・ニーグルが勤め、ジョイス・ブランド、クライヴ・カリーのほかウィルコックス作品にはお馴染みの俳優連が数名助演している。

監督
ハーバート・ウィルコックス
出演キャスト
ジャック・ブキャナン クライヴ・カリー アンナ・ニーグル ウィリアム・ケンドール
1926年

アイアン・ホース

  • 1926年2月5日公開
  • 出演(Miriam_Marsh 役)

1860年代におけるアメリカ横断鉄道敷設の困難を描いた映画でチャールズ・ケニオン氏とジョン・ラッセル氏とが原作を書き「森の鍛冶屋」「オーロラの彼方へ」等同じくジョン・フォード氏が監督した。主役は「戦禍」等出演のマッジ・ベラミー嬢を始め、シリル・チャドウィック氏、グラディス・ヒューレット嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏等が助演している。(十二巻)

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ウィンストン・ミラー ペギー・カートライト チャールズ・エドワード・ブル ジェームズ・ゴードン
1923年

女性の輝き

  • 1923年公開
  • 出演(Clorinda age6 役)

「人生の焔」「小公子」等の原作者、イギリスの閨秀作家フランセス・ホジスン・バーネットの小説に基づき、マリオン・フェアファックスが脚色し、「人生の焔」「危険なる処女時代」同様ホバート・ヘンリーが監督したもの。主役は「嵐」主演のヴァージニア・ヴァリで、ミルトン・シルスもこれにも出演する。イギリスの17世紀の物語で、この頃流行の衣裳劇のひとつである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ヴァージニア・ヴァリ ライオネル・ベルモア マーガレット・セドン ペギー・カートライト
1922年

最後の一撃

  • 1922年公開
  • 出演(Sally_Harper 役)、出演(Mrs. Harper 役)

リート・レニック・ブラウンの原作を、チャールズ・サーヴァーが脚色し、「物言わぬ北国より」などと同じくウィリアム・ウォーシントンの監督によったもの。主役はフランク・メイオで、相手役に「男対男(1922)」「黄金の洪水」などに出演のリリアン・リッチが出演する。

監督
ウィリアム・ウォーシントン
出演キャスト
フランク・メイオ リリアン・リッチ ペギー・カートライト リディア・ノット
1920年

空中楼閣

  • 1920年公開
  • 出演(Beatrice 役)

ユージーン・ウォルター氏原作の「最も容易き道」The Easiest Wayをルイズ・ジョセフ・ヴァンス氏が脚色し、「ピカデリー・ジム」等の監督者ウェズリー・ラッグルズ氏が監督した社界劇。ルイズ・グローム嬢出演のパーカー・リード映画で連合製作家会社から発売された映画である。対手はジェームズ・カークウッド氏とジョセフ・キルゴアー氏。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ルイズ・グローム ジェームズ・カークウッド ジョセフ・キルゴアー ペギー・カートライト

第三代目

  • 1920年公開
  • 出演(Nancy_Jane 役)

第一代は実業を立派に建設するが第三代に至って怠惰に流れ歓楽を追って財産を蕩盡する事が多い。と云う事実を捕えて「グローリア譚」に主演したヘンリー・コルカー氏が原作及監督して完成した社界劇で、「鐡の手袋」「懐かしのケンタッキー(1919)」其他ピックフォード映画の数々に出演したマーロン・ハミルトン氏と、「戦線に立ちて」「白銀の群」に出演のベティー・ブライス嬢が共演に成ったものである。

監督
ヘンリー・コルカー
出演キャスト
マーロン・ハミルトン ベティ・ブライス ペギー・カートライト Herbert Jones
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ペギー・カートライト