映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・C・ウィルソン

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1937年 まで合計10映画作品)

1937年

悪魔の影(1937)

  • 1937年当年公開
  • 出演(Dan_Healy 役)

「潜水艦SOS」「悪魔の空襲」のリチャード・ディックスが主演する映画で、リー・ローブとハロルド・バックマンが合作しジョー・ミルウォードとリチャーソ・ブレイクが協力脚色し、「人間改造」「ダンテの地獄篇(1935)」のハリー・ラックマンが監督し、「からくり令嬢」のアレン・G・シーグラーが撮影したものである。助演は「からくり令嬢」のジョーン・ペリーを筆頭に、「片道切符」のナナ・ブライアント、小劇場マスカース座の主役俳優だったフランク・C・ウイルスン「幸福は空から」のエライシャ・クック・ジュニア、新顔のイアン・ウォルフ、「科学者の道」のウォルター・キングスフォード、「女学生大行進」のヘンリー・コルカー等の面々である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
リチャード・ディックス ジョーン・ペリー ナナ・ブライアント フランク・C・ウイルスン
1936年

ギャングの子

  • 1936年当年公開
  • 出演(Warden 役)

「さらば海軍兵学校」のサー・ガイ・スタンディングおよびトム・ブラウンと「結婚十分前」のフランセス・ドレイクとが主要な役を勤める映画で、H・H・ヴァン・ローンとウィラード・マック合作の舞台劇をジョージ・オニールが脚色し、「仇敵」「超スピード時代」のエドウィン・L・マリンが監督。「偽者紳士」のアイラ・モーガンが撮影したもの。助演者は「薔薇はなぜ紅い」のジャネット・ビーチャー「情無用ッ」のロバート・グレックラー、ヘレン・ロウェル等である。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
サー・ガイ・スタンディング フランセス・ドレイク トム・ブラウン ジャネット・ビーチャー
1935年

命の雑踏

  • 1935年当年公開
  • 出演(Taft 役)

「餓ゆるアメリカ」「つばさの天使」のリチャード・バーセルメスが主役を演じる映画で、「世界一の金持ち娘」を原作脚色したノーマン・クラスナが自作の舞台劇「小さい奇跡」を自ら映画脚色し、「絢爛たる殺人」「明日なき抱擁」のミッチェル・ライゼンが監督に当たり「女は要らねえ」「キャラバン」のテオドル・アウパークールが撮影した。バーセルメスを囲って「かぼちゃ太夫」のジョー・モスリン、「銀鼠流線型」のガートルード・マイケル、「ボクは芸人」のヘレン・マック、「輝ける百合」のレイ・ミランド、「これがアメリカ艦隊」のドロシー・ツリー、「ウィーンの再会」のヘンリー・トラヴァース、「盲目の飛行士」のロスコー・カーンス、「男の世界」のノエル・マディソン、チャールズ・C・ウィルソン等が出演している。なお本邦上映の分はウェスタンイレクトリック録音の日本語ダビング版である。

監督
ミッチェル・ライゼン
出演キャスト
リチャード・バーセルメス ジョー・モリソン ガートルード・マイケル ヘレン・マック

ガラスの鍵(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Farr 役)

「ルムバ」「ボレロ」のジョージ・ラフトが主演する映画で、「影無き男(1934)」のダシール・ハメット作の小説に基づき「流行の王様」のキャスリン・スコラと「ボレロ」のキュベック・グラスモンが協力して脚色し、「ローマ太平記」「わが胸は高鳴る」のフランク・タトルが監督に当たり、「風の接吻」「かぼちゃ大当たり」のヘンリー・シャープが撮影したもの。助演者は「三日姫君」「ダイヤモンド・ジム」のエドワード・アーノルドを始め、「夫の日記」のクレア・ドッド、「輝ける百合」のレイ・ミランド、新進ロザリンド・キース、「地下街」のロバート・グレックラー、チャールズ・リッチマン、グィン・ウィリアムス等の面々である。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
ジョージ・ラフト エドワード・アーノルド クレア・ドッド ロザリンド・キース

殺人ホテル

  • 1935年当年公開
  • 出演(Anthony_Wilson 役)

「男の魂(1935)」「女は要らねえ」と同じくエドモンド・ロウとヴィクター・マクラグレンとが主演する映画で、原作をヴィンセント・スターレット作の探偵小説「殺人の処方箋」に取り、「ママはパパが好き」のアーサー・コーバーが脚色、「荒馬スモーキィ」のユージーン・フォードが監督、「フープラ」「歓呼の嵐」のアーネスト・パーマーが撮影した。助演者は英国の舞台から米国に逆戻りしたローズメリー・エイムス、「地下街」「旅鴉子供連れ」のメアリー・カーライル、「死の本塁打」のC・ヘンリー・オニール、「彼女の家出」ジョン・クェーレン、「僕はカウボーイ」のジョン・レイ、昔鳴らしたマッジ・ベラミー等である。

監督
ユージーン・フォード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ヴィクター・マクラグレン ローズメリー・エイムス メアリー・カーライル

深夜の大都会

  • 1935年当年公開
  • 出演(Detevtive 役)

「マンハッタン夜話」「オペラ・ハット」のジーン・アーサーと「百万弗ル小僧」のジョージ・マーフィーが主役を勤める映画で、「黒潮に鳴る心」のエセル・ヒルと「悪魔の空襲」のライオネル・ハウザーとが協力書き下ろし、「無法地獄」「悪魔の空襲」のアール・C・ケントンが監督に当たり、「マンハッタン夜話」のヘンリー・フロイリッヒが撮影した。助演者は「罪と罰」のダグラス・ダンブリル、「悪魔の空襲」のジョージ・マッケイ、「魔のボンベイ特急」のシャーリイ・グレイ、ヴィクター・キリアン、ロバート・ミドルマス、ブラッドリー・ペイジ等である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ジーン・アーサー ジョージ・マーフィー ダグラス・ダンブリル ジョージ・マッケイ

情無用ッ

  • 1935年当年公開
  • 出演(Clifford 役)

ダリル・F・ザナック作品で、「東への道」「模倣の人生」のロチェル・ハドソンを筆頭に、「西班牙狂想曲」のシーザ・ロメロ、「暗黒街全滅」のブルース・キャボット、新顔のエドワード・ノリスが共演する。原作は「民衆の敵」と同じくキュベック・グラスモンが書き卸し、「ムーラン・ルージュ」のヘンリー・レーアマンが潤色、グラスモンが台本を作り、「水兵万歳」「聖林365夜」のジョージ・マーシャルが監督に当たり、「恋のページェント」のバート・グレノンが撮影した。助演は「浮かれ姫君」のエドワード・プロフィー、「輝ける百合」のウォーレン・ハイマー、フランク・コンロイ等である。

監督
ジョージ・マーシャル
出演キャスト
ロチェル・ハドソン セザール・ロメロ ブルース・キャボット エドワード・ノリス
1934年

或る夜の出来事(1934)

  • 1934年当年公開
  • 出演(Gordon 役)

「一日だけの淑女」と同じくスタッフ、監督フランク・キャプラ、脚色ロバート・リスキン、撮影ジョセフ・ウォーカー、に余って製作されたサミュエル・ホプキンス・アダムスの原作を映画化したもの。主役は「夜間飛行」「紅塵」のクラーク・ゲーブルと「ブルースを唄う女」「恐怖の四人」のクローデット・コルベールで、共演に「一日だけの淑女」のウォルター・コノリー、「紅蘭」のジェームスン・トーマス、「海の荒鷲(1933)」のアラン・ヘイル等。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
クラーク・ゲーブル クローデット・コルベール ウォルター・コノリー ジェームスン・トーマス

その夜の真心

  • 1934年当年公開
  • 出演(Collins 役)

「一日だけの淑女」「或る夜の出来事」に次ぐフランク・キャプラ作品で、マーク・ヘリンジャー作の大衆小説を素材として、右二映画と同じくロバート・リスキン脚色、キャプラ監督、ジョゼフ・ウォーカー撮影になったもの。主演は「四十二番街」「宿命の窓」のワーナー・バクスターと「白衣の騎士」「宿命の窓」のマーナ・ローイで、「或る夜の出来事」「特急二十世紀」のウォルター・コノリー、「力と栄光」「笑う巨人」のヘレン・ヴィンソン、「ベンガルの槍騎兵」のダグラス・ダンブリル「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「可愛いマーカちゃん」のリン・オヴァーマン、「競馬天国」のクラレンス・ミューズ等が助演する。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ワーナー・バクスター マーナ・ローイ ウォルター・コノリー ヘレン・ヴィンソン
1928年

ラッキー・ボーイ

  • 1928年当年公開
  • 監督

「珍雄凱旋」で我国に紹介された舞台の人気者ジョージ・ジェッセル氏の主演する映画で、ヴァイオラ・ブラザーズ・ショーア女史の原作にヒントを得て「田舎娘」のノーマン・タウログ氏とチャールズ・シー・ウィルスン氏とが監督したものである。ジョッセル氏の相手役は「ニューヨーク」「瞳を刺す足」出演のマーガレット・クィンビー嬢であるが、そのほか「三人水兵恋行脚」のグェン・リー嬢、ウィリアム・ストラウス氏、ローザ・ロザノヴァ嬢、リチャード・タッカー氏、等も出演している。発声版の方は、パート・トーキーで、それに歌、擬音、伴奏がついている。この方ではジョッセル氏が得意の歌を聞かせるのである。

監督
ノーマン・タウログ チャールズ・C・ウィルソン
出演キャスト
ジョージ・ジェッセル ローザ・ロザノヴァ ウィリアム・ストラウス マーガレット・クィンビー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・C・ウィルソン