TOP > 映画監督・俳優を探す > 金井浩人

年代別 映画作品( 2018年 ~ 2020年 まで合計3映画作品)

2020年

海辺の映画館-キネマの玉手箱

『時をかける少女(1983)』などの名匠・大林宣彦監督が、故郷である尾道を舞台に、無声映画やトーキー、アクション、ミュージカルなど様々な映画表現を用いて描く戦争ドラマ。3人のメインキャストとそれぞれの運命のヒロインを、厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、成海璃子、山崎紘菜が演じるほか、常盤貴子、武田鉄矢、稲垣吾郎、浅野忠信、満島真之介ら豪華キャストが参加する。

監督
大林宣彦
出演キャスト
厚木拓郎 細山田隆人 細田善彦 吉田玲
2019年

嵐電

  • 2019年5月24日(金)
  • 出演(吉田譜雨 役)

京都市内を走る京福電気鉄道嵐山線、通称“嵐電”を舞台に、三組の男女の姿を綴った物語。鎌倉から来たノンフィクション作家・平岡衛星は、嵐電にまつわる不思議な話の取材を開始。一方、修学旅行の女子学生・北門南天は、地元の少年・有村子午線に恋をする。出演は「止められるか、俺たちを」の井浦新、「菊とギロチン」の大西礼芳。監督は「ゾンからのメッセージ」の鈴木卓爾。

監督
鈴木卓爾
出演キャスト
井浦新 大西礼芳 安部聡子 金井浩人
2018年

きらきら眼鏡

  • 2018年9月15日(土)
  • 出演(立花明海 役)

森沢明夫の同名小説を映画化。恋人の死を乗り越えられずにいる明海は、一冊の古本がきっかけでいつも前向きなあかねと出会う。見たものを輝かせる“きらきら眼鏡”を掛けているというあかねだが、彼女も余命宣告を受けた恋人と向き合う辛い現実を抱えていた。監督は、「つむぐもの」の犬童一利。出演は、「この空の花 長岡花火物語」の金井浩人、「そこのみにて光輝く」の池脇千鶴、「GONIN サーガ」の安藤政信、ドラマ『半分、青い。』の古畑星夏、「覆面系ノイズ」の杉野遥亮、「万引き家族」の片山萌美。第21回上海国際映画祭正式出品作品。

監督
犬童一利
出演キャスト
金井浩人 池脇千鶴 安藤政信 古畑星夏

関連ニュース

安藤政信、「申し訳ありません」と謝罪に始まり熱弁止まらず!
“安藤政信劇場”の開幕に会場爆笑!「池脇千鶴の芝居が大好き」と愛の告白も 9月15日 15:45

森沢明夫の同名小説を映画化した『きらきら眼鏡』の初日舞台挨拶が9月15日に有楽町スバル座で開催され、金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、犬童一利監督が登壇。安藤がエピソードトークを次々と繰り出して、会場を“安藤政信劇場”といっ…

新人・金井浩人、先輩の池脇千鶴&安藤政信に感謝!
新人・金井浩人、安藤政信の自由すぎるトークに「もっとストイックな感じの人かと…」と笑顔! 9月7日 13:50

森沢明夫の同名小説を映画化した『きらきら眼鏡』の先行公開初日舞台挨拶が9月7日にTOHOシネマズららぽーと船橋で開催され、金井浩人、池脇千鶴、安藤政信、古畑星夏、杉野遥亮、片山萌美、犬童一利監督、原作者の森沢明夫が登壇。…

金井浩人の関連人物

大西礼芳  福本純里  石田健太  窪瀬環  長内映里香 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/30更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 金井浩人

ムービーウォーカー 上へ戻る