映画-Movie Walker > 人物を探す > アレン・G・シーグラー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1939年 まで合計30映画作品)

1939年

真紅の森

  • 1939年当年公開
  • 撮影

「平原児」「北半球SOS」のチャールズ・ビックフォードと「幽霊西へ行く」「テキサス決死隊(1936)」のジーン・パーカーが主演するもので、ジャック・ロンドンの原作をマイケル・シモンズが脚色し「医者の日記」「死の警告」のチャールズ・ヴィダーが監督、アレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は新顔のゴードン・オリヴァーを始め、パット・オマリー、アラン・ブリッジ、アン・シューメイカー、ロイド・ヒューズ等である。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
チャールス・ビックフォード ジーン・パーカー ゴードン・オリヴァー アラン・ブリッジ
1938年

結婚の断層

  • 1938年当年公開
  • 撮影

「風の接吻」ノラニー・ロス、「大学3人男」のグロリア・スチュアート及びジョーン・マシューが主演する映画で「奥さんは嘘つき」のグラディス・レーマンと「化石の森」のアール・C・ケントンが監督し、アレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は「街道巡羅隊」のロバート・ペイジ、ピエール・ワトキンその他である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ラニー・ロス グロリア・スチュアート ジョーン・マーシュ Roy Benson
1937年

悪魔の影(1937)

  • 1937年当年公開
  • 撮影

「潜水艦SOS」「悪魔の空襲」のリチャード・ディックスが主演する映画で、リー・ローブとハロルド・バックマンが合作しジョー・ミルウォードとリチャーソ・ブレイクが協力脚色し、「人間改造」「ダンテの地獄篇(1935)」のハリー・ラックマンが監督し、「からくり令嬢」のアレン・G・シーグラーが撮影したものである。助演は「からくり令嬢」のジョーン・ペリーを筆頭に、「片道切符」のナナ・ブライアント、小劇場マスカース座の主役俳優だったフランク・C・ウイルスン「幸福は空から」のエライシャ・クック・ジュニア、新顔のイアン・ウォルフ、「科学者の道」のウォルター・キングスフォード、「女学生大行進」のヘンリー・コルカー等の面々である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
リチャード・ディックス ジョーン・ペリー ナナ・ブライアント フランク・C・ウイルスン

河床の毒蛾

  • 1937年当年公開
  • 撮影

「ガラスの鍵」「さらば海軍兵学校」のロサリンド・キースと新人アレン・ブルックが主演する映画で、「闇夜の台風」「からくり令嬢」のD・ロス・レダーマンが監督に当たった。脚本は「悪魔島脱出」のフレッド・ニブロ・ジュニアがグレイス・ネヴィルと協力して書いている。助演者は「闇夜の台風」のマーク・ローレンス、新顔のリチャード・テリー、「男の敵」のJ・M・ケリガン「家族一連隊」のジョージ・アーネスト、アーサー・ロフト、ジョセフ・ソーヤー等で撮影は「からくり令嬢」のアレン・G・シーグラーの担当である。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ロザリンド・キース アレン・ブルック マーク・ローレンス リチャード・テリー

酔いどれリズム

  • 1937年当年公開
  • 撮影

「結婚気象台」のラルフ・ベラミー「有頂天時代」のベティー・ファーネス、「嵐の翼」のロバート・アームストロングおよび「たくましき男」のレイモンド・ウォルバーンが主要なる役を勤める映画で「悪魔の影」を協同執筆したリー・ローブとハロルド・バックマンが協力して脚本を書き下ろし、「歓呼の嵐」「渦巻く妖術」のハミルトン・マクファッデンが監督に当たり、「悪魔の影」のアレン・G・シーグラーが撮影したものである。助演は「ある父の横顔」のサーストン・ホール「僕の脱走記」のエドワード・ポーレー、ウェード・ボトラー等である。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ラルフ・ベラミー ベティ・ファーネス ロバート・アームストロング レイモンド・ウォルバーン
1936年

からくり令嬢

  • 1936年当年公開
  • 撮影

「武装せる市街」「ギャング戦線」のラルフ・ベラミーと新人ジョーン・ペリーとが主演する映画で、ハロルド・シューメイトの原作をトム・ヴァン・ダイクが脚色し、「ギャング戦線」「百発百中の男」のD・ロス・レダーマンが監督した。助演者は「オペラ・ハット」「意気な紐育っ子」のダグラス・ダンブリル、ジョージ・マッケイ、ジーン・モーガン、等。キャメラはアレン・G・シーグラーが担当した。

監督
D・ロス・レダーマン
出演キャスト
ラルフ・ベラミー ジョーン・ペリー ダグラス・ダンブリル ジョージ・マッケイ

殺人電波

  • 1936年当年公開
  • 撮影

「摩天楼の怪火」のアン・サザーン、「片道切符」のロイド・ノーラン、「オペラ・ハット」のダグラス・ダンブリル、「海行かば(1935)」のジョン・アーレッジが共演する映画で、「悪魔島脱出」のアルバート・S・ロージェルが監督に当った。原作はヘンリー・ウェールスとフェルディナンド・ライハーが書き、フレッド・ニブロ・ジュニアと協力してライヤーが脚色したもの。撮影は「猛火の血闘」のアレン・G・シーグラーの担任である。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
アン・サザーン ロイド・ノーラン ダグラス・ダンブリル ジョン・アーレッジ

低空爆撃

  • 1936年当年公開
  • 撮影

「世界一の金持ち娘」「バワリイ」のフェイ・レイと「春を手さぐる」「八点鐘」のラルフ・ベラミーが主演する映画で、「悪魔島脱出」「空の殺人光線」のアルバート・S・ロージェルが監督したもの。原作はダイヤナ・バーボンとブルース・マニングが書き、フレッド・ニブロ・ジュニアとアール・スネルが協力脚色したもの。助演者は「歌の翼」のサーストン・ホール、「三角の月」のエドワード・ガーガン、ロジャー・イムホフ、駒井哲等で撮影は「殺人電波」のアレン・G・シーグラー。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
フェイ・レイ ラルフ・ベラミー サーストン・ホール エドワード・ガーガン
1935年

カーニバル

  • 1935年当年公開
  • 撮影

「失恋相談欄」「爆弾の頬紅」のリー・トレイシーと「冷蔵庫の赤ん坊」「水兵上陸」のサリー・アイラースとが「鈍感パルーカ」「乾杯の唄」のジミー・デューラントと共演する映画で、「或る夜の出来事」「その夜の真心」を書いたロバート・リスキンのオリジナル・ストーリー並びに脚色を「激浪」「紅蘭」と同じくウォルター・ラングが監督映画化した。助演者は当年4才のディッキー・ウォルタース、フローレンス・ライス、フレッド・ケルシー、トーマス・ジャクソン等である。撮影は「駄法螺男爵」のアル・シーグラーの担任。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
リー・トレイシー サリー・アイラース ジミー・デューラント ディッキー・ウォルタース

古城の扉

  • 1935年当年公開
  • 撮影

「フランケンシュタインの花嫁」「月光石」のボリス・カーロフが主演する映画で、アーサー・ストローンが書き下ろした物語を「頓珍外交ゼネバ行」のヘンリー・マイヤースが作者ストローンと協力して脚色し、「九番目の客」「十三日の殺人」のロイ・ウィリアム・ニールが監督に当たり、アル・シーグラーが撮影したものである。助演者は「スポーツ・パレード」「処女読本(1932)」のマリアン・マーシュ、「奇傑パンチョ」「十字軍」のキャサリン・デミル、「歌の翼」「空の殺人光線」のロバート・アレン、「歌の翼」のサーストン・ホール、「八点鐘」のジョン・バックラー、「恋のセレナーデ」のヘンリー・コルカー、「絢爛たる殺人」のコリン・タップリーその他である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ボリス・カーロフ マリアン・マーシュ ロバート・アレン サーストン・ホール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アレン・G・シーグラー