映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ホール

年代別 映画作品( 1924年 ~ 2003年 まで合計37映画作品)

2003年

チャップリンの殺人狂時代

  • 2003年7月19日(土)公開
  • 出演(Rental_Agent 役)

原案はオーソン・ウェルズ「第三の男」のサジェストである。撮影はローランド・トセロー。助演に『ワイキキの結婚』のマーサ・レイ、マリリン・ナッシュ、マディー・コレル、イゾベル・エルソム、チャールズ・エヴァンスほか。戦後初の作品となる本作はそれまでのコミカルな色が薄れ、反戦思想を打ち出している。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン マディー・コレル アリソン・ロダン ロバート・ルイス
1951年

拳銃の誓い

  • 1951年9月4日公開
  • 出演(Sheriff 役)

ロイ・チャンスラー「Uボート撃滅」の書き下ろしシナリオをレイ・テイラー「決闘の断崖」が監督した1947年度西部活劇で製作はハワード・ウェルシュ。撮影はヴァージル・ミラー「レッドスタリオン 荒原の凱歌」、音楽はポール・ソーテル「拳銃街道」が担当する。「荒鷲戦隊」のジョン・ホール、「若草の歌」のマーガレット・リンゼイを中心に、オペラ歌手出身のポーラ・ドリュウ、アンディ・デヴァイン「駅馬車(1939)」、ジョナサン・ヘイル「賭博の町」、アーサア・ホール「夜霧の港」らが共演する。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
ジョン・ホール マーガレット・リンゼイ ポーラ・ドリュウ ロバート・ウイルコックス
1947年

夜霧の港

  • 1947年2月公開
  • 出演(Hotel_Clerk 役)

「スキピイ」「百万円貰ったら」「目撃者」のウィラード・ロバートソンの原作を小説家ジョン・オハラが脚色し、「化石の森」のアーチー・L・メイヨが監督した。撮影は「ターザンの復讐」その他M・G・M作品を手がけたチャルス・クラークの担当フランス映画「望郷」「我等の仲間」などのジャン・ギャバンが渡米して主演し、助演には「生きている死骸」のアイダ・ルピノ、「肉体と幻想」「運命の饗宴」のトーマス・ミッチェル「情熱なき犯罪」のクロード・レインズらがでている。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジャン・ギャバン アイダ・ルピノ クロード・レインズ ジェローム・コウアン
1946年

感激の町

  • 1946年12月公開
  • 出演(Guas 役)

この映画はかつて好評を受けた「少年の町」の続編として製作されたM・G・M差41年度作品である。監督は前編と同じくノーマン・タウログ。彼は1930年に児童映画「スキピイ」により同年のアカデミイ監督賞を受けている。その他「スーキー」「王様ごっこ」等と児童を描いては第一人者である。原作はM・G・Mの「ターザンの復讐」「支那海」等の脚色者ジェームズ・ケヴィン・マッギネスの書きおろし脚本で、撮影は「幽霊西へ行く」「沙漠の花園」などのハロルド・ロッソン。主演は前作と同じくスペンサー・トレイシー、ミッキー・ルーニーが当たる。その他「科学者の道」のヘンリー・オニール、「大自然の凱歌」のメアリー・ナッシュ、監督者だったロイド・コリガン、昨年度の「ナショナル・ベルベット」でアカデミイ助演賞を受けた「追憶(1941)」「王国の鍵」のアン・リヴエア等が出演している。

監督
ノーマン・タウログ
出演キャスト
スペンサー・トレイシー ミッキー・ルーニー ボブス・ワトスン Larry Nunn
1942年

激闘(1942)

  • 1942年公開
  • 出演(Captain_Greenough 役)

「剃刀の刄」と同じくタイロン・パーワーとジーン・ティアニーが主演する映画で1942年作品。エディソン・マーシャル作の小説を「ボストン物語」のフイリップ・ダンが脚色、「アンナとシャム王」と同じくジョン・クロムウェル監督、アーサー・ミラー撮影、アルフレッド・ニューマン音楽によって成りたつもので、助演者は「謎の下宿人」のジョージ・サンダース、「王国の鍵」のロディ・マクドウォール、「ラッキー・パートナー」のハリー・ダヴェンポート、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディン、フランセス・ファーマー、ケイ・ジョンソン、エルザ・ランチェスター、ダッドリー・ディグス等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
タイロン・パワー ジーン・ティアニー ジョージ・サンダース フランセス・ファーマー
1939年

恐喝(1939)

  • 1939年公開
  • 出演(Rawlins 役)

「最後のギャング」のエドワード・G・ロビンソン主演映画で、エンダー・ポーム、ドロシー・ヨースト合作、デイヴィッド・ヘルツ、ウィリアム・ルドウィグ脚色「カッスル夫妻」のH・C・ポッター監督、「噫初恋」のクライド・デ・ヴィナ撮影、「大都会」のルース・ハッシー、ジーン・ロックハート、ボブス・ワトスン助演。

監督
H・C・ポッター
出演キャスト
エドワード・G・ロビンソン ルース・ハッシー ジーン・ロックハート ボブス・ワトスン
1938年

誰が犯人だ?

  • 1938年公開
  • 出演(Finch 役)

「大地」「誘拐者」のウォルター・コノリー、「失はれた地平線」「情熱への反抗」のジョン・ハワード、「幽霊西へ行く」「テキサス決死隊(1936)」のジーン・パーカーが共演する映画で、1930ー31年度に製作された「光に叛く者」の再映画化である。マーティン・フレイヴィン作の舞台劇を「光に叛く者」と同じくシートン・I・ミラーとフレッドニブロ・ジュニアが共同脚色し「ある父の横顔」「青春女学生日記」のジョン・ブラームが監督に当り、「罪と罰」「クレイグの妻」のルシエン・バラードが撮影した。助演者は「海賊(1938)」「山の法律」のロバート・バラット、「ある父の横顔」のマーク・ローレンス、「奴隷船」のアーサー・ホール、ディック・カーティス、ポール・フィックス、マージョリー・メインその他である。

監督
ジョン・ブラーム
出演キャスト
ウォルター・コノリー ジョン・ハワード ジーン・パーカー ロバート・バラット

魔城脱走記

  • 1938年公開
  • 出演(Riach 役)

「我は海の子」「勝鬨」のフレディー・バーソロミュウと「奴隷船」「虎鮫島脱獄」のワーナー・バクスターが主演する映画で、ロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説の映画化である。脚色には「シカゴ」のソーニャ・レヴィーン、「勝鬨」「軍使」のアーネスト・パスカル、エリナー・ハリス、及びエドウィン・ブラムが協力し、「ロスチャイルド」「紳士ギャング」のアルフレッド・ワーカーが監督に当り、「この三人」「木に登る女」のグレッグ・トーランドが撮影した。助演者は無名より抜擢されたアーリーン・ホイーランドを始め、「ハリケーン(1937)」のC・オーブリー・スミス、「空駆ける恋」のレジナルド・オーウェン、「最後のギャング」のジョン・キャラディン、「都会の雷鳴」のナイジェル・ブルース、「奴隷船」のマイルス・マンダー、「13番目の椅子」のラルフ・フォーブス、アーサー・ホール、E・E・クライヴその他である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ワーナー・バクスター フレディー・バーソロミュー アーリーン・ウィラン C・オーブリー・スミス
1937年

悪漢の町

  • 1937年公開
  • 出演(Doc_Laramie 役)

「拾万ドル玉手箱」「悔悟」と同じくJ・ウォルター・ルーペン監督、クライド・デ・ヴィナ撮影によるウオーレス・ビアリー主演映画である。ストーリーはルーペンがプロデューサーのハリー・ラッフと協力執筆し、「戦友」と同じくシリル・ヒュームとリチャード・メイボームが共同脚色した。助演者は「春に背くもの」「踊るアメリカ船隊」のヴァージニア・ブルース、無名より抜擢されたデニス・オキーフ、「夕陽特急」のジョセフ・カレイア、「拾三番目の椅子(1937)」のルイス・ストーン、「山の法律」のガイ・キッビー、「モヒカン族の最後(1936)」のブルース・キャボット、「戦友」のクリフ・エドワーズ、「大都会」のグィン・ウィリアムスその他である。

監督
J・ウォルター・ルーベン
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー ヴァージニア・ブルース デニス・オキーフ ジョゼフ・キャレイア

奴隷船(1937)

  • 1937年公開
  • 出演(Grimes 役)

「密林の復讐」「永遠の戦場」のワーナー・バクスターと「ガルシアの伝令」「噫初恋」のウォーレス・ビアリーが主演する映画で、ウィリアム・フォークナーがジョージ・S・キング作の小説を改作し、「懐かしのケンタッキイ(1935)」のグラディス・レーマンがサム・ヘルマン及びラマー・トロッティと協力脚色し、「支那海」「恋は特ダネ」のテイ・ガーネットが監督に当たり、「恋は特ダネ」「二国旗の下で」のアーネスト・パーマーが撮影した。助演者は「嵐の三色旗」「女性の反逆」のエリザベス・アラン、「腕白時代」「我は海の子」のミッキー・ルーニー、「勝鬨」のジョージ・シルドクラウト、「八点鐘」のアーサー・ホール、ミナ・ゴンベル等である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ワーナー・バクスター ウォーレス・ビアリー エリザベス・アラン ミッキー・ルーニー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アーサー・ホール