TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・テナント

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計9映画作品)

1927年

花嫁歓迎

  • 1927年
  • 出演(The_Nurse 役)

ドロシー・ハウエル女史が書き下ろした物語によって「南京豆小僧」「天界の魔王」等と同じくウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督したもので主役は「恋慕やつれ」「卑怯者」等出演シャーリー・メイスン嬢と「恋は異なもの」「滅び行く民族」等出演のマルコム・マッグレガー氏で、フランシス・マクドナルド氏、バーバラ・テナント嬢、ジェームズ・ブラッドベリー・ジュニア氏等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
シャーリー・メイスン マルコム・マッグレガー フランセス・レイモンド フランシス・マクドナルド

悪魔の踊子

  • 1927年
  • 出演(Takla's_mother 役)

「ジャズの酒場」と同じく有名な踊子ギルダ・グレイ嬢の主演する映画で、ハリー・ハーヴェイ氏の書卸したストーリーを、アリス・D・G・ミラー女史が脚色し「椿姫(1927)」「明眸罪あり」と同じくフレッド・ニプロ氏が監督したギルダ・グレイ嬢ユナイト入社第1回作品である。相手役は「鉄條綱」「暗黒街」等出演のクライヴ・ブルック氏で、その他に「支那の鸚鵡」主演の上山草人氏、アンナ・メイ・ウォン嬢、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、バーバラ・テナント嬢、上山浦路夫人等が助演している。

監督
フレッド・ニブロ
出演キャスト
ギルタ・グレイ クライヴ・ブルック アンナ・メイ・ウォン 上山草人
1925年

突貫急行

  • 1925年
  • 出演(Mother_Henderson 役)

アーサー・ガイ・エンペイ氏作の二つの物語を組合わせてJ・グラブ・アレキサンダー氏が脚色し、「勝敗の彼方へ」「影に怖えて」「燃ゆる四十」等と同じく故トム・フォーマン氏が監督したもので、主役は「処女時代」「孔雀の羽根」等出演のカレン・ランディス氏と「美人食客」「紅顔の侠児」等出演のドロシー・デヴォーア嬢とで、バーバラ・テナント嬢、クレア・マクドウェル嬢、フランキー・ダーロ君、バディー・ポースト氏等が助演している。

監督
トム・フォーマン
出演キャスト
カレン・ランディス ドロシー・デヴォーア バディー・ポースト チャールズ・ヒル・メイルズ
1924年

淋しき灯台守

  • 1924年
  • 出演(Lucy_Tripp 役)

ユニヴァーサル社を出てソル・レッサー氏の主宰するプリンシパル社に入ったベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の第一回作品。ローラ・E・リチャーズ女史の原作を、イヴ・アンセル女史とジョン・W・グレイ氏とが脚色し、「少年ロビンソン」「サーカス・デイズ」等と同じくエドワード・クライン氏が監督したもの。ベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢のお対手には「風雲のゼンダ嬢」「虚栄の市(1923)」等出演のホバート・ボスウォース氏、「奔流恋を乗せて」「ロジタ(1923)」出演のアイリーン・リッチ嬢、「文化果つるところ」出演のハリー・T・モーレイ氏、「名家の秘密」等出演のバーバラ・テナント嬢等の腕利きが出演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー ホバート・ボスウォース アイリーン・リッチ ハリー・T・モーレイ
1923年

サーカス・デイズ

  • 1923年
  • 出演(Ann_Tyler 役)

ジャッキー・クーガンの最後のファースト・ナショナル映画で、ジェームズ・オーティス原作になる小説「トビー・タイラー」“Toby Tylerに基づいたもの。監督は喜劇畑で有名なエドワード・クライン。クーガンの対手には「漂泊の孤児」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のチェザーレ・グラヴィナや、老巧なラッセル・シンプソン、サム・ド・グラッス、クレア・マクドウェル、バーバラ・テナント等が出演する。サーカスを背景とした例によって涙の喜劇である。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーガン バーバラ・テナント ラッセル・シンプソン クレア・マクドウェル

永遠の嘆き

  • 1923年
  • 出演(Jane_Mackie 役)

米国の小説家として相当成功なガヴァナー・モリス氏の原作をロバート・N・リー氏が脚色し、ローランド・V・リー氏が監督したもの。主役は「冬来たりなば」で名をあげたパーシー・マーモント氏で、相手役には新進のベティー・ボウトン嬢。「サーカス・デイズ」等出演のバーバラ・テナント嬢 「怒涛の裁き」等出演のマルコム・マッグレガー氏等である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
パーシー・マーモント マルコム・マッグレガー ベティー・ボウトン バーバラ・テナント
1922年

見捨てられた女

  • 1922年
  • 出演(The_Other_Woman 役)

リチャード・タルマッジ作品を発売していたフィル・ゴールドストーン社から発売された映画で、ベシー・ラヴ嬢が主役を演じている。相手役はタリー・マーシャル氏とウィリアム・スコット氏。原作はピアース・キングスリー氏作の舞台劇で、グレイス・ミラー・ホワイトー・ホワイト女史によって書物にも書かれた程有名なものである。

監督
ウィリアム・K・ハワード A・ケレーヤ
出演キャスト
ベッシー・ラブ バーバラ・テナント ユーラリー・ジェンセン ウィリアム・スコット

不信仰者

  • 1922年
  • 出演(Hope_Scudder 役)

前期パテー連続の原作者として知られているチャールズ・ローグの原作で「黄泉の国」等を監督した名監督ジェームズ・ヤングが監督したもの。主役は「身替り花形」「妻を信ぜよ」等と同じくキャスリン・マクドナルドで、対手は「野に咲く花」等出演のロバート・エリス。その他ジョセフ・J・ダウリング、メルボーン・マクドウェル、バーバラ・テナントの腕達者も出る。南海を背景の人情活劇である。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
キャサリン・マクドナルド ロバート・エリス ジョセフ・J・ダウリング ボリス・カーロフ
1919年

女と虚栄

  • 1919年
  • 出演(Phyllis_Miles 役)

ジェス・D・ハンプトン氏製作の映画で「護る影」「愛欲の輝」「花爛漫」「落花粉々」など出演のグレイス・ダーモンド主演で、相手役はフォレスト・スタンレー、そのほか2、3知名の人々が出演。

監督
ジェス・D・ハンプトン
出演キャスト
ウィルフレッド・ルーカス グレイス・ダーモンド フォレスト・スタンレー Percy Challenger
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > バーバラ・テナント

ムービーウォーカー 上へ戻る