TOP > 映画監督・俳優を探す > 松井智

年代別 映画作品( 年 ~ 2020年 まで合計19映画作品)

2020年

ホテルローヤル

  • 11月13日(金)
  • 製作

桜木紫乃の直木賞受賞作を『百円の恋』の武正晴が映画化。美大受験に失敗し、家業のラブホテルを手伝うことになった雅代は、アダルトグッズの営業・宮川への恋心を秘め、黙々と働いていた。そんなある日、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的に。出演は、「弥生、三月 君を愛した30年」の波瑠、「ユリゴコロ」の松山ケンイチ、「愛しのアイリーン」の安田顕。

監督
武正晴
出演キャスト
波瑠 松山ケンイチ 余貴美子 原扶貴子

ステップ

『虹色デイズ』の飯塚健監督がメガホンをとり、「とんび」や「流星ワゴン」の著者・重松清による同名小説を映画化。妻に先立たれてから一年、人生の再出発を決意した主人公が、仕事と育児の両立に奮闘しながら娘と共に成長していく10年間の物語を映しだす。主演を務める山田孝之が自身初となるシングルファーザーを演じ、國村隼や余貴美子、広末涼子、伊藤沙莉らが出演する。

監督
飯塚健
出演キャスト
山田孝之 田中里念 白鳥玉季 中野翠咲

ロマンスドール

  • 1月24日(金)
  • 製作

『百万円と苦虫女』のタナダユキが脚本・監督を務め、自らが執筆した小説を映画化したラブストーリー。ひょんなことからラブドール職人となった夫と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻、それぞれ抱える夫婦の嘘や秘密を描きだす。高橋一生がラブドール職人の夫を、蒼井優がその妻を演じ、『リリィ・シュシュのすべて』以来、19年ぶりにスクリーンで共演を果たす。

監督
タナダユキ
出演キャスト
高橋一生 蒼井優 浜野謙太 三浦透子

はるヲうるひと

  • 製作

俳優の佐藤二朗が主宰する演劇ユニットで上演した舞台を、自ら原作・脚本・監督・出演し映画化。至るところに置屋が点在する島に、置屋を仕切る長男・哲雄、哲雄に子分のように従っている次男・得太、長年の持病で床に伏している長女・いぶきの3兄妹がいた。出演は、「50回目のファーストキス」の山田孝之、「パパはわるものチャンピオン」の仲里依紗、「架空OL日記」の坂井真紀。第35回ワルシャワ映画祭1-2コンペティション部門正式出品作品。

監督
佐藤二朗
出演キャスト
山田孝之 仲里依紗 今藤洋子 笹野鈴々音
2019年

下忍 青い影

  • 2019年11月15日(金)
  • 製作

「下忍 赤い影」に続く連作忍者アクション第2弾。幕末。薩摩藩士・隆正との戦いの果て、江戸に流れ着いた琉球武術の使い手・尚は、女郎屋に売られた少女・千と出会う。しかしその影には、西郷隆盛から指令を受けて江戸の動乱に拍車をかけたい隆正の姿があった。主演は『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』の結木滉星。「キングダム」の坂口拓がアクション監修を手がけ、「猫侍」「デメキン」の山口義高が監督を務める。

監督
山口義高
出演キャスト
結木滉星 寛一郎 三上紗弥 菜葉菜

アンダー・ユア・ベッド

  • 2019年7月19日(金)
  • 製作

『殺人鬼を飼う女』や『甘い鞭』など数々の映像化作品で知られる大石圭の同名小説を、高良健吾主演で映画化したサスペンス・ホラー。かつて自分に対して唯一、優しくしてくれた女性に対し、歪んだ思いを強くしていく男の行き過ぎた行動の行方が描かれる。主人公が思い続けるヒロインを演じるのは『私は絶対許さない』の西川可奈子。

監督
安里麻里
出演キャスト
高良健吾 西川可奈子 安部賢一 三河悠冴

おいしい家族

作家としても活躍するふくだももこが、自身の短編監督作「父の結婚」を原作に長編化。夫と別居中のキャリアウーマン、橙花は仕事もうまくいかず都会の生活に疲れ気味。母の三回忌を迎え、故郷の離島へ帰った橙花が見たのは、亡き母の服を着ている父の姿だった。出演は「君は月夜に光り輝く」の松本穂香、「九月の恋と出会うまで」の浜野謙太、「かぞくいろ RAILWAYS わたしたちの出発」の板尾創路、「デイアンドナイト」の笠松将、「少女邂逅」のモトーラ世理奈。音楽は「マルサの女」「マルタイの女」などの伊丹十三監督作品を手がけた本多俊之。

監督
ふくだももこ
出演キャスト
松本穂香 浜野謙太 板尾創路 笠松将

殺人鬼を飼う女

  • 2019年4月12日(金)
  • 製作

『甘い鞭』の大石圭による同名小説を、『スマホを落としただけなのに』などサスペンス・ホラーを得意とする中田秀夫監督が映画化。義父からの性的虐待により、4つの人格を宿すヒロインの身に起きる出来事を描く。主人格のキョウコ役の飛鳥凛のほか、他の3つの人格も異なる女優たちが演じるなど、大胆な構成で魅せる。

監督
中田秀夫
出演キャスト
飛鳥凛 大島正華 松山愛里 中谷仁美

クロノス・ジョウンターの伝説

  • 2019年4月19日(金)
  • 製作

梶尾真治の同名小説を、声優で実写映画初主演となる下野紘主演で映画化したSFドラマ。事故で亡くなった最愛の人を救うため、物質を過去に送ることができる装置「クロノス・ジョウンター」で過去へ向かう男の物語がつづられる。ヒロインの来美子を演じるのは、「ゼクシィ」11代目CMガールに起用され話題の井桁弘恵。

監督
蜂須賀健太郎
出演キャスト
下野紘 井桁弘恵 尾崎右宗 岩戸秀年

惡の華

  • 2019年9月27日(金)
  • 製作

押見修造による同名コミックを、「覚悟はいいかそこの女子。」の井口昇の監督と伊藤健太郎の主演により実写化。中学2年生の春日高男は、衝動に駆られ佐伯奈々子の体操着を持ち去ったところをクラスの問題児・仲村佐和に目撃され、彼女に隷属することになる。脚本は「心が叫びたがってるんだ。」の岡田麿里。息苦しい日々をやり過ごす春日を伊藤健太郎が、春日を服従させる仲村佐和を「Diner ダイナー」の玉城ティナが演じるほか、オーディションで選ばれた秋田汐梨、「暗黒女子」の飯豊まりえらが出演。

監督
井口昇
出演キャスト
伊藤健太郎 玉城ティナ 秋田汐梨 飯豊まりえ

松井智の関連人物

横浜流星  根岸季衣  秋田汐梨  寛 一 郎  杉野遥亮 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 松井智

ムービーウォーカー 上へ戻る