映画-Movie Walker > 人物を探す > ピーター・ジェームズ

年代別 映画作品( 公開時期不明 ~ 2010年 まで合計17映画作品)

2010年

小さな村の小さなダンサー

  • 2010年8月28日(土)公開
  • 撮影

中国の名ダンサー、リー・ツンシンによる自伝を「ドライビング・MISS・デイジー」の名匠ブルース・ベレスフォード監督が映画化したヒューマン・ドラマ。英才教育によってバレエの道を志し、さらなる成功を求めようとする青年に英国の名門バレエ団に所属するツァオ・チーが扮し、美しいバレエシーンに圧倒される。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
ツァオ・チー ジョアン・チェン ブルース・グリーンウッド アマンダ・シュル
2008年

幸せになるための27のドレス

  • 2008年5月31日(土)公開
  • 撮影監督

花嫁付添い人として活躍するが、自身の結婚には縁遠い女性が、愛と幸せをつかんでいくラブ・コメディ。米ドラマ「グレイズ・アナトミー」のキャサリン・ハイグルが主人公を好演。

監督
アン・フレッチャー
出演キャスト
キャサリン・ハイグル ジェームズ・マースデン マリン・アッカーマン ジュディー・グリア
2005年

ヴェニスの商人

  • 2005年10月29日(土)公開
  • 製作総指揮

16世紀末のベニスを舞台にしたシェイクスピア劇をアル・パチーノ主演で映画化。衝撃の“人肉裁判”をクライマックスに男女の愛、友情、確執が重厚に描かれる。

監督
マイケル・ラドフォード
出演キャスト
アル・パチーノ ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ リン・コリンズ

キャプテン・ウルフ

  • 2005年10月29日(土)公開
  • 撮影

家政夫に扮するハメになった、海軍の英雄キャプテン・ウルフの受難と子供たちとの絆を描くディズニー映画。肉体派俳優ヴィン・ディーゼルが、コメディに初挑戦。

監督
アダム・シャンクマン
出演キャスト
ヴィン・ディーゼル ブリタニー・スノウ マックス・シエリオット モーガン・ヨーク
2001年

ミート・ザ・ペアレンツ

  • 2001年3月31日(土)公開
  • 撮影

恋人の父親に苦戦する青年を描くラブ・コメディ。娘のボーイフレンドをいびる厳格な父親と、彼に気に入られようと苦戦する青年との関係をつづる爆笑作だ。

監督
ジェイ・ローチ
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ベン・スティラー テリー・ポロ ブライス・ダナー
2000年

ダブル・ジョパディー

  • 2000年3月4日(土)公開
  • 撮影監督

アメリカ合衆国憲法修正第5条、”何人も同一の犯罪で二度有罪にはならない”という法律をストーリーの鍵に用いたサスペンス・スリラー。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
アシュレイ・ジャッド トミー・リー・ジョーンズ ベンジャミン・ウェアー アナベス・ギッシュ
1999年

ニュートン・ボーイズ

  • 1999年5月15日(土)公開
  • 撮影

20世紀初頭に実在した銀行強盗4兄弟の生きざまを描いた青春ドラマ。監督は「恋人たちの距離」のリチャード・リンクレイター。脚本は『死のロデオ』(52、ロバート・ミッチャム主演、ニコラス・レイ監督、テレビ放映のみ)の脚本も手掛けた作家クロード・スタヌッシュの原作を元に、スタヌッシュ、リンクレイターと彼とコンビを組むクラーク・リー・ウォーカーが共同で担当。製作のアン・ウォーカー=マクベイ、製作総指揮のジョン・スロス、編集のサンドラ・アデアーは「恋人たちの距離」に続く参加。撮影は「悪魔のような女」のピーター・ジェームズ。音楽はテキサス出身のバンド、バッド・リヴァーズで、スコアはリーダーのエドワード・D・バーンズが担当。美術は「マッド・シティ」のキャサリン・ハードウィック。衣裳は「ピースメーカー」のシェリー・コマロフ。出演は「アミスタッド」のマシュー・マコナヘイ、「恋人たちの距離」「大いなる遺産」のイーサン・ホーク、「TOUCH タッチ」のスキート・ウーリッチ、「草の上の月」のヴィンセント・ドノフリオ、『ER 緊急救命室』のレギュラーであるジュリアナ・マルグリーズ、「シーズ・ソー・ラヴリー」のクロエ・ウェッブ、「スリング・ブレイド」のカントリーの人気歌手ドワイト・ヨーカム、「ミッドナイト・エクスプレス」のボー・ホプキンスほか。

監督
リチャード・リンクレイター
出演キャスト
マシュー・マコノヒー イーサン・ホーク スキート・ウーリッチ ヴィンセント・ドノフリオ
1996年

悪魔のような女(1996)

  • 1996年7月13日(土)公開
  • 撮影

暴力的な男を妻と愛人が共謀して殺した事件の顛末を、二転三転するプロットとショック演出の多用で綴ったサスペンス・スリラー。アルフレッド・ヒッチコックと並ぶサスペンス映画の巨匠、アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督で55年に映画化されたフランス推理小説界の重鎮、ピエール・ボワロー&トマ・ナルスジャックの小説『悪魔のような女』(ハヤカワ・ミステリ文庫刊)を、米仏の3大女優の共演で再映画化。監督には「ナショナル・ランプーン クリスマス・バケーション」「妹の恋人」の新鋭ジェレマイア・S・チェチック。脚本は「ルームメイト」のドン・ルース。製作は「マルコムX」のマーヴィン・ワースと、モーガン・クリークの主宰者で「メジャーリーグ」シリーズのジェームズ・G・ロビンソン。エクゼクティヴ・プロデューサーは、ゲイリー・バーバー、ビル・トッドマン・ジュニア、ジェリー・オフセイ、チャック・ビンダーの共同。撮影は「ブラック・ローブ」のピーター・ジェームズ、音楽は「エンジェルス」のランディ・エデルマン、美術は「キルトに綴る愛」のレスリー・ディリー。主演は「カジノ」のシャロン・ストーン、「王妃マルゴ」のイザベル・アジャーニ、「どんな時も」のキャシー・ベイツ。共演は「ユージュアル・サスペクツ」のチャズ・パルミンテリ、「ザ・ペーパー」のスポルディング・グレイ、TVドラマ『シカゴ・ホープ』のアラン・ガーフィールドほか。

監督
ジェレマイア・S・チェチック
出演キャスト
シャロン・ストーン イザベル・アジャーニ チャズ・パルミンテリ キャシー・ベイツ

ラストダンス

  • 1996年6月15日(土)公開
  • 撮影

死刑囚の女性と彼女を救おうとする弁護士の、極限の日々に激しく熱く燃えた愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォード。製作も兼ねるスティーブン・ハフトと、「家族の絆」「眠れぬ夜のために」のロン・コスローの原案を、コスロウが脚色。エグゼクィヴ・プロデューサーはリチャード・ルーク・ロスチャイルド。撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ショート・カッツ」のマーク・アイシャム、美術はジョン・ストッダート、編集はジョン・ブルームが担当。主演は「カジノ」のシャロン・ストーンで、華美な衣裳もなく、ほとんどノー・メイクで難役に挑んで微妙な役柄を演じきっている。相手役に「クイズ・ショウ」のロブ・モロウ。「ザ・ペーパー」のランディ・クエイド、「蒼い記憶」のピーター・ギャラガーらが脇を固めている。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
シャロン・ストーン ロブ・モロウ ランディ・クエイド ピーター・ギャラガー
1995年

ブラック・ローブ(1991)

  • 1995年5月13日(土)公開
  • 撮影

先住民のインディアンとカトリック神父との間の確執を単なる白人文化の勝利として終わらせず、現代における民族、宗教等の社会的問題までをも視野に入れて描いた問題作。異なる文化圏へ布教に向かう神父の苦悩、逡巡が、カナダの壮大で圧倒的な美しさを誇る自然の風景を背景に描かれている。92年カナダ・アカデミー賞で最優秀監督賞・最優秀作品賞など計6部門を受賞。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」で90年アカデミー賞最優秀作品賞に輝いたブルース・ベレスフォード。エグセクティヴ・プロデューサーは「ドライビング・MISS・デイジー」、「炎のランナー」、「ガンジー」、「ダンス・ウィズ・ウルブス」等を手懸けたジェイク・エバーツ。原作・脚本は、ヒッチコックの「引き裂かれたカーテン」などの脚本を手懸けたブライアン・ムーア。音楽は「リトル・ロマンス」で79年アカデミー最優秀音楽賞を受賞し、「アメリカの夜」、「日曜日が待ち遠しい!」などのフランソワ・トリュフォーとのコンビが有名なジョルジュ・ドルリューで、92年3月に死去した彼の映画音楽の遺作となった。出演は「モントリオールのジーザス」のロタール・ブルトー、「モアイの謎」のサンドリーヌ・ホルトなど。

監督
ブルース・ベレスフォード
出演キャスト
ロタール・ブルトー エイデン・ヤング サンドリーヌ・ホルト オーガスト・シュレンバーグ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ピーター・ジェームズ