映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・S・バロウズ

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2014年 まで合計12映画作品)

2014年

マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン

  • 2014年3月8日(土)
  • 出演

風刺マンガ家ラルフ・ステッドマンのドキュメンタリー。ジャーナリストのハンター・S・トンプソンとの友情物語を主軸に、その創作活動の源に迫る。インタビュー、ナレーションは、「ローン・レンジャー」のジョニー・デップ。監督は、ロンドンを拠点にCMとミュージック・ビデオの監督として活躍するチャーリー・ポール。

監督
チャーリー・ポール
出演キャスト
ラルフ・ステッドマン ジョニー・デップ ウィリアム・S・バロウズ テリー・ギリアム

ジャック・ケルアック キング・オブ・ザ・ビート

  • 2014年3月22日(土)
  • 出演

ビート・ジェネレーションを代表するジャック・ケルアックのドキュメンタリードラマ。彼の人生をドラマ化したパートと作家本人の映像、関係者の証言などをリミックスして、ケルアックの人生をまとめた。監督は、TVドキュメンタリー演出のジョン・アントネッリ。ナレーションは、「バタリアン4」のピーター・コヨーテ。

監督
ジョン・アントネッリ
出演キャスト
ジャック・ケルアック ウィリアム・S・バロウズ アレン・ギンズバーグ ジャック・クルター
2001年

ビートニク

  • 2001年4月7日(土)
  • 出演(ウィリアム・バロウズ 役)

今なおポップカルチャーに多大な影響をおよぼしている、ビート作家たちの生をたどったドキュメンタリー。亡きカリスマ作家たちの生前の貴重な映像や証言が見もの。

監督
チャック・ワークマン
出演キャスト
ジャック・ケルアック アレン・ギンズバーグ ウィリアム・S・バロウズ ジョニー・デップ
2000年

ポール・ボウルズの告白 シェルタリング・スカイを書いた男

  • 2000年8月19日(土)
  • 出演

北アフリカが舞台の名著『シェルタリング・スカイ』を残した文学者であり、作曲家としても活躍した伝説的芸術家ポール・ボウルズの素顔に迫ったドキュメンタリー。ウィリアム・バロウズやアレン・ギンズバーグなど、彼と関わった人の証言を元に構成されている。

監督
ジェニファー・バイチウォル
出演キャスト
ポール・ボウルズ ウィリアム・S・バロウズ アレン・ギンズバーグ
1992年

裸のランチ

  • 1992年7月4日(土)
  • 原作

59年に発表され、その先鋭的言語表現とドラッグ感覚に濃く彩られた内容で一大センセーションを巻き起こしたウィリアム・バロウズの同名小説の映画化。バロウズの愛読者で、映画化の企画を長年温めていたという「戦慄の絆」のデイヴィッド・クロネンバーグが監督、脚本を手がけ、製作は「シェルタリング・スカイ」のジェレミー・トーマス、撮影は「戦慄の絆」のピーター・シャシスキーー、音楽は「ビッグ」のハワード・ショアが担当。

監督
デイヴィッド・クローネンバーグ
出演キャスト
ピーター・ウェラー ジュディ・デイヴィス イアン・ホルム ジュリアン・サンズ
1993年

WAX 蜜蜂テレビの発見

  • 1993年6月25日(金)
  • 出演(Jamse Hiv Maker 役)

蜜蜂の飼育をする青年が、蜜蜂テレビという水晶体を頭に埋め込まれたことから自分や自分のまわりにいる人間の過去や未来を行き来するというもの。監督は、短編のアート作品を手掛けてきたデイヴィッド・ブレア。本作は彼の長編第一作めで、撮影した素材とコンピュータ・グラフィックを組み合わせたヴィジュアルが話題を呼び、第6回モンベリヤール・フィルム・ヴィデオ・フェスティバルのグランプリを受賞した。ナレーション翻訳は栩木玲子

監督
デイヴィッド・ブレア
出演キャスト
デイヴィッド・ブレア Meg Savlov ウィリアム・S・バロウズ
1990年

ドラッグストア・カウボーイ

  • 1990年12月22日(土)
  • 出演(Tom_the_Priest 役)

70年代のオレゴン州を舞台に、麻薬に溺れドラッグストアを襲うことを繰り返す若者たちの明日なき日常を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはキャリー・ブロカウ、製作はニック・ウェシュラーとカレン・マーフィー、監督は自主映画出身でこれが35ミリデビューのガス・ヴァン・サント、脚本はジェームズ・フォーグルの自伝的小説を基にサントとダン・ヨストの共同、撮影はロバート・ヨーマン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。出演はマット・ディロン、ケリー・リンチ、特別出演のウィリアム・S・バロウズほか。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
マット・ディロン ケリー・リンチ ジェームズ・レグロス ヘザー・グラハム

ヘビー・ペッティング

  • 1990年12月22日(土)
  • 出演(himself 役)

1950年代のアメリカン・ティーンエイジャーのセックス感覚を描いたユニークなドキュメンタリー・コメディ。製作・監督は「アトミック・カフェ」の製作顧問のオビー・ベンツ、撮影はサンディー・シセル、音楽はハル・ウィルナーが担当。出演はデイヴィッド・バーン、ウィリアム・S・バロウズほか。全編を彩るのは当時製作された教育映画、ニュースリール、TVフィルム、映画などで、そうした既製のフィルムの間に23人の有名人たちが10代の頃の性体験を語る証言が挿入される。「トーキング・ヘッズ」のリーダー、デイヴィッド・バーンは男の目から見たペッテイングについて語り、詩人のギンズバーグはバストのサイズを聞いてから女の子にアタックした体験を話すなど、素朴でユニークな性体験が語られている。登場する懐かしのフィルムは「バス停留所」、「暴力教室」、「理由なき反抗」など。そしてバックに流れる音楽は50年代のオールディーズンング。

監督
オビー・ベンツ
出演キャスト
デヴィッド・バーン アレン・ギンズバーグ ウィリアム・S・バロウズ ローリー・アンダーソン
1987年

ローリー・アンダーソン 0&1

  • 1987年7月25日(土)
  • 出演

パフォーマンス・アーチス卜としてニューヨークで活躍するローリー・アンダーソンのライヴを、特殊な映像を駆使して描く。製作はポーラ・マズール、エグゼクティヴ・プロデューサーはエリオット・アボット、監督・脚本・音楽・出演はローリー・アンダーソン。撮影はジョン・リンドレイ、編集はリサ・デイが担当。

監督
ローリー・アンダーソン
出演キャスト
ローリー・アンダーソン Joy Askew ウィリアム・S・バロウズ デイヴィッド・ヴァン・ティーゲム

バロウズ

  • 1987年1月24日(土)
  • 出演

1953年に発表された小説『ジャンキー』で自らの体験に基づく麻薬中毒者の切迫した感覚世界を描いたウィリアム・S・バロウズのドキュメンタリー。製作はハワード・ブルックナーとアラン・イェントブ、監督はハワード・ブルックナー、撮影はトム・ディチロ、リチャード・L・キャンプ、ジェイムズ・リボヴッツ、ハワード・ブルックナー、キャシー・ドロシー、ラリー・シューが担当。出演はウィリアム・S・バロウズ、アレン・ギンズバーグ、フランシス・ベーコンほか。

監督
ハワード・ブルックナー
出演キャスト
ローレン・ハットン ウィリアム・S・バロウズ Patti Smith Otto Belue
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィリアム・S・バロウズ