映画-Movie Walker > 人物を探す > ガス・ヴァン・サント

年代別 映画作品( 1990年 ~ 2019年 まで合計25映画作品)

1996年

KIDS(1995)

  • 1996年7月13日(土)
  • 製作総指揮

セックスとドラッグ、アルコールと暴力が日常となったNYのストリート・キッズの生態を、ドキュメンタリー・タッチで赤裸々に描いた異色の青春映画。監督は『タルサ』(71)、『ティーンエイジ・ラスト』(83)の2冊の作品集で話題となった写真家ラリー・クラークで彼の初監督作品。脚本は、スケートボーダーだった高校生の時にクラークと知り合い、19歳で初のシナリオである本作を執筆したハーモニー・コリン、製作はケイリー・ウッズ。エグゼクティヴ・プロデューサーは、『タルサ』に影響された映画「ドラッグストア・カウボーイ」を監督したガス・ヴァン・サント、パトリック・パンザレッラ、マイケル・チャンバース。撮影は、「マイ・プライベート・アイダホ」などヴァン・サント組の常連エリック・アラン・エドワーズ、美術はケヴィン・トンプソン、編集はクリストファー・テレフセン。音楽はルー・バーロウとション・デイヴィスがスコアを書き、ランダル・ポスターの監修の下、フォーク・インプロージョン、ダニエル・ジョンストンなどが挿入曲を提供。主演は全員素人の少年少女ばかりで、ヒロインを演じたクロエ・セヴィニーは本作以降、人気ブランド〈ミュウミュウ〉のイメージガールも務め、ストリート・キッズのアイドルとしてその言動が注目される存在とまでなった。

監督
ラリー・クラーク
出演キャスト
レオ・フィッツパトリック ジャスティン・ピアース クロエ・セヴィニー ロザリオ・ドーソン
1994年

カウガール・ブルース

  • 1994年10月29日(土)
  • 監督、脚本

巨大な親指を持った一人の女が既存の社会に捕らわれず、奔放な旅をするロード・ムービー。1976年にアメリカで出版され、カウンター・カルチャーの代表作として多くの賞賛を得たトム・ロビンスの同名小説を映画化したもの。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」のガス・ヴァン・サント。製作は「ダウン・バイ・ロー」やガス・ヴァン・サントの前述の二作品を手がけているローリー・パーカー。撮影のジョン・キャンベルとエリック・アラン・エドワーズ、編集のカーティス・クレイトン、衣装のベアトリス・アルナ・パスツォールらもガス・ヴァン・サントの作品の常連。音楽を担当しているのは3回のグラミー受賞歴のあるカナダ出身のシンガーソングライター、K・D・ラング。出演は、主役に「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」「恋に落ちたら」のユマ・サーマン、そして故リヴァー・フェニックスの妹レイン・フェニックス、「エレファント・マン」のイギリスの名優ジョン・ハート、「ベスト・キッド」のノリユキ・パット・モリタ、「ドラキュラ(1992)」「リトル・ブッダ」のキアヌ・リーヴス、「グッドフェローズ」のロレイン・ブラッコ、「リオ・ブラボー」のアンジー・ディッキンソンなど。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ユマ・サーマン ジョン・ハート レイン・フェニックス ノリユキ・パット・モリタ
1991年

マイ・プライベート・アイダホ

  • 1991年7月20日(土)
  • 監督、脚本、製作総指揮

男娼として身を売りながら生きるストリート・キッズたちの挫折と成長を描く青春ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督・脚本は「ドラッグストア・カウボーイ」のガス・ヴァン・サント、製作はローリー・パーカー、撮影はエリック・アラン・エドワーズ、ジョン・キャンベルが担当。出演はリバー・フェニックス、キアヌ・リーブス、ウィリアム・リチャートほか。

監督
ガス・ヴァン・サント ローリー・パーカー
出演キャスト
リヴァー・フェニックス キアヌ・リーヴス ジェームズ・ルッソ ウィリアム・リチャート
1990年

ドラッグストア・カウボーイ

  • 1990年12月22日(土)
  • 監督、脚本

70年代のオレゴン州を舞台に、麻薬に溺れドラッグストアを襲うことを繰り返す若者たちの明日なき日常を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはキャリー・ブロカウ、製作はニック・ウェシュラーとカレン・マーフィー、監督は自主映画出身でこれが35ミリデビューのガス・ヴァン・サント、脚本はジェームズ・フォーグルの自伝的小説を基にサントとダン・ヨストの共同、撮影はロバート・ヨーマン、音楽はエリオット・ゴールデンサルが担当。出演はマット・ディロン、ケリー・リンチ、特別出演のウィリアム・S・バロウズほか。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
マット・ディロン ケリー・リンチ ジェームズ・レグロス ヘザー・グラハム
2007年

マラノーチェ

  • 2007年7月21日(土)
  • 製作、監督、脚本、編集

実験精神あふれる映画作家ガス・バン・サントによる幻の長編第1作。彼の拠点ポートランドで撮影を行ない、若者たちの刹那的な日々を描いたモノクロの青春映画だ。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ティム・ストリーター ダグ・クーヤティ サム・ダウニー ナイラ・マッカーシー

関連ニュース

「ポケットモンスター」をハリウッドで実写化した『名探偵ピカチュウ』
【今週の☆☆☆】おっさんボイスでしゃべる『名探偵ピカチュウ』、最強のギャンブル・エンタメ『映画 賭ケグルイ』など週末観るならこの3本! 2019年5月1日 18:30

Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品3本を(独断と偏見で)紹介する連載企画。GW真っ只中の5月3日(金)から今週末の公開作品をピックアップ。「ポケモン」の実写版から、“ハイテンション”ギャンブルム…

『ドント・ウォーリー』のガス・ヴァン・サント監督
ガス・ヴァン・サントが語る『ドント・ウォーリー』を監督して『ボヘミアン・ラプソディ』は断った理由 2019年5月1日 15:00

風刺漫画家ジョン・キャラハンの知られざる人生にスポットを当てた感動作『ドント・ウォーリー』(5月3日公開)のメガホンをとったガス・ヴァン・サント監督。実は約20年前、最初にこの企画を持ち込んだのは、監督の映画『グッド・ウ…

『永遠の僕たち』に幽霊役で出演した加瀬亮
『永遠の僕たち』で幽霊役を演じた加瀬亮「ヘビーに描いたら痛い映画になったはず」 2011年12月21日 11:30

余命少ない少女と死に取りつかれた青年の恋を、『MILK』(08)のガス・ヴァン・サント監督が描いた青春ラブストーリー『永遠の僕たち』(12月23日公開)。本作の主人公の友人役として加瀬亮が出演している。しかも幽霊役! 気…

ヘンリー・ホッパーは19歳、将来有望な若手俳優だ
亡きデニス・ホッパーの息子ヘンリー・ホッパーがガス・ヴァン・サント監督作品に出演 2010年5月31日 18:01

29日午前(現地時間)に、前立腺がんの合併症により74歳で逝去したデニス・ホッパー。俳優・監督としてハリウッドの殿堂入りも果たした彼の才能を受け継ぐ19歳の息子ヘンリー・ホッパーが、新人俳優として活躍中だ。母親は女優キャ…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガス・ヴァン・サント