TOP > 映画監督・俳優を探す > キャロリン・リー

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1948年 まで合計2映画作品)

1948年

ブルースの誕生

  • 1948年2月
  • 出演(Aunt_Phoebe_Cobb 役)

黒人音楽として認められなかったブルースが、アメリカ音楽として世に認識される経緯を描いたB・G・デ・シルヴァ作品で、ハリー・テュゲンドがストーリーを書き、「大平原」のウォルター・デレオンと協力して脚色し、「恋の一夜」「ザンジバーへの路」のヴィクター・シェルツィンゲル監督、「モロッコへの道」のウィリアム・メラーが撮影した。主なる出演者は「スイング・ホテル」「モロッコへの道」のビング・クロスビー、「若草の歌」「オペレッタの王様」のメアリー・マーティン、「大平原」「最後の地獄船」のブライアン・ドンレヴィを始め、新顔の子役キャロリン・リー、ロチェスターの名で人気のある黒人芸人エディ・ロチェスター・アンダーソン、トロムボン奏者でバンド指揮者のジャック・ティアガーデン、「ベニーの勲章」のJ・キャロル・ナイシュ、子役ロニー・コスビーらである。音楽はW・C・ハンディ作曲の「セント・ルイス・ブルース」を始めブルース名曲が多く盛られている。1941年度作品である。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
ビング・クロスビー メアリー・マーティン ブライアン・ドンレヴィ キャロリン・リー
1920年

毒蛇(1920・アメリカ)

  • 1920年
  • 出演(Granda_Perley 役)

『アリゾナ』『熱血の大河』『溢るる熱涙』などの原作者オーガスタス・トーマスの原作、「月下の囁き」「奮闘の機会」などと同じくチャールズ・メインの監督した歴史劇で、主役はジョン・バリモアーの弟リオネルである。南北戦争の時代の物語で、熱烈な愛国心と大統領リンカーンに対する友情と尊敬の念から、秘密探偵ミルト・シャンクスは彼の一生を棒に振ってまで義務を遂行したという壮烈な物語である。リンカーン大統領に扮して天下一品の稱あるシュロールが大統領に扮し、そのほかウィリアム・カールトン、アン・コーンウォールらも出演する。

監督
チャールズ・メイン
出演キャスト
ライオネル・バリモア ウィリアム・P・カールトン Frank Joyner リチャード・カーライル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > キャロリン・リー

ムービーウォーカー 上へ戻る