映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ラーチ

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1980年 まで合計11映画作品)

1980年

悪魔の棲む家(1979)

  • 1980年3月29日(土)公開
  • 出演(Father_Nuncio 役)

ニューヨーク郊外のアミティヴィルにある一軒の屋敷を舞台に、そこに住み始めた一家が遭遇する数々の超常現象を描く恐怖映画。製作はロナルド・サランドとエリオット・ゲイジンガー、監督は「さすらいの航海」のスチュアート・ローゼンバーグ。ジェイ・アンソンのノンフィクション「アミティヴィル・ホラー」(徳間書店刊)を基にサンダー・スターンが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はラロ・シフリンが各々担当。出演はジェームズ・ブローリン、マーゴット・キダー、ロッド・スタイガー、ドン・ストラウド、マーレイ・ハミルトン、ジョン・ラーチなど。

監督
スチュアート・ローゼンバーグ
出演キャスト
ジェームズ・ブローリン マーゴット・キッダー ロッド・スタイガー ドン・ストロード
1972年

恐怖のメロディ

  • 1972年4月22日(土)公開
  • 出演(Sgt._Mccallum 役)

アメリカで最も人気のある映画スター、クリント・イーストウッドが初めて監督する。製作はロバート・デイリー、ジョー・ヘイムズの原作をディーン・リーズナーとヘイムズ自身が脚色した。撮影はブルース・サーティーズ、音楽はディー・バートン、編集はカール・ピンジトアが各々担当。出演はクリント・イーストウッド、ジェシカ・ウォルター、ドナ・ミルズなど。なお、「真昼の死闘」「ダーティハリー」など、イーストウッドとコンビを組んできたドン・シーゲル監督が、彼の処女作品を記念して、バーテンダーの役で友情出演している。

監督
クリント・イーストウッド
出演キャスト
クリント・イーストウッド ジェシカ・ウォルター ドナ・ミルズ ジョン・ラーチ
1964年

第二次世界大戦秘話 白馬奪回作戦

  • 1964年4月29日(水)公開
  • 出演(Gen.Patton 役)

ポダイスキー大佐の自伝「ウィーンの踊る白馬」をA・J・キャロザーズが脚色、TV監督のアーサー・ヒラーが演出した大戦秘話。撮影はガンサー・アンダース、音楽はポール・スミスが担当。出演は「王家の谷」のロバート・テイラー、「戦塵未だ消えず」のリリー・パルマー、「史上最大の作戦」のクルト・ユルゲンス、エディ・アルバート、TVのジェームズ・フランシスカス、他にジョン・ラーチ、フィリップ・アボットなど。

監督
アーサー・ヒラー
出演キャスト
ロバート・テイラー リリー・パルマー クルト・ユルゲンス エディ・アルバート
1960年

戦場よ永遠に

  • 1960年10月20日(木)公開
  • 出演(Capt._Schwabe 役)

日本人家庭に育てられた白人兵士を主人公に“サイパン玉砕”を題材にしたヒューマニズム戦争映画。ジル・ダウドとテッド・シャードマンの脚本を、「無警察地帯」のフィル・カールソンが監督した撮影は「戦略爆破舞台」のバーネット・ガフィイ、音楽は「影なき恐怖」のライス・スティーブンス。出演は主人公に「バファロー大隊」のジェフリー・ハンターがふんするほか(幼年時代は「宇宙への冒険」のリチャード・アイアー)、TVスター、デイビッド・ジャンセン、「艦隊は踊る」のヴィク・ダモン、「ゴーストタウンの決斗」のパトリシア・オウエンス、「戦場にかける橋」の早川雪洲、青木鶴子、高美以子ら。沖縄でロケが行われた。製作アーヴィング・H・レヴィン。

監督
フィル・カールソン
出演キャスト
ジェフリー・ハンター デイヴィッド・ジャンセン ヴィク・ダモン パトリシア・オウエンス

テキサスの暴れ者

  • 1960年2月6日(土)公開
  • 出演(Bill_Dawson 役)

テキサスのメサ・シティを舞台に、保安官と悪漢の対決を描いた西部劇。リチャード・カーの原作を自身が脚色し、ハリー・ホーナーが監督した。撮影は「バスク決死隊」のスタンリー・コルテス、音楽をフレッド・スタイナー。出演は「ガンヒルの決斗」のアンソニー・クイン、「真昼の決闘」のカティ・フラドー、ほかにピーター・ホイットニー、ダグラス・フォーリー、ジョン・ラーチなど。製作ロバート・L・ジャックス。

監督
ハリー・ホーナー
出演キャスト
アンソニー・クイン カティ・フラード ピーター・ホイットニー ダグラス・フォーリー
1958年

西部の渡り者

  • 1958年9月16日(火)公開
  • 出演(Jed_Givens 役)

汚名をきせられた追放軍人が、仇を狙って潔白を証明するという構成の西部劇。監督は、俳優・製作者でもあるリチャード・カールソン。バーナード・ジラードの原作をボブ・ウィリアムスが脚色し、フィリップ・ラスロップが撮影を監督した。音楽はジョセフ・ガーシェンソン。出演者は「暴力には暴力だ!」のロリー・カルホーン、「悪魔に支払え!」のジョン・ラーチ、「荒野の追跡」のラッセル・ガーランド等。製作ゴードン・ケイ。

監督
リチャード・カールソン
出演キャスト
ロリー・カルホーン ビヴァリー・ガーランド ジョン・ラーチ ラッセル・ジョンソン

向う見ずの男

  • 1958年6月7日(土)公開
  • 出演(Hal_Carmody 役)

「失われたものの伝説」のヘンリー・ハサウェイ監督がチャールズ・O・ロックの原作を得て作った、罪のない若者が次々と不利な状況を得て恨みを受け追われるという設定の西部劇。脚色は「やさしく愛して」のロバート・バックナーと「眼下の敵」のウェンデル・メイス。撮影は「襲われた幌馬車」のウィルフリッド・M・クライン、音楽は「山」のダニエル・アンフィシアトロフ。主演は「夜を逃れて」のドン・マレイと「青春物語」のダイアン・ヴァーシという異色のキャスト。これを助けて「サンチャゴ」のチル・ウィルス、「ジャイアンツ」のデニス・ホッパー、「現金に体を張れ」のジェイ・C・フリッペン、往年のスター「ルムバ」のマーゴ、ハリー・ケイリー・ジュニア等。製作ロバート・バックナー。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ドン・マーレー ダイアン・ヴァーシ チル・ウィルス デニス・ホッパー
1957年

悪魔に支払え!

  • 1957年6月28日(金)公開
  • 出演(Ed_Yates 役)

殺人事件をめぐって一保安官と、町の独裁者と云われる大牧場主の対立を描く現代活劇。ジーン・L・クーンの脚本を「縮みゆく人間」のジャック・アーノルドが監督、「誘拐」のアーサー・E・アーリングが撮影監督をつとめた。音楽監督は「決闘者」のジョセフ・ガーシェンソン。主演は「白鯨」のオーソン・ウェルズ、「全艦発進せよ」のジェフ・チャンドラー、「顔役時代」のコリーン・ミラー。「オクラホマ!」のバーバラ・ローレンス、「西部戦線異状なし」以来のベン・アレクサンダーなどが助演。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ジェフ・チャンドラー オーソン・ウェルズ コリーン・ミラー ベン・アレクサンダー

七人の無頼漢

  • 1957年6月22日(土)公開
  • 出演(Bodeen 役)

愛妻を殺した7人の無頼漢を追う元保安官が主人公の西部劇。バート・ケネディの原作・脚本によって「灼熱の勇者」のバッド・ボーティカーが監督、「中共脱出」のウィリアム・H・クローシアが撮影監督を担当した。作曲指揮はヘンリー・ヴァース。主演は「勇者の汚名」のランドルフ・スコット、「密輸空路」以来久々のゲイル・ラッセル。「攻撃」のリー・マーヴィン、テレビ・スターウォルター・リードらが助演。

監督
バッド・ベティカー
出演キャスト
ランドルフ・スコット ゲイル・ラッセル リー・マービン ジョン・ラーチ

西部の三人兄弟

  • 1957年2月9日(土)公開
  • 出演(Stringer 役)

牧場を経営する3兄弟を中心とした兄弟愛の物語。R・ライト・キャンベルの書き下ろし脚本から新人アブナー・バイバーマンが監督した。撮影は「四角いジャングル」のジョージ・ロビンソン、音楽は「風と共に散る」のジョセフ・ガーシェンソン。出演者は「襲われた町」のフレッド・マクマレイ、「誇り高き男」のジェフリー・ハンターに「印度の放浪児」の子役ディーン・ストックウェルが成長した姿を見せる他「ピクニック」の新星ジャニス・ルール。ウィリアム・アランド製作。

監督
アブナー・バイバーマン
出演キャスト
フレッド・マクマレイ ジェフリー・ハンター ジャニス・ルール チル・ウィルス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・ラーチ