映画-Movie Walker > 人物を探す > ガヴァナー・モリス

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1936年 まで合計9映画作品)

1936年

ジャングルの女王

  • 1936年当年公開
  • 脚色

ラジオで人気のあった歌手ドロシー・ラムールの入社第1回主演映画で、マックス・マシーンが書き下ろし、「類猿人ターザン」のシリル・ヒュームがジェラルド・ジェラティー及びガヴアナー・モリスと協力脚色し、「麗しのパリ」のウィリアム・ティーレが監督し、「放送豪華版」のハリー・フィッシュベッグが撮影した。相手役は「結婚設計図」「宝石と女賊」のレイ・ミランドで、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ、「二つの顔(1935)」のモリー・ラモント、「南海のペーガン」のマラ等が助演している。

監督
ウィリアム・ティーレ
出演キャスト
ドロシー・ラムーア レイ・ミランド エイキム・タミロフ リン・オヴァーマン
1935年

ジャバの東

  • 1935年当年公開
  • 原作

「可愛いマーカちゃん」「新世紀」のチャールズ・ピックフォードが主演する映画で、ガヴァナー・モリス作の冒険小説をポール・ペレスとジェームズ・アシュモア・クリールマンが協力して改作し、「アダムと踊り子」と同じくクリールマンが脚色し、「ボルネオの東」「強力犯」のジョージ・メルフォードが監督に当たり、「世界大洪水」のノーバート・プロディンが撮影した。助演は「青春の頬杖」のエリザベス・ヤング、「怪特急列車」のフランク・アルバートソン、「深夜の星」のレスリー・フェントン及び「結婚の夜」のシグ・ルーマンである。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
チャールス・ビックフォード エリザベス・ヤング フランク・アルバートソン レスリー・フェントン
1930年

夫なき妻

  • 1930年当年公開
  • 原作

「サラアと其の子」「医者の秘密」のルース・チャッタートン嬢と「シャーロック・ホームズ(1929)」「桃色の盗賊」のクライヴ・ブルック氏とが共演する映画で、ガヴァナー・モリス氏の原作による小説より「サラアと其の子」のゾー・エイキンス女史と「恋愛運動場」「ウォール街の狼」のドリス・アンダーソン女史とが脚色し、「サラアと其の子」「底抜け騒ぎ」のドロシー・アーズナー女史が監督したもの。助演者として「若き翼」「桃色の盗賊」のポール・ルーカス氏、「恋愛運動場」のハントリー・ゴードン氏、ヴァージニア・ハモンド嬢、トム・パトリコラ氏、セシル・カニンガム嬢その他が出演、キャメラは「命を賭ける男(1930)」「アパートの殺人」のチャールズ・ラング氏が担任している。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
ルース・チャッタートン クライヴ・ブルック ポール・ルーカス ハントリー・ゴードン
1923年

永遠の嘆き

  • 1923年当年公開
  • 原作

米国の小説家として相当成功なガヴァナー・モリス氏の原作をロバート・N・リー氏が脚色し、ローランド・V・リー氏が監督したもの。主役は「冬来たりなば」で名をあげたパーシー・マーモント氏で、相手役には新進のベティー・ボウトン嬢。「サーカス・デイズ」等出演のバーバラ・テナント嬢 「怒涛の裁き」等出演のマルコム・マッグレガー氏等である。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
パーシー・マーモント マルコム・マッグレガー ベティー・ボウトン バーバラ・テナント
1921年

雁(1921)

  • 1921年当年公開
  • 原作

「扉の後」などの原作者ガヴァナー・モリスの原作をドナー・ダーレルが脚色し、アルバート・カペラーニが監督した社会劇で、主役は「三銃士(1921)」で久しぶりに紹介されたメアリー・マクラレン。ホームズ・イー・ハーバートが相手役をつとめている。

監督
アルベール・カペラニ
出演キャスト
メアリー・マクラレン Rita Rogan ホームズ・E・ハーバート D. J. Flanagan

東洋の鬼娘

  • 1921年当年公開
  • 原作

「天罰」の原作者なるグーヴァナー・モーリス氏原作になるゴ社名作家映画で、監督は「運命の街」と同じフランク・ロイド氏である。主役としてはその娘に扮するE・アリン・ウォーレン氏(「法の外(1921)」のチャン・ロウ役)、悪い中国人に扮するウォーレス・ビアリー氏、主人公の米国青年に扮するフランク・グレンドン氏の4人である。ニュース誌は「筋に多くのディレムマがあるが、しかし色彩豊かな活劇である」と評している。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
J・フランク・グレンドン リートリス・ジョーイ ウォーレス・ビアリー E・アリン・ウォーレン
1920年

天罰

  • 1920年当年公開
  • 原作

ガヴァナー・モリス氏原作の小説を脚色したもので、性格俳優の名手ロン・チャニー氏が主役ブリザードに扮して得意の腕を振っている。米誌は筋としてはこの映画を格別褒めておらぬが、技術的方面及びチャニー氏の演技を激賞している。チャニー氏の外にケネス・ハーラン氏、クレア・アダムス嬢等が出演している。

監督
デイヴィッド・ワースリー
出演キャスト
ロン・チャニー クレア・アダムス ケネス・ハーラン チャールズ・クラリー

喇叭島

  • 1920年当年公開
  • 原作

有名なガヴァナー・モリス氏原作の小説を脚色したもので、名手トム・テリス氏の監督になったもの。マーグリット・ド・ラ・モット嬢とウォーレス・マクドナルド氏の共演である。空中を背景とした大活劇で連続映画にも見るべき大冒険の数々が展開される。

監督
トム・テリス
出演キャスト
マーゲリット・ド・ラ・モット ウォーレス・マクドナルド ハラム・クーリー ジョセフ・スウィッカード
1919年

扉の蔭

  • 1919年当年公開
  • 原作

米国通俗小説家グーヴァナー・モーリス氏がコリアース・ウィークリー誌上に載せた復讐譚である。ドイツ系の米人オスカー・クラッグは大戦の始まった頃米国の商船の船長であった。その妻アリスが独艇のため奪い去られてからは、彼の心は底知れぬ憎悪を以て満された。遂に敵の艇長ブラントを捕えて激しい復讐を加えるという痛快な筋である。主役クラッグ船長に扮するのは性格俳優として名声あるホバート・ボスウォース氏、相手役は美しいジェーン・ノヴァック嬢である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
ホバート・ボスウォース ジェーン・ノヴァック ウォーレス・ビアリー ジェームズ・ゴードン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガヴァナー・モリス