TOP > 人物を探す > ミシェル・ピッコリ

年代別 映画作品( 1968年 ~ 2014年 まで合計59映画作品)

2013年

皇帝と公爵

  • 2013年12月28日(土)
  • 出演(レオポルト・シュバイツァー 役)

ナポレオン皇帝が生涯に4度戦い、1度も勝つ事ができなかったイギリス軍のウェリントン将軍。フランス軍のポルトガル征服と彼らに立ち向かうイギリス・ポルトガル連合軍が激突したブサコの戦いを描く歴史ドラマ。前線で戦う兵士だけでなく、女性や戦火に巻き込まれる市井の人々の視線も交え、動乱の時代が浮き彫りにされる。

監督
バレリア・サルミエント
出演キャスト
ジョン・マルコヴィッチ メルヴィル・プポー マチュー・アマルリック ヌヌ・ロプス

ホーリー・モーターズ

  • 2013年4月6日(土)
  • 出演(あざを持つ男 役)

レオス・カラックス監督が「ポーラX」から13年ぶりに発表した長編新作。朝から深夜まで、白いリムジンでパリ中を巡り、年齢も立場も異なる11の人格を演じるオスカーの1日の旅を描く。主演は、「ボーイ・ミーツ・ガール」以来、カラックスとの名コンビで知られるドニ・ラヴァン。共演は「夏時間の庭」のエディット・スコブ。

監督
レオス・カラックス
出演キャスト
ドニ・ラヴァン エディット・スコブ エヴァ・メンデス カイリー・ミノーグ
2012年

ローマ法王の休日

  • 2012年7月21日(土)
  • 出演(ローマ法王 役)

カンヌ国際映画祭パルムドールに輝いた『息子の部屋』で知られるイタリア人監督ナンニ・モレッティ。彼が、新ローマ法王に選ばれてしまった男の逃亡劇を描くコメディ。新法王がローマの街で出会う人々とのふれあいを通し、人間の信仰心や法王のあり方などを見出していく姿をユーモラスにつづる。

監督
ナンニ・モレッティ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ イェジー・スツール レナート・スカルパ ナンニ・モレッティ
2014年

エレニの帰郷

  • 2014年1月25日(土)
  • 出演

2012年、撮影中の事故により急逝した「旅芸人の記録」「永遠と一日」のテオ・アンゲロプロス監督の遺作。動乱の20世紀を背景に、歴史的事件に翻弄される三人の男女の姿を描く。出演は「プラトーン」のウィレム・デフォー、「ヒトラー 最期の12日間」のブルーノ・ガンツ、「ローマ法王の休日」のミシェル・ピッコリ、「ふたりのベロニカ」のイレーヌ・ジャコブ。第26回(2013年)東京国際映画祭上映作品。

監督
テオ・アンゲロプロス
出演キャスト
ウィレム・デフォー ブルーノ・ガンツ ミシェル・ピッコリ イレーヌ・ジャコブ
2009年

アニエスの浜辺

  • 2009年10月10日(土)
  • 出演

1950年代から活躍する映画作家アニエス・バルダ。彼女が思い出深い“浜辺”を訪れながら人生を振り返るドキュメンタリー。いまだ知的好奇心にあふれる、みずみずしい映像が満載だ。

監督
アニエス・ヴァルダ
出演キャスト
アニエス・ヴァルダ ロザリー・ヴァルダ マチュー・ドゥミ ポール・ヴァレリー
2008年

それぞれのシネマ「唯一の出会い」

  • 2008年5月17日(土)
  • 出演

『あなたにとって映画館とは』をテーマに、世界の名匠たちが【3分間】で撮ったオムニバスの一遍。カンヌ国際映画祭の60回目の開催を記念し製作された。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ

ランジェ公爵夫人

  • 2008年4月5日(土)
  • 出演(ヴィダム・ド・パミエ 役)

仏の巨匠ジャック・リベットが文豪バルザックの名作を映画化した文芸ロマン。男女の戯れのような駆け引きが激しい愛に転じていくさまを、繊細かつ甘美に映し出す。

監督
ジャック・リヴェット
出演キャスト
ジャンヌ・バリバール ギョーム・ドパルデュー ビュル・オジエ ミシェル・ピッコリ
2007年

夜顔

  • 2007年12月15日(土)
  • 出演(アンリ・ユッソン 役)

ルイス・ブニュエル監督の名作「昼顔」の登場人物たちのその後を描く風変わりなドラマ。夫婦の友人アンリを前作同様、ミシェル・ピコリが演じているのが興味深い。

監督
マノエル・ド・オリヴェイラ
出演キャスト
ミシェル・ピッコリ ビュル・オジエ リカルド・トレパ レオノール・バルダック

ここに幸あり

  • 2007年12月1日(土)
  • 出演(ヴァンサンの母 役)

思わぬ自由な時間を得て、人生を再発見していく男のドラマ。仏在住のグルジア人監督オタール・イオセリアーニならではの型破りな人生哲学が詰まったコメディだ。

監督
オタール・イオセリアーニ
出演キャスト
セヴラン・ブランシェ ミシェル・ピッコリ オタール・イオセリアーニ ミュリエル・モッテ
2003年

D.I.

  • 2003年4月26日(土)
  • 出演(Santa Claus Breathing 役)

2002年カンヌ映画祭で2つの賞に輝いたパレスチナ映画。イスラエルとの対立が生み出す不条理な状況を、シュールなギャグやアクションを盛り込んで描くコメディ。

監督
エリア・スレイマン
出演キャスト
エリア・スレイマン マナル・ハーデル ナーエフ・ダヘル ナジーラ・スレイマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ミシェル・ピッコリ

ムービーウォーカー 上へ戻る