映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ホフマン

年代別 映画作品( 2016年 ~ 2019年 まで合計3映画作品)

2019年

ホワイト・クロウ 伝説のダンサー

20世紀に活躍したロシア人ダンサー、ルドルフ・ヌレエフの半生を描く人間ドラマ。その知られざる生い立ちや、23歳で故郷を捨て、亡命するはめになったいきさつなどが描かれる。ヌレエフを演じるのは、ウクライナ出身のダンサー、オレグ・イヴェンコ。レイフ・ファインズが監督に加え、ヌレエフの師匠であるアレクサンドル・プーシキン役で出演する。

監督
レイフ・ファインズ
出演キャスト
オレグ・イヴェンコ セルゲイ・ポルーニン アデル・エグザルホプロス ルイス・ホフマン
2017年

ヒトラーへの285枚の葉書

  • 2017年7月8日(土)公開
  • 出演

ドイツ人作家ハンス・ファラダがゲシュタポの文書記録を基に執筆した小説『ベルリンに一人死す』を映画化。1940年、恐怖政治に凍てつくベルリン。ヒトラーの忠実な支持者だった平凡な労働者夫婦が、一人息子の戦死をきっかけにナチス政権へ絶望的な闘いを挑む。出演は「ウォルト・ディズニーの約束」のエマ・トンプソン、「未来を花束にして」のブレンダン・グリーソン、「僕とカミンスキーの旅」のダニエル・ブリュール、「悪党に粛清を」のミカエル・パーシュブラント、「パッション・ベアトリス」のモニーク・ショメット。「王妃マルゴ」「インドシナ」などの俳優として知られるヴァンサン・ペレーズによる長編監督第3作。

監督
ヴァンサン・ペレーズ
出演キャスト
エマ・トンプソン ブレンダン・グリーソン ダニエル・ブリュール ミカエル・パーシュブラント
2016年

ヒトラーの忘れもの

  • 2016年12月17日(土)公開
  • 出演(Sebastian Schumann 役)

アカデミー賞外国語映画賞のデンマーク代表に選出された、史実に基づく人間ドラマ。ナチス・ドイツの降伏後、デンマークの海岸に埋められた地雷の撤去作業に、捕虜のドイツ少年兵が駆り出される。指揮官はナチスへの憎しみと無垢な少年たちとの間で葛藤する。当時実際に地雷が埋められていた場所で撮影された。劇場公開に先駆け第28回東京国際映画祭コンペティション部門にて上映(上映日:2015年10月23日、24日、27日/映画祭タイトル「地雷と少年兵」)、指揮官を演じたローラン・モラーと少年兵の一人を演じたルイス・ホフマンが最優秀男優賞を受賞した。

監督
マーチン・サントフリート
出演キャスト
ローラン・ムラ ミケル・ボー・フォロスゴー ルイス・ホフマン ジョエル・バズマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルイス・ホフマン