TOP > 人物を探す > ジョン・ベイリー

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1953年 まで合計3映画作品)

1953年

かくて我が恋は終りぬ

  • 1953年4月17日(金)
  • 出演(Phillipe de Malvines 役)

女流作家ノエル・アンリの小説『私はヒロインではない』(Je ne suis pas une Heroine)の映画化で、「フォーサイト家の女」のコンプトン・ベネットが監督し、オーブリー・バーリング(「砂漠の悪魔」)とマクスウェル・セットンが共同製作に当った戦争下の恋愛メロドラマ一九五二年作品。脚色は新進ジョン・クレスウェル。「黄金の龍」のオズワルド・モリスが撮影を、「哀愁のモンテカルロ」のロバート・ジルが作曲編曲を担当。主演は「パンドラ」のマリウス・ゴーリングと新人マリア・シェル(「魔法の箱」、未輸入)で、ガブリエル・ドルジア(「明日では遅すぎる」)、ジョン・ベイリー(「反逆(1951)」)、ルチー・マンハイム、バーバラ・ミューレンらが助演する。

監督
コンプトン・ベネット
出演キャスト
マリウス・ゴーリング マリア・シェル ガブリエル・ドルジア バーバラ・ミューレン
1952年

反逆(1951)

  • 1952年10月18日(土)
  • 出演(Stringer 役)

「戦慄の七日間」で、双生児兄弟ジョンを助けて製作・脚本を担当したロイ・ブールティングが自ら監督・脚色を行ったドキュメンタリ的なメロドラマ一九五一年度作品。脚本の協力者は「戦慄の七日間」のフランク・ハーヴェイ。撮影ギルバート・テイラー、音楽のジョン・アディソン、主演のアンドレ・モレルやジョーン・ヒックソンらは、いずれも「戦慄の七日間」と同様である。出演者は他に「キャプテン・ボイコット」のリアム・レッドモンド、アンソニー・ブッシェル、ケネス・グリフィスら。

監督
ロイ・ブールティング
出演キャスト
リアム・レッドモンド アンドレ・モレル アンソニー・ブッシェル ケネス・グリフィス
1951年

熱砂の掟

  • 1951年8月24日(金)
  • 出演(Mental Hospital Doctor 役)

監督出身のオーブリー・バーリングが製作したアフリカの現地ロケ・メロドラマ。「恋の人魚」のロバート・ウェスタービーの脚本を、「コロンブスの探険」のデイヴィッド・マクドナルドが監督。撮影は「青の恐怖」のオズワルド・モリス、音楽はロバート・ジル。「放浪の王子」のエリック・ポートマンに、新人ロウレンス・ハァヴェイ、日本初登場のマリア・モーバンらが共演する。

監督
デイヴィッド・マクドナルド
出演キャスト
エリック・ポートマン ローレンス・ハーヴェイ マリア・モーバン Camelia
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ジョン・ベイリー

ムービーウォーカー 上へ戻る