TOP > 映画監督・俳優を探す > スタンリー・アンドリュース

年代別 映画作品( 1934年 ~ 1953年 まで合計14映画作品)

1953年

決闘の谷(1952)

  • 1953年7月29日(水)
  • 出演(Judge 役)

「地獄の銃火」のウィリアム・エリオットがアライド・アーチスツに移って名をワイルド・ビルと改めてからの作品(1952年作)で製作はヴィンセント・M・フェネリー。「カナダ平原」のジャック・デ・ウィットとジョセフ・ポーランド合作のオリジナル脚本をルイス・D・コリンズが監督した。撮影監督は「モヒカン族の最後(1934)」のアーネスト・ミラー、音楽はラウル・クローシァーの担当である。エリオットを助けてマイロン・ヒーリー、フィリス・コーテス、「無法地帯」のファジー・ナイト、アーサー・スペインらが出演する。

監督
ルイス・D・コリンズ
出演キャスト
ワイルド・ビル・エリオット マイロン・ヒーリー フィリス・コーテス ファジー・ナイト
1951年

アリゾナ無宿

  • 1951年4月21日(土)
  • 出演(Sheriff_Dodge 役)

フィリップ・N・クラスンが製作するシスコ・キッド・シリーズの一篇。1949年作品で、監督はウォーレス・フォックス、脚本はアデール・バフィントン、撮影はアーネスト・ミラーが担当。主演はシスコ役専門のダンカン・レナルドとレオ・カリーロ(「歴史は夜作られる」)で、ジョン・ライテル(「ラスティの伝令」)、スタンリー・アンドリュース等が助演。

監督
ウォーレス・フォックス
出演キャスト
ダンカン・レナルド レオ・カリーロ ジョン・ライテル スタンリー・アンドリュース

コロラド

  • 1951年10月19日(金)
  • 出演(Roger_MacDonald 役)

「ジョルスン再び歌う」のヘンリー・レヴィンが監督にあたり、ジュールス・シャーマーが製作にあたった1948年テクニカラー映画。「Uボート撃滅」のボーデン・チェイスの原作を、「バグダッド」のロバート・ハーディ・アンドリュースとベン・マドウが共同脚色し、撮影のウィリアム・スナイダー、作曲のジョージ・ダニング、音楽監督のM・W・ストロフは「ジョルスン再び歌う」と同じ顔振れ。主演は「秘境」のグレン・フォード、「テキサス決死隊(1949)」のウィリアム・ホールデン、それにエレン・ドリューで、レイ・コリンズ(「夢みる少女」)、エドガー・ブキャナン(「秘境」)、ジェローム・コートランド(「特ダネ女史」)、ジェイムス・ミリカンらが助演。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
グレン・フォード ウィリアム・ホールデン エレン・ドリュー レイ・コリンズ

荒原の征服者

  • 1951年1月15日(月)
  • 出演(Bowles 役)

サタデイ・イヴニング・ポスト誌所載のジーン・ミューアの原作にヒントを得て、「銀嶺セレナーデ」のアート・アーサーと、女流ライターのリリー・ヘイワードが脚色し、「ブラジル」の製作者アルバート・S・ロージェルが製作・監督に当たったシネカラーによる色彩版で、撮影はジョン・W・ボイル、音楽はポール・ソーテルである。「虚栄の花」「婿探し千万弗」のジョーン・レスリー、「オマハ街道」のジェームズ・クレイグ、「独裁者」のジャック・オーキー以下、「オマハ街道」のチル・ウィルス、「紳士協定」のヴィクター・キリアン、「サラトガ本線」のレーン・チャンドラー、スタンリー・アンドリュース、レイ・ベネットが出演する1948年度作品。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ジョーン・レスリー ジェームズ・クレイグ ジャック・オーキー チル・ウィルス

決闘の断崖

  • 1951年6月15日(金)
  • 出演(Pop_Marlowe 役)

カール・ヒットルマンが製作し小品西部劇専門のレイ・テイラーが監督した1948年作品。脚本はベティ・バーブリッジと製作者ヒットルマンの共同。撮影アーネスト・ミラー、音楽監督のアルバート・グラッサーは、「アリゾナ無宿」と同じ。主演はリチャード・アーレン「つばさ」、パトリシア・モリソン「ターザンの怒り」、メリイ・ベス・ヒューズで、クリス・ピン・マーティン「駅馬車(1939)」、ジェイムズ・ミリカン、リード・ハドレーらが助演。他に馬のハイランド・デイル号。

監督
レイ・テイラー
出演キャスト
リチャード・アーレン パトリシア・モリソン メアリー・ベス・ヒューズ ジェームズ・ミリカン
1939年

男対男(1939)

  • 1939年
  • 出演(Commander_Hooker 役)

「テキサス人」「たくましき男」のランドルフ・スコット、「新天地」「海の魂」のフランセス・ディー、「気侭時代」「新婚道中記」のラルフ・バラミー、「地球を掛ける男」「結婚スクラム」のエドワード・ルドウィグが監督に当り、「クレイグの妻」「魔空電波」のルシエン・バラードが撮影した。脚本は「悪漢の町」「戦友」のリチャード・メイボウムがアルバート・ダフィー及びハリー・セゴールと協力執筆している。助演俳優は「真人間」のウォーレン・ハイマー、「俺が法律だ」のロバート・ミドルマス、スタンリー・アンドリュース等である。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
ランドルフ・スコット フランセス・ディー ラルフ・ベラミー ウォルター・コノリー
1938年

結婚の断層

  • 1938年
  • 出演(Baker 役)

「風の接吻」ノラニー・ロス、「大学3人男」のグロリア・スチュアート及びジョーン・マシューが主演する映画で「奥さんは嘘つき」のグラディス・レーマンと「化石の森」のアール・C・ケントンが監督し、アレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は「街道巡羅隊」のロバート・ペイジ、ピエール・ワトキンその他である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ラニー・ロス グロリア・スチュアート ジョーン・マーシュ Roy Benson
1937年

たくましき男

  • 1937年
  • 出演($Moulton 役)

「ショウボート(1936)」「花嫁凱旋」のアイリーン・ダンが主演する映画で、「ショウボート(1936)」と同じくオスカーハンマーシタイン二世が脚本と歌詞を書き、ジェローム・カーンが作曲したもので、監督には「歌へ陽気に」「虚栄の市(1935)」のルーベン・マムーリアンが当たった。助演者は「ロバータ」「浮気名女優」のランドルフ・スコット、「スイング」「マドリッド最終列車」のドロシー・ラムーア、「浮気名女優」のエリザベス・パターソン、「結婚気象台」のレイモンド・ウォルバーン、「平原児」のチャールズ・ビックフォード、「将軍暁に死す」のエイキム・タミロフ及びウィリアム・フローリー、「月を消しましょ」のベン・ブルー等で、撮影は「平原児」のヴィクター・ミルナーと「親分はお人好し」のテオドル・スパークールの担任。

監督
ルーベン・マムーリアン
出演キャスト
アイリーン・ダン ランドルフ・スコット ドロシー・ラムーア エリザベス・パターソン

潜水艦SOS

  • 1937年
  • 出演(Salvage_Boat_Commader 役)

「悪魔の空襲」「アリゾニアン」のリチャード・ディックス、「ワンダー・バー」「カリアンテ」のドロレス・デル・リオ及び「舗道の青春」「男性No.1」のチェスター・モリス、が主演する映画で、「悪魔の空襲」「無法地獄」のアール・C・ケントンが監督に当たった。脚本はライアム・オフラーティー、ジェローム・チョドロフ、ダルトン・トランボが協力執筆したもの。助演者は「悪魔の空襲」のジョージ・マッケイ、「黄金の雨」のジョン・ガローデッド、「何が彼をそうさせたか」のピエール・ワトキンス、「嵐の戦捷旗」のワード・ボンド、「虎鮫島脱獄」のフランシス・マクドナルドその他である。カメラは「クレイグの妻」「罪と罰」のルシエン・バラードが担当した。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
リチャード・ディックス ドロレス・デル・リオ チェスター・モリス ジョージ・マッケイ
1936年

星座を焚く

  • 1936年
  • 出演(Broderick 役)

「噫初恋」「拾万ドル玉手箱」の恋人チームであるエリック・リンデンとセシリア・パーカーが主演する映画で、チャールズ・M・シェルドン作の小説を、「駅馬車(1925)」を撮影し、「野性愛」を監督したカール・ブラウンが脚色監督したもの。助演者は「女学生大行進」のヘンリー・コルカー、「虚栄の市(1935)」のチャールズ・リッチマン、「美しき野獣」のハリー・ベレスフォード、「上海」のオリーヴ・テル等で、撮影には「水兵万歳」のハリー・ジャクソンが当たった。

監督
カール・ブラウン
出演キャスト
エリック・リンデン セシリア・パーカー ヘンリー・コルカー チャールズ・リッチマン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > スタンリー・アンドリュース

ムービーウォーカー 上へ戻る