TOP > 人物を探す > 辻野正樹

年代別 映画作品( 2016年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

河童の女

「カメラを止めるな!」などを輩出しているENBUゼミナール・シネマプロジェクト第9弾。川辺の民宿で生まれ、今もそこで働いている浩二。ある日、父が女と出ていき、一人で民宿を続けることに。すると、東京から家出してきた美穂が住み込みで働き始める。監督は、舞台や映像作品の脚本・演出を多数手掛け、本作が初の劇場公開作品となる辻野正樹。ワークショップオーディションで選ばれた青野竜平、郷田明希らに加え、「記憶にございません!」の近藤芳正が出演している。

監督
辻野正樹
出演キャスト
青野竜平 郷田明希 斎藤陸 瑚海みどり
2018年

黒看(クロカン)

  • 2018年8月4日(土)
  • 脚本

怪談集『怪談実話傑作選 弔』に収められたエピソードを、AKB48の山田菜々美主演で映画化。看護師の利江が働く病院で、怪現象が続発。看護師長の務目は、病院内に渦巻く怨念や嫉妬、恨みなどを除霊するため、黒い看護師“黒看”松友岬を招くが……。メガホンを取ったのは、「コープスパーティー」の山田雅史。共演は『ウルトラマンX』の百川晴香。

監督
山田雅史
出演キャスト
山田菜々美 百川晴香 佐伯香織 若松優

枝葉のこと

  • 2018年5月12日(土)
  • 出演

「魅力の人間」で第34回ぴあフィルムフェスティバル準グランプリを獲得した二ノ宮隆太郎監督の実体験を基にした青春ドラマ。鬱屈した日々を過ごす隆太郎は、幼い頃に世話になっていた幼なじみの母・龍子の死期が迫り、彼に会いたがっていることを知り……。監督自ら主演、幼少期から過ごしてきた横浜市二俣川を舞台にし、作中に登場する実家や友人宅は実際の場所を使用。虚と実を織り交ぜながら、私小説的に行き場のない若者たちや現代の家族像を浮かび上がらせる。

監督
二ノ宮隆太郎
出演キャスト
二ノ宮隆太郎 矢島康美 松本大樹 木村知貴
2017年

戸越銀座アメイジングス

  • 2017年5月13日(土)
  • 録音協力

東京・戸越銀座を舞台に、ゴスペル合唱団の人間模様を映し出す音楽ドラマ。ゴスペルを教える八重子のもとに、息子の翔太が恋人の元音大生・要を連れてやって来る。海外留学の夢破れ行く当てのない要は、八重子の家に居座り、合唱団のレッスンまで始めてしまう。出演は「ココロ迷子」の木村恵理、「退屈な日々にさようならを」の疋田健人。監督は、本作が劇映画デビューとなる古武直城。若手映画監督とともに映画を創るプロジェクト「ガチンコ・フィルム ワークショップ」VOL.5作品。

監督
古武直城
出演キャスト
木村恵理 疋田健人 斎藤静香 金井恵理花
2016年

野生のなまはげ

  • 2016年7月16日(土)
  • 出演

都会に迷い込んだ野生のなまはげと少年の交流を綴るファンタジックコメディー。公園でなまはげに追いかけられ、なりゆきで一緒に暮らすことになった11歳の守。だがニュースに取り上げられたことでなまはげは悪徳ペットショップにさらわれてしまう。監督・脚本は、本作で長編デビューを飾る新井健市。坂上忍が指導するアヴァンセキッズスクール期待の新星・中島蓮が主役の守を演じる。

監督
新井健市
出演キャスト
中島蓮 今谷フトシ 長宗我部陽子 網川凛

辻野正樹の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 辻野正樹