映画-Movie Walker > 人物を探す > マリアン・マーシュ

年代別 映画作品( 1931年 ~ 1937年 まで合計16映画作品)

1937年

死の警告

  • 1937年当年公開
  • 出演(Ann_Randall 役)

「犯罪王」「命を賭ける男(1937)」のエイキム・タミロフ、「罪と罰」「ブラウンの誕生日」のマリアン・マーシュ、「医者の日記」のジョン・トレントが共演する映画で、監督には「医者の日記」「アリゾニアン」のチャールズ・ヴィダーが当たり、「結婚の贈物」「浪費者」のレオン・シャムロイが撮影したもの。助演は「ロマンス乾杯」のジェネヴィーヴ・トビン及びレジナルド・デニー、「春を手さぐる」のウィリアム・デマレスト等。

監督
チャールズ・ヴィダー
出演キャスト
エイキム・タミロフ ジョン・トレント マリアン・マーシュ ジュヌヴィエーヴ・トバン

ブラウンの誕生日

  • 1937年当年公開
  • 出演(Jerry_Grant 役)

「お化けトラクター」「お馬に乗って」のジョー・E・ブラウン主演映画で、フレッド・バラード原作、「ダイヤモンド・ジム」のハリー・クローク脚色、「魔の超特急」のハリー・ボーモン監督、「お馬に乗って」のL・ウィリアム・オコンネルが撮影した。助演者は「罪と罰」のマリアン・マーシュ、「海を嫌う船長」のエドガー・ケネディ等で、初巻と終巻はテクニカラー着色である。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン マリアン・マーシュ フレッド・キーティング エドガー・ケネディ
1936年

人間改造

  • 1936年当年公開
  • 出演(Janet_Haydon 役)

「春を手さぐる」のラルフ・ベラミー、「罪と罰」のマリアン・マーシュ、「無限の青空」のイザベル・ジュエルが共演する映画で、トム・ヴァン・ダイクとヘンリー・アルティマスが共作し、バン・ダイクがアーサー・ストローン及びフレッド・ニブロ・ジュニアと協力脚色し、「ダンテの地獄編」のハリー・ラックマンが監督にあたり、「舗道の青春」のジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影したもの。助演は「歌の翼」のサーストン・ホール、「弓矢荘の惨劇」のナチ・ブライヤント及びワード・ボンド、「黒地獄」のウィラード・ロバートソン等である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
ラルフ・ベラミー マリアン・マーシュ サーストン・ホール イザベル・ジュウェル

無法地獄

  • 1936年当年公開
  • 出演(Verna_maxwell 役)

「男性No.1」「ギャングの花嫁」のチェスター・モリスと「三銃士(1935)」「男の敵」のマーゴット・グラハムが主役を勤める映画で、ウィリアム・ランキンが自ら書き下ろした物語を「悪魔の空襲」のブルース・マニングと協力して脚色し、「悪魔の空襲」「黒潮に鳴る心」のアール・C・ケントンが監督にあたり「夢の並木路」「悪魔の空襲」のジョン・ステューマーが撮影した。助演者は「片道切符」「アメリカの恐怖」のロイド・ノーラン「罪と罰」「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「片道切符」のジョージ・マッケイ、その他クロード・ギリングウォーター、ジョン・ガローデット等という顔ぶれである。

出演キャスト
チェスター・モリス マーゴット・グラハム ロイド・ノーラン マリアン・マーシュ
1935年

古城の扉

  • 1935年当年公開
  • 出演(Thea 役)

「フランケンシュタインの花嫁」「月光石」のボリス・カーロフが主演する映画で、アーサー・ストローンが書き下ろした物語を「頓珍外交ゼネバ行」のヘンリー・マイヤースが作者ストローンと協力して脚色し、「九番目の客」「十三日の殺人」のロイ・ウィリアム・ニールが監督に当たり、アル・シーグラーが撮影したものである。助演者は「スポーツ・パレード」「処女読本(1932)」のマリアン・マーシュ、「奇傑パンチョ」「十字軍」のキャサリン・デミル、「歌の翼」「空の殺人光線」のロバート・アレン、「歌の翼」のサーストン・ホール、「八点鐘」のジョン・バックラー、「恋のセレナーデ」のヘンリー・コルカー、「絢爛たる殺人」のコリン・タップリーその他である。

監督
ロイ・ウィリアム・ニール
出演キャスト
ボリス・カーロフ マリアン・マーシュ ロバート・アレン サーストン・ホール

罪と罰(1935・アメリカ)

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sonya 役)

フェードル・ドストイェフスキーの名作小説の映画化で、「西班牙狂想曲」「ブロンド・ヴィナス」のジョセフ・フォンスタンバーグが監督に当たったもの。脚色には「恋の一夜」「舗道」のS.K.ローレンがジョセフ・アンソニーと協力した。主演者は「暗殺者の家」「M」のピーター・ローレ、「ダイヤモンド・ジム」「羅馬太平記」のエドワード・アーノルドで、「古城の扉」のマリアン・マーシュ、「恋をしましょう(1933)」のタラ・ビレル、「台風」のパトリック・キャンベル夫人「深夜の星」のジーン・ロックハート、舞台から来たエリザベス・リスドン、「歌の翼」のロバート・アレン及びダグラス・ダンブリル等が助演している。撮影はルシエン・バラードの担当である。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
エドワード・アーノルド ペーター・ローレ マリアン・マーシュ パトリック・キャンベル夫人

爆弾トラック

  • 1935年当年公開
  • 出演(Sally 役)

「恐怖の夜」「肉弾鬼中隊(1934)」のウォーレス・フォードと「スポーツ・パレード」のマリアン・マーシュが主役を勤める映画で、アンソニ・コールドウェイが原作脚色し、「修羅王ジョーンズ」のランバート・ヒルヤーが監督したもの。助演者は「青空天国」のアーサー・ホール、「荒浪越えて」のチャーリー・グレイプウィン、子役ジェイ・ウォルター・ウォード等で、撮影は「豪勇キッド」のベンジャミン・H・クラインの担当である。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウォーレス・フォード マリアン・マーシュ アーサー・ホール チャーリー・グレイプウィン
1934年

君と唱へば

  • 1934年当年公開
  • 出演(Joan_Anderson 役)

「青い部屋」「透明人間」のグローリア・スチュアートが主演する映画で、ハリー・ソーバーの原作をチャンドラー・スプレイグとジョセフ・サントリーが脚色し「流れる青空」のハリー・ラックマンが監督にあたり、「歓呼の夜」のチャールズ・ステューマーが撮影した。助演者は「スポーツ・パレード」のマリアン・マーシュ、「男の一頁」のシャーリー・グレイ、「海の荒鷲(1933)」のノエル・マディソン、「令女学」のルシル・グリーソン、マーナ・ケネディー、ミッキー・ルーニーその他である。

監督
ハリー・ラクマン
出演キャスト
グロリア・スチュアート ロジャー・プライア マリアン・マーシュ シャーリー・グレイ

銀嶺に帰れ

  • 1934年当年公開
  • 出演(Lillian 役)

「アルプスの血煙」「火の山」と同じくルイス・トレンカーが主演する映画で「火の山」と同じく自ら原作監督に当たったもの。撮影は右二映画のアルベルト・ベニッツが「制服の処女(1931)」のライマール・クンツェと共同し、音楽も右二映画と同じくジューゼッペ・ベッツェ博士が担当している。主役トレンカーを助けて新人マリア・アンダーガスト、「スポーツパレード」のマリアン・マーシュ、パウル・ヘンケルス、メラニー・ホレンショウスキー、ジミー・フォックス等が出演している。

監督
ルイス・トレンカー
出演キャスト
ルイス・トレンカー マリア・アンダーガスト マリアン・マーシュ Melanie Horeschowsky
1932年

処女読本(1932)

  • 1932年当年公開
  • 出演(Marge_Evans 役)

「近代エロ双紙」のチャールズ・ケニヨン、「マルタの鷹(1931)」のモード・フルトン両人が合作し、台詞を附した脚本により「悪魔スヴェンガリ」「地獄の一丁目」のアーチー・L・メイヨが監督し、「最後の偵察」「魔天街の銃声」のシド・ヒコックスが撮影にあったたもので、主なる出演者は「狂へる天才」「悪魔スヴェンガリ」のマリアン・マーシュ、「二十四時間」「タッチダウン」のレジス、トゥーミー、「ニューヨークの歩道」のアニタ・ペイジ、エマ・ダン、ウォレン・ウィリアム、ジョイス・コンプトン、J・ファーレル・マクドナルド、ノーマン・フォスター、メアリー・ドーラン、ウォルター・マッグレイルなどである。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
マリアン・マーシュ レジス・トゥーミー ウォーレン・ウィリアム アニタ・ペイジ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリアン・マーシュ