映画-Movie Walker > 人物を探す > ベリンダ・リー

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1961年 まで合計8映画作品)

1961年

残酷な夜

  • 1961年11月1日(水)公開
  • 出演(Anna 役)

ジョルジョ・バッサーニの原案を映画化した人間ドラマ。監督はフロレスターノ・ヴァンチーニ。脚色はエンニオ・デ・コンチーニ、ピエル・パオロ・パゾリーニ、フロレスターノ・ヴァンチーニの共同。撮影はカルロ・ディ・パルマ。出演するのはベリンダ・リー、ジーノ・チェルヴィなど。

監督
フロレスターノ・ヴァンチーニ
出演キャスト
ベリンダ・リー ガブリエレ・フェルゼッティ ジーノ・チェルヴィ エンリコ・マリア・サレルノ

情欲の魔境

  • 1961年10月7日(土)公開
  • 出演(Alice 役)

アフリカを舞台にした恋愛メロドラマ。ジョイ・パッカーの原作小説をガイ・エルムズがシナリオ化し、監督に当ったのはケン・アナキン。撮影をハリー・ワックスマンが担当している。音楽を受けもったのはジョン・ホリングスワース。出演しているのは故ベリンダ・リー、マイケル・クレイグ、アンナ・ゲイラー、パトリック・マクゴーハンなど。製作はジョン・スタフォード。

監督
ケン・アナキン
出演キャスト
ベリンダ・リー マイケル・クレイグ パトリック・マクグーハン アンナ・ゲイラー

コンスタンチン大帝

  • 1961年7月19日(水)公開
  • 出演(Fausta 役)

ローマ時代に材をとった史劇スペクタクル。フルヴィオ・パルミエルの歴史小説を、エンニオ・デ・コンチーニ、リオネロ・デ・フェリーチェ、エルンスト・ユイダ、フランコ・ロゼッティ、グリエルモ・サンタンジェロの四人が共同で脚色。監督に当ったのは記録映画作家でもあるリオネロ・デ・フェリーチェ。撮影はマッシモ・ダラマーノ。音楽はマリオ・ナシンベーネ。出演するのは「キリマンジャロの決闘」のコーネル・ワイルド、「今晩おひま?」のベリンダ・リー、「ポンペイ最後の日(1960)」のクリスティーネ・カウフマン、マッシモ・セラート、エリザ・チェガーニなど。製作はフェルディナンド・フェリチオーニ。トータルスコープ。

監督
リオネロ・デ・フェリーチェ
出演キャスト
コーネル・ワイルド ベリンダ・リー クリスティーネ・カウフマン エリザ・チェガーニ
1959年

今晩おひま?

  • 1959年10月22日(木)公開
  • 出演(Ghislaine 役)

ヌーヴェル・ヴァーグの一人で弱冠二十九歳の新進ジャン・ピエール・モッキーが監督した青春映画。脚本もモッキーが書き、撮影は「赤い風船」のエドモン・セシャン。出演は「危険な曲り角」のジャック・シャリエ、シャンソン歌手で有名なシャルル・アズナヴール、「正午に銃殺の鐘が鳴る」のダニー・ロバン、「奥様にご用心」のダニイ・カレル、「殺られる」のエステラ・ブラン、「モンパルナスの灯」のアヌーク・エーメ、「少年が知っている!」のベリンダ・リー、他にニコール・ベルジェ、イング・ショエネル等。製作ジョゼフ・リスボナ。

監督
ジャン・ピエール・モッキー
出演キャスト
ジャック・シャリエ シャルル・アズナヴール ダニー・ロバン ダニー・カレル

娼婦ローズマリーの真相

  • 1959年10月17日(土)公開
  • 出演(Rosemarie 役)

現在なお未解決のローズマリー醜聞事件に材をとり、J・ヨアヒム・バルシュがシナリオを書下し、「題名のない映画(1948)」のルドルフ・ユーゲルトが監督した、一女性の悲劇的な半生を描いた作品。撮影はゲオルク・クラウゼ、音楽はウィリー・マテスが担当。出演は「狂乱のボルジア家」のベリンダ・リー、他にワルター・リラ、パウル・ダールケ、ハンス・ニールセン等。

監督
ルドルフ・ユーゲルト
出演キャスト
ベリンダ・リー ワルター・リラ パウル・ダールケ ハンス・ニールセン

狂乱のボルジア家

  • 1959年9月29日(火)公開
  • 出演(Lucrece Borgia 役)

イタリア中世史に悪名高い“ボルジア家”を題材にしたお馴染みの活劇。マリオ・カイアーノとアルド・セグリーのオリジナル・シナリオをセルジオ・グリエコが監督、撮影はマッシモ・ダラマーノが担当している。今回の中心人物リュクレスには「今晩おひま?」のベリンダ・リーが扮し、他に「青春群像」のフランコ・ファブリッツィ、「トロイのヘレン」のジャック・セルナス、ミシェル・メルシェ、アーノルド・フォア等。製作カルロ・カヤーノ。イーストマンカラー・トータルスコープ。

監督
セルジオ・グリエコ
出演キャスト
ベリンダ・リー ジャック・セルナス アーノルド・フォア ミシェル・メルシェ
1957年

少年が知っている!

  • 1957年8月21日(水)公開
  • 出演(Molly Wilson 役)

リネット・ペリイの脚本を編集者出身のクライヴ・ドナーが初監督したサスペンス・ドラマ。撮影は「スピードを盗む男」のアーネスト・スチュワード。「零下の地獄」のクリフトン・パーカー作曲の音楽を「スピードを盗む男」のミューア・マシーソンが演奏指揮する。主演は「デッドロック」のベリンダ・リー、「ナイルを襲う嵐」のロナルド・ルイス、映画主演四本目のマイケル・ブルック少年。ほかに「仮面の追撃」のジェフリー・キーン、ヴェテラン、マイケル・グウィンなど。

監督
クライヴ・ドナー
出演キャスト
ベリンダ・リー ロナルド・ルイス マイケル・ブルック マイケル・グウィン
1955年

デッドロック(1955)

  • 1955年8月25日(木)公開
  • 出演(Elyzabeth_Travers 役)

「デカメロン夜話」のM・J・フランコヴィッチとマックスウェル・セットンの英フランコヴィッチ・プロ製作。原作はW・W・ジェイコブス、アーサー・ピアソンが脚色、ドロシー・リードと「情事の終り」のレノア・コフィが共同で脚本化し「渓谷の騎士」のアーサー・ルービンが監督に当たる。撮影は「快傑紅はこべ」のクリストファー・チャリス、音楽は「情事の終り」のベンジャミン・フランケルが担当。主なる出演者は「緑の火・エメラルド」のスチュワート・グレンジャー、「デジレ」のジーン・シモンズ、「ロミオとジュリエット」のビル・トラヴァース、日本初見参のベリンダ・リーなど。

監督
アーサー・ルービン
出演キャスト
スチュワート・グレンジャー ジーン・シモンズ ビル・トラヴァース ベリンダ・リー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベリンダ・リー