TOP > 映画監督・俳優を探す > 水間ロン

年代別 映画作品( 2015年 ~ 2020年 まで合計5映画作品)

2020年

燕 Yan

「サヨナラまでの30分」などの撮影監督を務めた今村圭佑による長編初監督作品。28歳の燕は父から、台湾・高雄に住む兄・龍心に、ある書類を届けるよう頼まれる。燕の母は、彼が5歳のときに兄を連れていなくなった。燕は様々な思いを抱え、台湾に向かう。出演は、「パラレルワールド・ラブストーリー」の水間ロン、「閉鎖病棟 それぞれの朝」の山中崇。

監督
今村圭佑
出演キャスト
水間ロン 山中崇 テイ龍進 長野里美
2019年

パラレルワールド・ラブストーリー

  • 2019年5月31日(金)
  • 出演(柳瀬礼央 役)

映像化不可能と言われた東野圭吾のベストセラーをKis-My-Ft2の玉森裕太主演で映画化したミステリー。恋人と幸せな日々を過ごす世界と、親友が恋人とつきあう別の世界という2つの世界を行き来する男が辿る運命を描く。主人公のミステリアスな恋人を吉岡里帆、中学時代からの親友を染谷将太が演じる。

監督
森義隆
出演キャスト
玉森裕太 吉岡里帆 染谷将太 筒井道隆
2018年

きみの鳥はうたえる

  • 2018年9月1日(土)
  • 出演

佐藤泰志の同名小説の舞台を現代の函館に移し、「Playback」の三宅唱が映画化した青春ドラマ。書店で働く“僕”は、失業中の静雄と同居している。ふとしたきっかけで関係を持った同僚・佐知子が毎晩のようにアパートを訪れ、3人で過ごすようになる。出演は、「素敵なダイナマイトスキャンダル」の柄本佑、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」の染谷将太、「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」の石橋静河。2018年8月25日より函館シネマアイリスにて先行公開。

監督
三宅唱
出演キャスト
柄本佑 石橋静河 染谷将太 足立智充
2017年

ぐちゃぐちゃ

  • 2017年4月22日(土)
  • 出演

学生と映画館との共同企画『トリウッドスタジオプロジェクト』第11弾。内なるモヤモヤを隠しつつ日々を過ごす26歳のOL紗弓。そんな彼女の前に少し変わった男たちが次々と現れる。やがて同僚として会社に入って来た今泉に自分と同じ匂いを感じる紗弓だが……。出演は「でーれーガールズ」の石崎なつみ、「あやしい彼女」の田村健太郎、「はなくじらちち」の森下能幸、「溺れるナイフ」の斉藤陽一郎、「クズとブスとゲス」の板橋駿谷、「色あせてカラフル」の水間ロン、「過激派オペラ」の範田紗々。監督・脚本は、専門学校東京ビジュアルアーツに通う山岸綾。本公開に先駆け、2017年3月4日~10日下北沢トリウッドにて特別先行ロードショー。

監督
山岸綾
出演キャスト
石崎なつみ 田村健太郎 森下能幸 斉藤陽一郎
2015年

色あせてカラフル

  • 2015年11月7日(土)
  • 出演(悠木新 役)

学生と映画館との共同企画『トリウッドプロジェクト』第10弾。顔にあった大きなアザのことを気にしながら生きてきた23歳の女性が、美容院でアルバイトを始め様々な人と出会い、皆それぞれに過去があることに気付いていくさまを映し出す。出演は「リュウグウノツカイ」の佐藤玲、「宇田川町で待っててよ。」の黒羽麻璃央、「MONSTERZ モンスターズ」の落合モトキ、「ゆめはるか」の岩井七世、「HERO」の田中要次、「20世紀少年」シリーズの研ナオコ。

監督
横山久美子
出演キャスト
佐藤玲 水間ロン 黒羽麻璃央 落合モトキ

水間ロンの関連人物

染谷将太  田中要次  宇都宮太良  林恩均  山本亜依 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 水間ロン

ムービーウォーカー 上へ戻る