映画-Movie Walker > 人物を探す > ローランド・ボットムリー

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1925年 まで合計4映画作品)

1925年

義賊ラッフルズ

  • 1925年当年公開
  • 出演(Lord_Croeley 役)

探偵小説家E・W・ホーナング氏の書いた短編小説集ラッフルズ物語と、ユージーン・プレスブリー氏がそれに基づいて書いた舞台劇を材料として、ハーヴェイ・シュウ氏が脚色し、「大台風」「名家の秘密」等と同じくキング・バゴッド氏が監督したものである。主役は「大台風」「風に逆らいて」等のハウス・ピーター氏と「愚なる妻」「結婚とは」等のミス・デュポン嬢でその他ウォルター・ロング氏、ヘッダ・ホッパー嬢、フリーマン・ウッド氏等が共演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ハウス・ピータース ミス・デュポン ヘッダ・ホッパー Erederick Esmelton
1923年

晩年の誘惑

  • 1923年当年公開
  • 出演(Francois_Chavelle 役)

ビートリス・ドヴスキーの原作をチャールズ・ホーランが監督した社会劇で、主役は「塵の明星」に主演したホープ・ハンプトンで、その他ロバート・ヘインズ、ペギー・ショウ、フローレンス・ショート等が共演する。

監督
チャールズ・ホーラン
出演キャスト
ホープ・ハンプトン ロバート・ヘインズ フローレンス・ショート ウォルター・ペティ

新妻の秘密

  • 1923年当年公開
  • 出演(Frank_Despard 役)

かつてメトロのスターであったフランシス・ブッシュマンとベヴァリー・ベインの御夫婦が、永い間映画界に遠ざかっていた後、久振りで作った映画で、アメリカではブッシュマン夫婦とローランド・ボットムリー氏、ジタ・モールトン嬢の四人でこの映画をもって連鎖劇の巡業をして歩いたものである。劇中妻が他の男と関係のあることを知った男の苦脳の場を実演で見せ連鎖劇の珍らしいアメリカでは大当たりを取った。この映画はデレク・ヴェーン氏の小説を、ドロシー・ファーナム嬢が脚色し、古く「亭主入用」「讃美歌と鼻唄」等を監督したローレンス・ウィンドム氏が監督の任に当つたもの。

監督
ローレンス・ウィンドム
出演キャスト
フランシス・X・ブッシュマン ビヴァリー・ベイン Frankie Dvans ローランド・ボットムリー
1921年

悪魔(1921)

  • 1921年当年公開
  • 出演(George_Roben 役)

米国劇壇で相当の名声あるジョージ・アーリスが映画界に入って第1回の作品で、ハンガリアの作家フェレンク・モルナールの舞台劇を、ジェームズ・ヤングが監督したもの。アーリスの相手は「鷹の黒影」「暁の悲歌」などに出演したシルヴィア・ブリーマーと若く美しいルーシー・ボーモン、「善道への導き」など出演のエドモンド・ロウらである。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ジョージ・アーリス シルヴィア・ブリーマー ルシー・コットン マリー・メッセンジャー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ローランド・ボットムリー