映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーリス

年代別 映画作品( 1921年 ~ 1934年 まで合計8映画作品)

1934年

最後の紳士

  • 1934年当年公開
  • 出演(Cabot_Barr 役)

「ロスチャイルド」に次ぐジョージ・アーリス主演の20世紀映画社作品で、カザリン・クラッグストンが特に書き下ろした物語を「復活(1934)」「花嫁は泣きました」のレナード・プラスキンスが脚色し、「ムーラン・ルージュ」「軟派ガール」のシドニー・ランフィールドが監督に当たり、「バワリイ」「キャバレエの鍵穴」のバーニー・マクギルが撮影している。助演俳優は「林檎の頬」のジャネット・ビーチャー、「立ち上がる米国」「シマロン(1931)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「不思議の国のアリス(1933)」のシャーロット・ヘンリー、「ますらを」「力と栄光」のラルフ・モーガン「九番目の客」「絶対の秘密」のエドワード・エリス、「海軍士官候補生(1933)」「怪特急列車」のフランク・アルバートスン、「からくり珍裁判」のドナルド・ミーク、ラファエラ・オッティアノ、ジョセフ・カウソーンという面々である。

監督
シドニー・ランフィールド
出演キャスト
ジョージ・アーリス エドナ・メイ・オリヴァー ジャネット・ビーチャー シャーロット・ヘンリー

ロスチャイルド

  • 1934年当年公開
  • 出演(Mayer_Rothschild 役)、出演(Nafnan_Rothschild 役)

「千両長者」のジョージ・アーリスの20世紀映画社入社第1回主演映画で、ジョージ・ヘンバート・ウェストリー原作の舞台劇に基づいて、「坊やはおやすみ」「ママはパパが好き」のナナリ・ジョンスンが脚色し、「失恋相談欄」「ボクは芸人」のアルフレッド・ワーカーが監督に当たり、「新世紀」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者は「キャラバン」「餓ゆるアメリカ」のローレッタ・ヤング、「今日限りの命」「カンターの闘牛師」のロバート・ヤング、「ミイラ再生」「魔の家(1932)」のボリス・カーロフを始め、「クリスチナ女王」のアーサー・バイロン、ヘレン・ウェストリー、レジナルド・オーウェン、フローレンス・アーリス、アラン・モーブレイ等である。

監督
アルフレッド・ワーカー
出演キャスト
ジョージ・アーリス ボリス・カーロフ ロレッタ・ヤング ロバート・ヤング

風雲の欧羅巴

  • 1934年当年公開
  • 出演(Duke of Wellington 役)

「ロスチャイルド」「最後の紳士」のジョージ・アーリスが渡英して主演した映画で、「クリスチナ女王」のH・M・ハーウッドの書卸しの脚本により「夕暮れの歌」「永遠の緑」のヴィクター・サヴィルが監督に当たった。助演者は、劇壇の人たるグラディス・クーパー、レスリー・ウェアリング、エラリン・テリス、「夕暮れの歌」のエムリン・ウィリアムズ、アラン・エインスウォース、エドモンド・ウィラード、その他である。キャメラは「旅愁」等のクルト・クーラントが担任した。

監督
ヴィクター・サヴィル
出演キャスト
ジョージ・アーリス グラディス・クーパー エラリン・テリス A・E・マシュース
1931年

千万長者

  • 1931年当年公開
  • 出演(James_Alden 役)

かつて「悪魔(1921)」「平民宰相」などにも出演して知られている舞台俳優ジョージ・アーリスが主演する映画で、原作は「七つの鍵」「熱砂果てるところ」のアール・ディア・ビッガース、それを「最後の栄冠」のジュリエン・ジョセフソンとモード・ハウエルが共同脚色し、ブース・ターキントンが台詞を付し、「男装女キャプテン」「親父どうした」のジョン・G・アドルフィが監督した。カメラは「某重大事件」「歓楽地帯」のジェームズ・ヴァン・ツリースが受持ちで助演者は「氷原の彼方」のエヴェリン・ナップ、「愛する権利(1930)」のデイヴィッド・マナース、ノア・ビアリーその他である。

監督
ジョン・G・アドルフィ
出演キャスト
ジョージ・アーリス エヴァリン・ナップ ブラムウェル・フレッチャー J・ファーレル・マクドナルド
1930年

緑の女神

  • 1930年当年公開
  • 出演(Rajahot_Rukh 役)

「千万長者」と同じくジョージ・アーリスが主演する映画で、原作はウィリアム・アーチャーの筆になる戯曲、それを「千万長者」「最後の栄冠」のジュリエン・ジョセフソンが脚色し、「モダン出世鏡」のアルフレッド・E・グリーンが監督に当たった。助演者は「ソレルとその子」「スコール」のアリス・ジョイス、「黄金の世界へ」のラルフ・フォーブス、「リリオム」「某重大事件」のH・B・ワーナー、アイヴァン・シンプソン、レジナルド・シェフィールド、ベティー・ボイドなどで、カメラは「某重大事件」「歓楽地帯」のジェームズ・ヴァン・ツリースが担任。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
ジョージ・アーリス アリス・ジョイス ラルフ・フォーブス H・B・ワーナー
1924年

富貴を茶にして

  • 1924年当年公開
  • 出演(John_Reeves 役)

エドガー・フランクリン氏原作の小説「養子にした父」“The Adopted Father”をフォレスト・ハルシー氏が脚色し「不盡の熱火」「沈黙の声」等と同じくF・ハーモン・ウェイト氏の監督、ジョージ・アーリス氏の主演になったもので、セルズニック社から発揮されたディスティンクティヴ映画である。共演者は「ホワイト・シスター(1923)」「桃色の夜は更けて」出演のロナルド・コールマン氏、「狂恋の唄女」「大北の怪異」等出演のエディス・ロバーツ嬢等である。

監督
F・ハーモン・ウェイト
出演キャスト
ジョージ・アーリス テイラー・ホームズ エディス・ロバーツ ロナルド・コールマン
1922年

不尽の熱火

  • 1922年当年公開
  • 出演(James_Alden 役)

サタディ・イヴニング・ポースト誌上載せられたアール・ピガース原作の物語をフォレスト・ハルシーが脚色、F・ハーモン・ウェイトが監督した。主役は「悪魔(1921)」で紹介された性格俳優ジョージ・アーリスで、対手役としてドリス・ケニヨン、エドワード・バーンズ等が出演する。今までのアーリスの映画と違って軽いユーモアのうちに人間味を漂わせた静かなものである。

監督
F・ハーモン・ウェイト
出演キャスト
ジョージ・アーリス ドリス・ケニヨン エドモンド・バーンズ Ida Darling
1921年

悪魔(1921)

  • 1921年当年公開
  • 出演(Mr. Muller 役)

米国劇壇で相当の名声あるジョージ・アーリスが映画界に入って第1回の作品で、ハンガリアの作家フェレンク・モルナールの舞台劇を、ジェームズ・ヤングが監督したもの。アーリスの相手は「鷹の黒影」「暁の悲歌」などに出演したシルヴィア・ブリーマーと若く美しいルーシー・ボーモン、「善道への導き」など出演のエドモンド・ロウらである。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ジョージ・アーリス シルヴィア・ブリーマー ルシー・コットン マリー・メッセンジャー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョージ・アーリス