TOP > 人物を探す > チャーリー・バーネット

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2010年 まで合計4映画作品)

2010年

ホームレス・ワールドカップ

  • 2010年5月8日(土)
  • 音楽

ホームレスの人のみが参加できるミニサッカーの世界大会“ホームレス・ワールドカップ”のドキュメンタリー。この大会を通じて現状を変えようとする出場者たちの姿を追う。共同監督は、「Mario’s Story」のスーザン・コッホとジェフ・ワーナー。ナビゲーターは「Dr.パルナサスの鏡」のコリン・ファレル。

監督
スーザン・コッホ ジェフ・ワーナー
出演キャスト
1989年

モンド・ニューヨーク

  • 1989年1月28日(土)
  • 出演

ニューヨークのアヴァンギャルドなパフォーマンス・アーティスト達の姿を描くドギュメンタリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはドリアン・ヘンドリックス、製作はスチュアート・S・シャピロ、監督・脚本はハーヴェイ・キースで本作品が長編デビュー作にあたる。共同脚本はデイヴィッド・シルヴァー、撮影はレオナード・ウォン、音楽はジョニー・パチェコとルイス・ペリコ・オリッツが担当。出演はリディア・ランチほか。

監督
ハーヴェイ・キース
出演キャスト
フィービー・レジェール Joey Arias リディア・ランチ John Sex
1984年

D.C.キャブ

  • 1984年12月22日(土)
  • 出演(Tyrone 役)

ワシントンのタクシー会社を舞台にした喜劇。製作はトッパー・ケイルー。共同製作はカシアス・ヴァーノン・ウェザビー。エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・グーバーとジョン・ピータース。監督は「縮みゆく女」(81)のジョエル・シューマカー。トッパ!・ケイルーとジョエル・シューマカーの原案に基づいてシューマッチャーが脚色。撮影はディーン・カンディ、音楽はジョルジオ・モロダーが担当。出演はアダム・ボールドウィン、ミスター・T、チャーリー・バネット、マックス・ゲイルなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は進藤光太。テクニカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ジョエル・シュマッカー
出演キャスト
アダム・ボールドウィン チャーリー・バーネット アン・デ・サルヴォ マックス・ゲイル
1951年

ヒットパレード

  • 1951年12月7日(金)
  • 出演

「虹を掴む男」のダニー・ケイとヴァージニア・メイヨのコンビが同じくサミュエル・ゴールドウィンの許で主演する1948年度テクニカラー喜劇、往年の「火の玉」の再映画化。「サンセット大通り」のビリー・ワイルダーとトーマス・モンローが脚色、「僕は戦争花嫁」のハワード・ホークスが監督に当った。撮影は「南部の唄」のグレッグ・トーランド、音楽はエミール・ニューマンとヒューゴー・フリードホファの共同担当である。上述主演2名の他「われら自身のもの」の脚本を書いたヒュー・ハーバート、「我等の生涯の最良の年」のスティーヴ・コクランらが出演するほか、特別出演として、ジャズ音楽界の一流メンバーである、ベニイ・グッドマン、トミイ・ドオシイ、ルイ・アームストロング、ライオネル・ハンプトン、チャアリイ・バアネット、メル・パウエル、ゴールデン・ゲイト4重唱団、ペイジ・キャヴァノ3重奏団らが顔を揃える。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
ダニー・ケイ ヴァージニア・メイヨ ヒュー・ハーバート スティーヴ・コクラン

チャーリー・バーネットの関連人物

Shannah Laumeister  Dean Johnson  Karen Finley  ジョー・コールマン  John Sex 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/10更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > チャーリー・バーネット

ムービーウォーカー 上へ戻る