映画-Movie Walker > 人物を探す > カミルラ・ホルン

年代別 映画作品( 1926年 ~ 1938年 まで合計7映画作品)

1938年

旅する人々

  • 1938年公開
  • 出演(Pepita 役)

「鎧なき騎士」に次ぐジャック・フェーデ監督作品で、「女だけの都」のフランソワーズ・ロゼーと「モスコーの夜は更けて」のハンス・アルバースが主演する。脚本はフェーデが「みどりの園」の原作者ジャック・ヴィオと協力書卸したもの。助演者は「最後の一兵まで」のハンネス・シュテルツァー、「スパイ戦線を衝く」のイレーネ・フォン・マイエンドルフ、「ファウスト」のカミルラ・ホルン、「支配者」のハーバート・ヒュブナー、新人ウラ・ガウグリッツその他で、音楽は「世界のメロディー」のウォルフガング・ツェラー、撮影はフリッツ・コッホが担当。

監督
ジャック・フェーデ
出演キャスト
ハンス・アルバース フランソワーズ・ロゼー カミルラ・ホルン ハーバート・ヒュブナー
1933年

ハンガリア驃騎兵

  • 1933年公開
  • 出演(Vilma 役)

「不滅の放浪者」「偽国旗の下に」のグスタフ・フレーリッヒと「ファウスト」「テンペスト」のカミルラ・ホルンが主演する映画で、フランツ・ヘルツェクの原作に基き「春のパレード」「別れの曲」のエルンスト・マリシュカが脚色し、主演者フレーリッヒがステファン・ツェセケリイと協力して監督に当り、「モナ・リザの失踪」「維納の花嫁」のウイリー・ゴルトベルガーと「ペエテルの歓び」「春のパレード」のステファン・アイベンが共同撮影したもの。助演者は「ペエテルの歓び」のアントン・ポイントナー、レオポルド・クラマー、パウル・ワグナー、ティボル・フォン・ハルマイ等である。

監督
グスタフ・フレーリッヒ ステファン・ツェセケリイ
出演キャスト
グスタフ・フレーリッヒ カミルラ・ホルン レオポルド・クラマー パウル・ワグナー
1931年

カイロの戦慄

  • 1931年公開
  • 出演(Camilla 役)

「ゴルダー」の次ぎ、「にんじん」の前に作られたジュリアン・デュヴィヴィエ監督映画のドイツ語版で、「たそがれの維納」「ワルツ合戦」のアドルフ・ウォールブリュックとかつて「ファウスト」に出演したカミルラ・ホルンが主演し、ジャック・トレヴァー、アラン・デュラント、ジョルジュ・ペクレ等が助演している。原作はアンドル・ルウズ作の小説で監督デュヴィヴィエが脚色した。撮影は「装へる夜」「にんじん」のアルマン・ティラールがモローと協力し、音楽は「母性の秘密」のジャック・イベールの担任。

監督
ジュリアン・デュヴィヴィエ
出演キャスト
アドルフ・ウォールブリュック カミルラ・ホルン ジャック・トレヴァー アラン・デュラント
1929年

山の王者

  • 1929年公開
  • 出演(Ciglia 役)

「テムペスト(1928)」「マノン・レスコオ」等と同じくジョン・バリモア氏の主演する映画で「陽気なパリっ子」「結婚哲学」等のエルンスト・ビッチュ氏の監督した作品である。原作はヤコブ・クリストフ・ヒーア氏の手になるものでそれを「クォリティ街」「楽園に帰る(1928)」のハンス・クレーリー氏が脚色した。バリモア氏の相手役は「テムペスト(1928)」「ファウスト」に出たカミラ・ホルン嬢であるが、その他に「情炎の美姫」「ポンペイ最後の日」のヴィクター・ヴァルコニ氏、新進のモナ・リコ嬢、ホバート・ポスウォース氏、等も出演している。キャメラは「港の女」「噂の女」のオリヴァー・T・マーシュ氏。発声版の方はドクター・ヒューゴー・リーゼンフェルド氏の編曲を付したサウンド・ピクチュアとなっている。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
ジョン・バリモア カミルラ・ホルン ヴィクター・ヴァルコニ ホバート・ボスウォース
1928年

テムペスト(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Lutchess_Tamara 役)

「マノン・レスコオ」に次ぐジョン・バリモア氏主演の映画で、「雀」等を脚色した映画界古参の作家C・ガードナー・サリヴァン氏が自らオリジナル・ストリーを立て、台本を執筆したものにより、「デパート娘大学」「ロイドの福の神」等と同じくサム・テイラー氏が監督したものである。バリモアー氏の相手役は、「ファウスト」出演のカミラ・ホルン嬢が渡米後第一回出演として務め、2人を助けて「ソレルとその子」「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏が重要なる役を演ずるほか、「結婚行進曲」のジョージ・フォーセット氏、ポリス・デ・ファス氏、ウルリッヒ・ハウプト氏、等も出演している。因にシェークスピアの戯曲に同名のものがあるが、この映画の映画化では全然ない。

監督
サム・テイラー
出演キャスト
ジョン・バリモア カミルラ・ホルン ルイス・ウォルハイム ボリス・デ・ファス
1927年

アルゼリアの女

  • 1927年公開
  • 出演(Adrienne Brisson 役)

マックス・ラインハルト門下の舞台監督として知られたヴォルフガング・ホフマン・ハルニッシュ氏が監督した映画で「アパッシュ」の脚色者ロベルト・ライネルト氏が原作脚色「ファウスト」「ジーグフリード」のカール・ホフマン氏が撮影したもの。主役は「ヴェニスの謝肉祭」のマリア・ヤコビニ嬢で「ファウスト」のカミルラ・ホルン嬢、「ヴァリエテ(1925)」のウォーウィック・ウォード氏、「プラーグの大学生(1926)」のエリッツア・ラ・ポルタ嬢、「ムーラン・ルージュ」のジャン・ブラダン氏等が共演する。(無声)

監督
ヴォルフガング・ホフマン・ハルニッシュ
出演キャスト
マリア・ヤコビニ カミルラ・ホルン エリッツア・ラ・ポルタ ウォーウィック・ウォード
1926年

ファウスト(1926)

  • 1926年公開
  • 出演(Gretchen 役)

ドイツの文豪ゲーテが24歳から82歳までかかって書き上げたファウスト、それは古代ドイツの伝説である。多くの作家が或いは劇に或いは音楽にこの主題を取り入れているが、ウーファ社がこれを映画化するに当っては、著名な監督であり文学者であるルドウィッヒ・ベルゲルの書いた脚本『失われし楽園』を土台とし、ハンス・カイザー氏をして創作的な撮影台本を作り上げさせた。監督は「最後の人」と同じくF・W・ムルナウ氏が当り、メフィストには「最後の人」「ヴァリエテ(1925)」等出演のエミール・ヤニングス氏、ファウストにはスウェーデンの名優で「愛の坩堝」出演のエスタ・エクマン氏、グレーチヘンには無名の少女カミルラ・ホルン嬢が抜擢され、その他「シャロレー伯爵」出演のヴィルヘルム・ディーテルレ氏、フリーダ・リヒャルト夫人、ハンナ・ラルフ嬢、イヴェット・ギルベール夫人等が出演している。無声。

監督
F・W・ムルナウ
出演キャスト
エミール・ヤニングス エスタ・エクマン カミルラ・ホルン ヴィルヘルム・ディーテルレ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カミルラ・ホルン