映画-Movie Walker > 人物を探す > イザベル・ユペール

年代別 映画作品( 1981年 ~ 2019年 まで合計37映画作品)

2019年

グレタ GRETA

  • 2019年11月8日(金)公開予定
  • 出演(グレタ 役)、出演(Greta Hideg 役)

監督
ニール・ジョーダン
出演キャスト
イザベル・ユペール クロエ・グレース・モレッツ
2018年

マルヴィン、あるいは素晴らしい教育

  • 2018年当年公開
  • 出演

「夜明けの祈り」(16)のアンヌ・フォンテーヌ監督作。第74回ベネチア国際映画祭オリゾンティ部門出品作品。フランス映画祭 2018にて上映。(イオンシネマみなとみらいにて6月23日に上映)

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
フィネガン・オールドフィールド ヴァンサン・マケーニュ イザベル・ユペール

快楽の漸進的横滑り

  • 2018年11月23日(金)公開
  • 出演

公衆道徳に反するともみなしうる先進的表現が物議を醸し、各国で上映禁止になったアラン・ロブ=グリエの問題作。ルームメイト殺しの容疑で逮捕された女アリス。ベッドに拘束され、心臓をハサミで突き刺された被害者の体には、聖女の殉教の絵が描かれていた。出演は、「フレンズ ポールとミシェル」のアニセ―・アルヴィナ、「男と女」のジャン=ルイ・トランティニヤン、「007/ムーンレイカー」のマイケル・ロンズデール、「エル ELLE」のイザベル・ユペール。グリエ監督作の特集上映『アラン・ロブ=グリエ レトロスペクティブ』で劇場正式初公開。

監督
アラン・ロブ=グリエ
出演キャスト
アニセ―・アルヴィナ ジャン=ルイ・トランティニヤン マイケル・ロンズデール イザベル・ユペール

クレアのカメラ

  • 2018年7月14日(土)公開
  • 出演(Claire 役)

2016年のカンヌ国際映画祭期間中、韓国の鬼才ホン・サンスが、イザベル・ユペール、キム・ミニを起用して現地で撮影した中編。カンヌ映画祭期間中、突然、社長から解雇された映画会社の社員マニは、カメラが趣味のフランス人女性クレアと出会うが……。「悲夢」のチャン・ミヒ、「江南ブルース」のチョン・ジニョンが共演。

監督
ホン・サンス
出演キャスト
キム・ミニ イザベル・ユペール チャン・ミヒ チョン・ジニョン

ハッピーエンド

  • 2018年3月3日(土)公開
  • 出演(アンヌ 役)

ミヒャエル・ハネケの下、欧州の実力派俳優競演で綴る愛と死のドラマ。瀟洒な邸宅で三世代同居しながらも、心はバラバラなブルジョワジーのロラン家。そんな中、家業を娘のアンヌに譲って引退した85歳のジョルジュは、13歳の孫娘エヴと再会するが……。出演は「愛、アムール」のジャン=ルイ・トランティニャン、「エル ELLE」のイザベル・ユペール、「アメリ」のマチュー・カソヴィッツ。

監督
ミヒャエル・ハネケ
出演キャスト
イザベル・ユペール ジャン=ルイ・トランティニャン マチュー・カソヴィッツ ファンティーヌ・アルドゥアン
2017年

エル ELLE

  • 2017年8月25日(金)公開
  • 出演(ミシェル 役)

第74回ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞と外国語映画賞をダブル受賞した、ポール・ヴァーホーヴェン監督によるエロティックなサスペンス・スリラー。イザベル・ユペールが会社社長のヒロインを演じ、ある事件をきっかけにその恐ろしい本性が明らかになり、周囲を巻き込んでいくさまがつづられる。

監督
ポール・ヴァーホーヴェン
出演キャスト
イザベル・ユペール ローラン・ラフィット アンヌ・コンシニ シャルル・ベルリング

未来よ こんにちは

  • 2017年3月25日(土)公開
  • 出演(ナタリー 役)

「EDEN エデン」のミア・ハンセン=ラブ監督による第66回ベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作。パリの高校で哲学を教えているナタリーは、忙しいながらも充実した日々。だが突然、夫から離婚を告げられ、母は他界、仕事も停滞し、気付けばおひとり様となっていた……。出演は「アスファルト」のイザベル・ユペール、「偉大なるマルグリット」のアンドレ・マルコン、「EDEN エデン」のロマン・コリンカ、「ホーリー・モーターズ」のエディット・スコブ。撮影を「アリスのままで」のドニ・ルノワールが担当する。

監督
ミア・ハンセン=ラブ
出演キャスト
イザベル・ユペール アンドレ・マルコン ロマン・コリンカ エディット・スコブ
2016年

母の残像

  • 2016年11月26日(土)公開
  • 出演

ラース・フォン・トリアーの甥ヨアキム・トリアーの長編3作目。戦争写真家だった母イザベルの死から3年後、回顧展のために長男ジョナが父ジーンと弟コンラッドの暮らす実家に戻る。彼らが母への思いを語るうち、彼女の知られざる一面が明らかになっていく。出演は、「ユージュアル・サスペクツ」のガブリエル・バーン、「ソーシャル・ネットワーク」のジェシー・アイゼンバーグ、「8人の女たち」のイザベル・ユペール、デヴィン・ドルイド、「グッドナイト&グッドラック」のデヴィッド・ストラザーン。第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

監督
ヨアキム・トリアー
出演キャスト
ガブリエル・バーン ジェシー・アイゼンバーグ イザベル・ユペール デヴィン・ドルイド

アスファルト

  • 2016年9月3日(土)公開
  • 出演(ジャンヌ・メイヤー 役)

俳優・監督のサミュエル・ベンシェトリがイザベル・ユペールらを迎え、自身の著作をユーモラスに映画化した群像劇。車いす生活を送る冴えない中年男やいわくありげな美人看護師ら6人の孤独を抱えた者たちが郊外の団地でめぐりあう出会いと奇跡を紡いでいく。ほか、「ラストデイズ」のマイケル・ピット、「ふたりの5つの分かれ路」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、サミュエル・ベンシェトリの息子であるジュール・ベンシェトリらが出演。劇場公開に先駆け、フランス映画祭2016にて上映(上映日:2016年6月25日)

監督
サミュエル・ベンシェトリ
出演キャスト
イザベル・ユペール ギュスタブ・ケルヴァン ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ タサディット・マンディ
2013年

天国の門(デジタル修復完全版)

  • 2013年10月5日(土)公開
  • 出演(エラ・ワトソン 役)

過剰な製作費の超過と公開後の不評、不入りのために歴史あるハリウッドの映画会社ユナイテッドアーティスツを消滅させたことで知られるマイケル・チミノ監督の問題作が、公開から30年以上の時を経てデジタル修復、216分のオリジナル完全版として復活。出演は「スター誕生」のクリス・クリストファーソン、「ディア・ハンター」のクリストファー・ウォーケン、「エレファント・マン」のジョン・ハート、「ピアニスト」のイザベル・ユペール。撮影は「未知との遭遇」のヴィルモス・ジグモンド。

監督
マイケル・チミノ
出演キャスト
クリス・クリストファーソン クリストファー・ウォーケン ジョン・ハート イザベル・ユペール

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > イザベル・ユペール