映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエル・ヤレド

年代別 映画作品( 1987年 ~ 2019年 まで合計50映画作品)

2019年

ディリリとパリの時間旅行

  • 2019年8月24日(土)公開予定
  • 音楽

「キリクと魔女」のミッシェル・オスロ監督による長編アニメ。パリが華やいだ19世紀末~20世紀初頭のベル・エポックの時代。ニューカレドニアからやってきたディリリはパリで出会ったオレルとともに、天才たちの協力を受けながら誘拐事件に立ち向かっていく。音楽を「イングリッシュ・ペイシェント」でオスカーを獲得したガブリエル・ヤレドが手がけ、ソプラノ歌手ナタリー・デセイが実在したオペラ歌手エマ・カルヴェの声を担当。日本語吹替版では、「3月のライオン」の新津ちせ、「麻雀放浪記2020」の斎藤工らが参加した。第44回セザール賞にて最優秀アニメ作品賞を受賞。劇場公開に先駆けフランス映画祭2019にて上映、エールフランス観客賞に輝く。

監督
ミッシェル・オスロ
出演キャスト
プリュネル・シャルル=アンブロン エンゾ・ラツィト ナタリー・デセイ 新津ちせ
2018年

THE PROMISE/君への誓い

  • 2018年2月3日(土)公開
  • 音楽

「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージが、20世紀初頭に起きたオスマン帝国によるアルメニア人虐殺事件を映画化。第一次世界大戦下のオスマン・トルコ。弾圧の強化により、強制労働送りとなったアルメニア人のミカエルは、脱走して故郷へ向かうが……。出演は「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のオスカー・アイザック、「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」のシャルロット・ルボン、「マネー・ショート 華麗なる大逆転」のクリスチャン・ベイル。

監督
テリー・ジョージ
出演キャスト
オスカー・アイザック シャルロット・ルボン クリスチャン・ベイル ジェームズ・クロムウェル
2017年

たかが世界の終わり

  • 2017年2月11日(土)公開
  • 音楽

愛しているのに傷つけあう家族の姿を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた、グザビエ・ドラン監督による人間ドラマ。愛と葛藤を描き続けてきた監督が、ギャスパー・ウリエル、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤールといったフランスを代表する俳優たちを集め、家族の物語を描き出す。

監督
グザヴィエ・ドラン
出演キャスト
ギャスパー・ウリエル ヴァンサン・カッセル レア・セドゥ マリオン・コティヤール

ショコラ 〜君がいて、僕がいる〜

  • 2017年1月21日(土)公開
  • 音楽

「最強のふたり」のオマール・シーとチャップリンの実孫ジェームス・ティエレが20世紀初頭に実在した芸人コンビを演じる人間ドラマ。フランス北部のサーカスで白人芸人フティットと黒人芸人カナンガはコンビを組み、人気を博す。その噂はパリまで届き……。監督は、「デイズ・オブ・グローリー」でカンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞した俳優ロシュディ・ゼム。

監督
ロシュディ・ゼム
出演キャスト
オマール・シー ジェームス・ティエレ クロティルド・エスム オリヴィエ・グルメ
2016年

白い帽子の女

  • 2016年9月24日(土)公開
  • 音楽

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー・ピットが10年ぶりに共演し、夫婦役を演じるラブストーリー。南フランスを訪れたアメリカ人夫婦が、若いカップルとの交流を通して、自らを見つめなおす姿を描く。ジョリーは主演だけでなく、監督・製作・脚本を担当する。若きカップルを演じるのはメラニー・ロランとメルヴィル・プポー。

監督
アンジェリーナ・ジョリー・ピット
出演キャスト
ブラッド・ピット アンジェリーナ・ジョリー・ピット メラニー・ロラン メルビル・プポー
2014年

暮れ逢い

  • 2014年12月20日(土)公開
  • 音楽

「仕立屋の恋」や「髪結いの亭主」でフェティシズムが滲む恋愛を描いたパトリス・ルコント監督が、『マリー・アントワネット』などの歴史小説で知られるステファン・ツヴァイクの短編小説を映画化。1900年代初頭を舞台に、裕福な夫と子を持っていても孤独を感じている若妻と貧しいながらも才気あふれる青年との激動の時代に翻弄される純愛を描く中で、若妻のつけるゲランの香水が匂い立ってくるような色香も掬い取っている。出演は「それでも恋するバルセロナ」のレベッカ・ホール、「ハリー・ポッター」シリーズのアラン・リックマン、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のリチャード・マッデンほか。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
レベッカ・ホール アラン・リックマン リチャード・マッデン トビー・マレー

トム・アット・ザ・ファーム

  • 2014年10月25日(土)公開
  • 音楽

「マイ・マザー」「胸騒ぎの恋人」「わたしはロランス」と、作品を発表するたびに独創的なスタイルと感性で注目を集めてきたグザヴィエ・ドラン監督が、第70回ヴェネツィア国際映画祭国際映画批評家連盟賞を受賞したサイコサスペンス。死別した恋人の葬儀のため彼の故郷へ向かった男性が、彼の兄から強制的に引きとめられるうちに、彼ら家族や自分自身の狂気に気付いていく。ドラン監督が彼の兄の中に亡き恋人の姿を見る男性を、「灼熱の魂」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が銃乱射事件を描いた「Polytechnique」(未)に出演したピエール=イヴ・カルディナルが暴力をふるい男性を支配する亡き恋人の兄を演じる。第26回東京国際映画祭ワールド・フォーカス上映作品。

監督
グザヴィエ・ドラン
出演キャスト
グザヴィエ・ドラン ピエール=イヴ・カルディナル リズ・ロワ エヴリーヌ・ブロシュ
2013年

大統領の料理人

  • 2013年9月7日(土)公開
  • 音楽

80〜90年代にかけてフランス大統領として活躍したフランソワ・ミッテラン。彼の専属シェフとして、女性として初めてエリゼ宮入りしたシェフ、ダニエル・デルプシュの実話を基にしたヒューマンドラマ。堅苦しい官邸の常識を、その腕前で変えていくヒロインの姿を描き出す。セザール賞の常連、カトリーヌ・フロが主人公を演じる。

監督
クリスチャン・ヴァンサン
出演キャスト
カトリーヌ・フロ ジャン・ドルメッソン イポリット・ジラルド アルチュール・デュポン

最愛の大地

  • 2013年8月10日(土)公開
  • 音楽

アンジェリーナ・ジョリーの初長編監督作となるヒューマンドラマ。92〜95年にかけてヨーロッパで起きたボスニア・ヘルツェゴビナ紛争により、運命を大きく狂わせていく2人の男女の姿を映し出す。ヒロイン、アイラ役のザーナ・マリアノヴィッチ、相手役のゴラン・コスティックなど紛争を経験した同地の俳優たちが多数起用されている。

監督
アンジェリーナ・ジョリー
出演キャスト
レード・セルベッジア ザーナ・マリアノヴィッチ ゴラン・コスティック ニコラ・デュリッコ

世界が食べられなくなる日

  • 2013年6月8日(土)公開
  • 音楽

「未来の食卓」「セヴァンの地球のなおし方」のジャン=ポール・ジョー監督が、遺伝子組み換え食品の実態に迫るドキュメンタリー。フランスの分子生物学者が行った世界中に大きな波紋を投げかけている実験、さらには“原発”と“遺伝子組み換え”といういのちの根幹を脅かす二つの技術の意外な共通点を明らかにする。

監督
ジャン=ポール・ジョー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ガブリエル・ヤレド