映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・デ・コルシア

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1977年 まで合計31映画作品)

1977年

上海から来た女(1947)

  • 1977年8月6日(土)公開
  • 出演(Sidney 役)

ふとしたキッカケで殺人事件に巻き込まれていく男を描くサスペンス・スリラー。製作・監督・脚本は「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ、原作はシャーウッド・キング、撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽はハインツ・ロームヘルドが各々担当。出演はリタ・ヘイワース、オーソン・ウェルズ、エベレット・スローン、グレン・アンダース、テッド・デ・コルシアなど。

監督
オーソン・ウェルズ
出演キャスト
リタ・ヘイワース オーソン・ウェルズ エヴェレット・スローン グレン・アンダース
1969年

5枚のカード

  • 1969年4月9日公開
  • 出演(Eldon_Bates 役)

レイ・ゴールデンの同名小説をマーゲリット・ロバーツが脚色、「エルダー兄弟」のヘンリー・ハサウェイが監督したミステリー・タッチの西部劇。撮影は「北極の基地・潜航大作戦」のダニエル・L・ファップ、音楽は「パリは燃えているか」のモーリス・ジャールが担当した。出演は「サイレンサー 破壊部隊」のディーン・マーティン、「戦うパンチョ・ビラ」のロバート・ミッチャム、「ファイヤークリークの決斗」のインガー・スティーヴンスほか。製作は「エルダー兄弟」のハル・B・ウォリス。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ディーン・マーティン ロバート・ミッチャム インガー・スティーヴンス ロディ・マクドウォール
1964年

クィック・ガン

  • 1964年3月28日公開
  • 出演(Spangler 役)

スティーヴ・フィッシャーの小説をロバート・E・ケントが脚色、シドニー・サルコウが演出した西部劇。撮影はレスター・ショア、音楽はリチャード・ラサール、製作はグラント・ワイトックが担当した。出演は「静かなアメリカ人」のオーディ・マーフィ、メリー・アンダース、ジェームズ・ベスト、テッド・デ・コルシア、ウォルター・サンドなど。

監督
シドニー・サルコウ
出演キャスト
オーディ・マーフィ メリー・アンダース ジェームズ・ベスト テッド・デ・コルシア
1962年

暗黒街の野獣

  • 1962年5月1日公開
  • 出演(Chris_Narleski 役)

原作者ウォーレス・ウェアがポール・モナシュと共同で脚色したものを、ボリス・シーガルが監督したアクションドラマ。撮影は「独立騎兵隊」のウィリアム・W・スペンサー、音楽はジェリー・ゴールドスミスが担当。出演は新人のマーク・リッチマン、キャロル・ロッセン、フィリップ・オーバーなど。製作はチャールズ・ラッセル。

監督
ボリス・シーガル
出演キャスト
マーク・リッチマン マーティン・ゲーベル フィリップ・パイン キャロル・ロッセン
1961年

復讐に賭ける男

  • 1961年12月5日公開
  • 出演(Kilrain 役)

惨殺された恩人の仇をうつために、今は青年警官であるかつての孤児が、迷宮入りになりかけた事件に身を賭して挑戦するサスペンス・ドラマ。原作はエドウィン・ブラム。脚色は原作者とジョン・ロビンソンの共同。監督は「挑戦者」のジョセフ・ペヴニーが担当。撮影はラッセル・メティ。音楽はジョセフ・ガーシェンソンである。出演はトニー・カーティス、マリサ・パヴァン、ギルバート・ローランド、ジェイ・C・フリッペン、アルジェンティナ・ブルネッティ、テッド・デ・コルシアなど。

監督
ジョセフ・ペヴニー
出演キャスト
トニー・カーティス マリサ・パバン ギルバート・ローランド ジェイ・C・フリッペン
1960年

孤独な関係

  • 1960年11月22日公開
  • 出演(Mr._Benziger 役)

ジョン・オハラの小説「テラスから」(58年)の映画化。「北北西に進路を取れ」のアーネスト・リーマンが脚色し、「青春物語」のマーク・ロブソンが製作・監督した。音楽はエルマー・バーンスタイン、撮影はレオ・トーヴァー。出演は「都会のジャングル」のポール・ニューマン、「蛇皮の服を着た男」のジョアン・ウッドワードのほか、マーナ・ローイ、イナ・バリン、レオン・エイムスら。

監督
マーク・ロブソン
出演キャスト
ポール・ニューマン ジョアン・ウッドワード マーナ・ローイ イナ・バリン
1959年

大襲撃(1957)

  • 1959年10月3日公開
  • 出演(Kowanen 役)

「群盗の宿」「テキサスから来た男」などを過去に作っているカート・ニューマンが監督した西部劇である。モーリス・ジェラティとミルトン・クリムス共同の書き下ろしシナリオによる。白人画家とインディアンの娘の結びつきを中心とするアクション・ドラマが展開される。撮影はカール・ストラッス。音楽をエドワード・L・アルパーソン・ジュニアが担当している。出演するのは「烙印なき男」のスコット・ブラディ、「夜の人々(1954)」のリタ・ガムの他、ロリー・ネルソン、ネヴィル・ブランド、アリソン・ヘイズ、テッド・デ・コルシア、ライス・ウィリアムズ、メイ・クラークら。製作はエドワード・L・アルパーソン・ジュニア。

監督
カート・ニューマン
出演キャスト
スコット・ブラディ リタ・ガム ネヴィル・ブランド ロリー・ネルソン

大海賊

  • 1959年3月13日公開
  • 出演(Capt._Rumbo 役)

「十戒(1957)」のセシル・B・デミルが総指揮したスペクタクル映画。ライル・サクソンの原作をジェニー・マクファースンが改作し、それにもとづいてハロルド・ラム、エドウィン・ジャスタス・メイヤー、C・ガードナー・サリヴァンが脚色したデミルの戦前作の脚本を、新たにジェシー・L・ラスキー・ジュニア、ベレエス・モスクの2人が筆を加えている。監督はアンソニー・クイン。撮影は「底抜け1等兵」のロイヤル・グリグス。音楽エルマー・バーンスタイン。出演するのは「旅」のユル・ブリンナー、「大いなる西部」のチャールストン・ヘストン、シャルル・ボアイエ、クレア・ブルーム、インガー・スティーヴンス、ヘンリー・ハル等。製作ヘンリー・ウィルコクスン。テクニカラー・ビスタビジョン。1958年作品。

監督
アンソニー・クイン
出演キャスト
ユル・ブリンナー チャールトン・ヘストン クレア・ブルーム シャルル・ボワイエ
1958年

無法の道

  • 1958年9月11日公開
  • 出演

悪漢にねらわれる巡回牧師を守るガンマンを描くナチュラマ西部劇。オリジナルは70分だが、日本では43分の短縮版が公開された。監督はジョセフ・ケイン、製作はルディ・ラルストン、原作はアリスン・ジェシー・スミス、脚本はケネス・ガメット、撮影はジャック・マータが担当。出演はラリー・バスター・クラブ、ジョン・スミス、マリリン・サリス、テッド・デ・コルシアほか。

監督
ジョセフ・ケイン
出演キャスト
ラリー・バスター・クラブ ジョン・スミス マリリン・サリス テッド・デ・コルシア

殺し屋ネルソン

  • 1958年4月4日公開
  • 出演(Rocca 役)

「暴力の季節」の監督、記録映画出身のドン・シーゲルが実在ギャング・ベビー・フェイス・ネルソンの実録にもとづいて作り上げた犯罪映画。アーヴィング・シュルマンとダニエル・メイウォーリングの脚本。撮影はハル・モーア、音楽エイブ・アレクサンダー。「戦塵」のミッキー・ルーニーが柄を生かしてネルソンを演じ、相手役は「七年目の浮気」のキャロリーン・ジョーンズ。他に「十戒(1957)」のサー・セドリック・ハードウィック、「現金に体を張れ」のT・デコーシア等が助演している。製作アル・ジンバリスト。

監督
ドン・シーゲル
出演キャスト
ミッキー・ルーニー キャロリン・ジョーンズ サー・セドリック・ハードウィック Chris Dark
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・デ・コルシア