映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ブリース

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1981年 まで合計7映画作品)

1981年

マン・ハンティング 人間狩り

  • 1981年4月25日(土)公開
  • 脚本

東アフリカ、ケニアのジャングル地帯を舞台に、旱魃から人間を襲い始めたライオンと、包囲された白人家族の対決を描く。製作総指揮はデレク・ギブソン、製作はサンディ・ハワードとラルフ・ヘルファー、監督はロバート・コリンズ、撮影はロニー・テイラー、音楽はパトリック・ケネディ、特殊効果はロイ・ダウニーが各々担当。出演はトム・スケリット、ミシェル・フィリップス、ショーン・スティーブンス、アン=マリー・マーティン、タナ・ヘルファー、デレク・パートリッジなど。

監督
ロバート・コリンズ
出演キャスト
トム・スケリット ミシェル・フィリップス ショーウン・スティーヴンス アン・マリー・マーティン
1975年

吸血の群れ

  • 1975年7月26日(土)公開
  • 脚本

理由もなく、突如人間を襲った爬虫類と人間の戦いを描く動物恐怖映画。製作はジョージ・エドワーズとピーター・トーマス、監督はジョージ・マッコーワン、脚本はロバート・ハッチソンとロバート・ブリース、原案はロバート・ブリース、撮影はマリオ・トッシ、音楽はレス・バクスターが各々担当。出演 はレイ・ミランド、サム・エリオット、ジョン・ヴァン・アーク、アダム・ローク、ジュディ・ペース 、リン・ボーデンなど。

監督
ジョージ・マッコーワン
出演キャスト
レイ・ミランド サム・エリオット ジョン・ヴァン・アーク アダム・ローク
1963年

アメリカ大学 性愛の曲り角

  • 1963年4月12日公開
  • 原案、脚色

ロバート・ブリースのオリジナル・ストーリーをブルースとルイス・メルツァーが脚色し、「世界を駈ける恋」のジャック・アーノルドが監督したもの。出演者は「ウエスト・サイド物語」のラス・タンブリン、「金魚鉢の中の恋」のジャン・スターリング、マミー・ヴァン・ドーレン、ジョン・ドルー・バリモアなど。製作はアルバート・ザグスミス。黒白、ビスタビジョンサイズ。1958年作品。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
ラス・タンブリン ジャン・スターリング ジョン・ドリュー・バリモア マミー・ヴァン・ドーレン
1958年

バファロウ平原

  • 1958年7月1日公開
  • 脚色

「悪の対決」「対決の一瞬」のアラン・ドワン監督による、開拓期のモンタナを舞台にする牧牛業者の権利争いとインディアン蜂起をめぐる西部劇。トム・ブラックバーンの原作を「怒りの刃」のハワード・エスタブルックと「悪の対決」のロバート・ブリースが共同脚色し、「怒りの刃」のジョン・アルトンが撮影した。音楽はルイス・フォーブス。久方ぶりの「烙印なき男」のバーバラ・スタンウィックが女丈夫の女牧童を演じる他、「対決の一瞬」のロナルド・レーガン「殺し屋ネルソン」のジャック・エラム「悪の対決」のランス・エヴァンス等が出演。製作ベネディクト・ボジャース。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
バーバラ・スタンウィック ロナルド・レーガン ジーン・エヴァンス ランス・フーラー

黒い蠍

  • 1958年1月2日公開
  • 脚本

メキシコを舞台に、火山爆発によって生れた大蠍を主人公として作られた空想科学映画。ポール・ヨウィツの原作をデイヴィッド・ダンカンとロバート・ブリースが共同脚色、「大車輪」のエドワード・ルドウィグが監督した。撮影は「八十日間世界一周」のライオネル・リンドン、音楽は作曲指揮が「荒野の無頼漢」のポール・ソーテル、編曲をバート・シュフターが担当、ジャック・クーカリーの電子音楽も使われている。主演は「めぐり逢い(1957)」のリチャード・デニング、「決闘者」のマラ・コーディ、そのほかカルロス・リバス、マリオ・ナバロ・カルロスモスクイス。

監督
エドワード・ルドウィグ
出演キャスト
リチャード・デニング マラ・コーディ カルロス・リヴァス マリオ・ナバロ
1956年

悪の対決

  • 1956年4月24日公開
  • 脚色

「深夜の告白」のアメリカ探偵小説作家ジェームズ・M・ケインの『愛の愛らしい偽り』を脚色した映画でテクニカラー。製作、監督は夫々「南海の黒真珠」のベネディクト・ボジャウズニ、アラン・ドワン、脚色はロバート・ブリーズ、撮影は「南海の黒真珠」のジョン・アルトン。出演は「デンヴァーの狼」のジョン・ペイン、「幌馬車隊」のアーリン・ダール、「最後の砦」のロンダ・フレミング。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
ジョン・ペイン アーレン・ダール ロンダ・フレミング ケント・テイラー
1955年

心のともしび

  • 1955年2月5日公開
  • 脚色

「戦うロビン・フッド」のロス・ハンターが製作した1954年作色彩メロドラマで、かつて1935年にも映画化されたことのあるロイド・C・ダグラス(「聖衣」)の小説と当時のシナリオからウェルズ・ルートが潤色、ロバート・ブリースが脚色した。監督はダグラス・サークである。テクニカラー撮影は「すべての旗に背いて」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナーの担当。主演は「青いヴェール」のジェイン・ワイマンで、「王者の剣」のロック・ハドソンが共演、ほかに「フォルウォスの黒楯」のバーバラ・ラッシュ、「三つの恋の物語」のアグネス・ムーアヘッド、「真昼の決闘」のオットー・クルーガーらが出演。

監督
ダグラス・サーク
出演キャスト
ジェーン・ワイマン ロック・ハドソン バーバラ・ラッシュ アグネス・ムーアヘッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ブリース