映画-Movie Walker > 人物を探す > ティム・トマーソン

年代別 映画作品( 1984年 ~ 1995年 まで合計9映画作品)

1995年

HONG KONG 1997 ラスト・バトル

  • 1995年4月1日(土)公開
  • 出演(Jack McGraw 役)

近未来の1997年、返還前夜の香港を舞台に、英国人ヒットマンの決死の脱出行を描いたハードアクション。監督は「サイボーグ」「ネメシス」のアクション派アルバート・ピュン。製作はゲイリー・シムラーとトム・カルノフスキー、脚本はランドール・フォンタナ、撮影は「ネメシス」『ネメシス2』(V)などで監督とコンビを組んだジョージ・ムーラディアン、音楽はマイケル・マッカーティ、美術はローデル・クルツとローザ・パンが担当。主演は「ターミネーター2」「ラスト・ターゲット 沈黙の復讐」のロバート・パトリック。共演は「ジョイ・ラック・クラブ」のミンナ・ウェン、「ザ・プレイヤー」のブライオン・ジェームズ、「ネメシス」のティム・トマーソンら。

監督
アルバート・ピュン
出演キャスト
ロバート・パトリック ミンナ・ウェン ブライオン・ジェームズ ティム・トマーソン
1992年

ネメシス

  • 1992年12月26日(土)公開
  • 出演(Farnsworth 役)

近未来を舞台に、人間とサイボーグの抗争を描くSFアクション。監督は「キックボクサー2」のアルバート・ピュン、製作は「ライオンハート」のアシュ・R・シャー、エリック・カーソン、トム・カルノフスキー、エグゼクティヴ・プロデューサーはアンダース・ジョンソン、脚本はレベッカ・チャールズ、撮影はジョージ・ムーラディアン、音楽はマイケル・ルビーニが担当。

監督
アルバート・ピュン
出演キャスト
オリヴァー・グラナー ティム・トマーソン ブライオン・ジェームズ Hiroyuki Tagawa
1988年

ニア・ダーク 月夜の出来事

  • 1988年10月29日(土)公開
  • 出演(Loy 役)

吸血鬼の少女に恋をした少年の恐怖と苦悩を描く。製作はスティーヴン・C・ジャフェ、監督・脚本は本作品がデビューとなるキャスリン・ビグロー、共同脚本はエリック・レッド、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はタンジェリン・ドリームが担当。出演はジェニー・ライトほか。

監督
キャスリン・ビグロー
出演キャスト
エイドリアン・パスダー ジェニー・ライト ランス・ヘンリクセン ビル・パクストン

サマー・デイズ

  • 1988年7月2日(土)公開
  • 出演(Lonny 役)

ガールフレンドの母親に恋をしてしまった思春期の少年の愛の行方を描く。アレン・ハンネイ3世の原作を基に、製作・監督・脚本はピーター・ダグラスで、本作品がデビュー作になる。撮影はトニー・ピアス=ロバーツ、音楽はリー・ホールドリッジが担当。出演はC・トーマス・ハウエルほか。

監督
ピーター・ダグラス
出演キャスト
C・トーマス・ハウエル アン・マーグレット ケリー・プレストン チャールズ・ダーニング
1987年

メタルストーム

  • 1987年7月4日(土)公開
  • 出演(Rhodes 役)

とある惑星を舞台に、惑星征服を狙う悪人とヒーローとの闘いを描く。製作はチャールズ・バンドとアラン・J・アドラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはアルバート・バンドとアーサー・H・マスランスキー。監督はチャールズ・バンド。脚本はアラン・J・アドラー、撮影はマック・アールバーグ、音楽はリチャード・バンド、特殊効果はヴァン・ダー・ヴィアが担当。なお特殊メイクのアシスタントの1人として江川悦子が加わっている。アメリカでは3Dで公開されたが、日本では2Dで公開。

監督
チャールズ・バンド
出演キャスト
ジェフリー・バイロン マイク・プレストン ケリー・プレストン R・デイヴィッド・スミス
1986年

アイアン・イーグル

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 出演(Ted 役)

敵の捕虜となった空軍大佐の父を救出するため18歳の少年が最新鋭の戦闘機に乗って敵地に殴り込みをかけるアクション映画。製作はロン・サミュエルスとジョー・ワイザン、監督はシドニー・J・フューリー、脚本はケヴィン・エルダーズとフューリー、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はバジル・ポールドゥリスが担当。出演はルイス・ゴセット・ジュニア、ジェイソン・ゲドリックなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1986年作品。

監督
シドニー・J・フューリー
出演キャスト
ルイス・ゴセット・ジュニア ジェーソン・ゲドリック デイヴィッド・スーシェ ティム・トマーソン

クラブ・ラインストーン 今夜は最高!

  • 1986年4月19日(土)公開
  • 出演(Barnett 役)

カントリーのスター歌手がずぶの素人を一人前の歌手に育てあげるという音楽映画。製作はハワード・スミスとマーヴィン・ワース。エグゼクティヴ・プロデューサーはサンディ・ガリンとレイモンド・カッツ。監督は「ポーキーズ」シリーズのボブ・クラーク。75年にラリー・ワイスの書いたヒット曲「ラインストーン・カウボーイ」にヒントを得て、フィル・アルデン・ロビンソンがストーリーを書き、彼とシルヴェスター・スタローンが脚本を執筆した。撮影はティモシー・ギャルファス、音楽はドリー・パートン、編曲・指揮はパートンのレコードのブロデューサーをしているマイク・ポストが担当。出演はスタローン、パートンの他にロン・リーブマン、リチャード・ファーンズワースなど。ドルビー・ステレオ。

監督
ボブ・クラーク
出演キャスト
シルベスター・スタローン ドリー・パートン リチャード・ファーンズワース ロン・リーブマン
1984年

地獄の7人

  • 1984年6月2日(土)公開
  • 出演(Charts 役)

米軍退役陸軍大佐が、ベトナム戦争で捕虜となった息子を奪還すべくかつての部下と共にベトナムヘ向かうというアクション映画。製作は「コナン・ザ・グレート」の監督ジョン・ミリアスとバズ・フェイシャンズ、エグゼキュティヴ・プロデューサー・監督は「ランボー」のテッド・コッチェフ、脚本はジョー・ゲイトン、撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はジェームズ・ホーナー、美術はジェームズ・L・ショップが担当。出演はジーン・ハックマン、ロバート・スタック、フレッド′・ウォード、レブ・ブラウンなど。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は金田文夫。イーストマンカラー、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
テッド・コッチェフ
出演キャスト
ジーン・ハックマン ロバート・スタック フレッド・ウォード レブ・ブラウン

フェイド TO ブラック

  • 1984年1月2日(月)公開
  • 出演(Dr.Moriarty 役)

映画狂の少年が映画の有名シーンを真似て殺人を犯し自滅する迄を描く。製作はジョージ・ブラウンスタインとロン・ハマディ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ハロウィン」のアーウィン・ヤブランスと「ミラクルマスター」シリーズのシルヴィオ・タベット。監督はヴァーノン・ジンマーマン。ヤブランスとジンマーマンの原案に基づいてジンマーマンが脚本を執筆。撮影はアレックス・フィリップス・ジュニアが担当。出演はデニス・クリストファー、リンダ・カーリッジ、ティム・トマーソン、グイン・ギルフォードなど。日本版字幕は岡枝慎二。カラー、ビスタサイズ。1980年作品。

監督
ヴァーノン・ジンマーマン
出演キャスト
デニス・クリストファー リンダ・カーリッジ ティム・トマーソン モーガン・ポール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ティム・トマーソン