映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジー・ディッキンソン

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2016年 まで合計28映画作品)

2016年

チャイナ・ゲイト

  • 2016年2月20日(土)公開
  • 出演

1957年の製作から49年を経て日本初公開となるサミュエル・フラーの戦争映画。第一次インドシナ戦争を舞台に、危険な破壊工作任務に就いたフランス外人部隊の2人の男と、その案内役を務めることになった1人の女性が織り成すドラマ。「宇宙戦争」(53)のジーン・バリー、「オーシャンと十一人の仲間」のアンジー・ディキンソン、人気歌手のナット・キング・コール(「キャット・バルー」)が出演。

監督
サミュエル・フラー
出演キャスト
ジーン・バリー アンジー・ディッキンソン ナット・キング・コール ポール・デュボブ
2001年

ペイ・フォワード 可能の王国

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 出演(Grace 役)

「ディープ・インパクト」のミミ・レダー監督のもとに、実力派キャストが結集。孤独な少年のアイデアが殺伐とした現代社会に希望の光をもたらす、ドラマティックな感動作。

監督
ミミ・レダー
出演キャスト
ケヴィン・スペイシー ヘレン・ハント ハーレイ・ジョエル・オスメント ジェイ・モーア
1995年

冷たい夜は死の匂い

  • 1995年10月27日(金)公開
  • 出演(Georgina Scudder 役)

忌まわしい過去を持つ中年夫婦に監禁された人妻の恐怖を描くサスペンス。監督は巨匠ジョン・ヒューストンの実子のダニー・ヒューストン、製作はレスリー・グリーフ(共同脚本も)、エグゼクティヴ・プロデューサーは「トゥルークライム」のマーク・アミン、チャールズ・フィンチ、脚本はアンドリュー・ネイダーマンの小説(本邦未訳)をもとにヘンリー・スレッサーとグリーフが執筆し、撮影はニック・マクリーン、音楽はピーター・マニング・ロビンソン、美術はボビー・エイモア、編集はロバート・シルヴィとエリック・L・ビアソンがそれぞれ担当。出演は「シャーキーズ・マシーン」などのベテラン、バート・レイノルズ、「タイムコップ」のミア・サーラ、「殺しのドレス」「カウガール・ブルース」などのアンジー・ディッキンソンほか。

監督
ダニー・ヒューストン
出演キャスト
バート・レイノルズ ミア・サーラ アンジー・ディッキンソン ブライアン・ウィマー
1994年

カウガール・ブルース

  • 1994年10月29日(土)公開
  • 出演(Miss Adrian 役)

巨大な親指を持った一人の女が既存の社会に捕らわれず、奔放な旅をするロード・ムービー。1976年にアメリカで出版され、カウンター・カルチャーの代表作として多くの賞賛を得たトム・ロビンスの同名小説を映画化したもの。監督は「ドラッグストア・カウボーイ」「マイ・プライベート・アイダホ」のガス・ヴァン・サント。製作は「ダウン・バイ・ロー」やガス・ヴァン・サントの前述の二作品を手がけているローリー・パーカー。撮影のジョン・キャンベルとエリック・アラン・エドワーズ、編集のカーティス・クレイトン、衣装のベアトリス・アルナ・パスツォールらもガス・ヴァン・サントの作品の常連。音楽を担当しているのは3回のグラミー受賞歴のあるカナダ出身のシンガーソングライター、K・D・ラング。出演は、主役に「ヘンリー&ジューン 私が愛した男と女」「恋に落ちたら」のユマ・サーマン、そして故リヴァー・フェニックスの妹レイン・フェニックス、「エレファント・マン」のイギリスの名優ジョン・ハート、「ベスト・キッド」のノリユキ・パット・モリタ、「ドラキュラ(1992)」「リトル・ブッダ」のキアヌ・リーヴス、「グッドフェローズ」のロレイン・ブラッコ、「リオ・ブラボー」のアンジー・ディッキンソンなど。

監督
ガス・ヴァン・サント
出演キャスト
ユマ・サーマン ジョン・ハート レイン・フェニックス ノリユキ・パット・モリタ
1988年

ビッグ・バッド・ママ2

  • 1988年10月23日(日)公開
  • 出演(Wilma_McClatchie 役)

不況の嵐が吹き荒れた30年代を席捲した女ギャングの活躍を描くシリーズ第2作。製作はロジャー・コーマン。ウィリアム・ノートンとフランセス・ドエルの原案を基に、監督・脚本は「勇者ストーカーの冒険」のジム・ウィノースキー、共同脚本はR・J・ロバートソン、撮影はショーン・マクリーン、音楽はチャック・シリノが担当。出演はアンジー・ディキンソン、ロバート・カルプほか。

監督
ジム・ウィノースキー
出演キャスト
アンジー・ディッキンソン ロバート・カルプ ダニエル・ブリスボイス ジュリー・マックロー
1981年

殺しのドレス

  • 1981年4月18日(土)公開
  • 出演(Kate_Miller 役)

ニューヨークを舞台にあるセクシーな中年の人妻が殺された事件をめぐって展開する心理劇的サスペンス映画。製作はジョージ・リットー、監督・脚本は「フューリー」のブライアン・デ・パルマ、撮影はラルフ・ボード、音楽はピノ・ドナジオ、編集はジェリー・グリーンバーグ、衣裳はアン・ロスが各々担当。出演はマイケル・ケイン、アンジー・ディッキンソン、ナンシー・アレン、キース・ゴードン、デニス・フランツ、デイヴィッド・マーグリース、フレッド・ウェバーなど。

監督
ブライアン・デ・パルマ
出演キャスト
マイケル・ケイン アンジー・ディッキンソン ナンシー・アレン キース・ゴードン
1976年

ビッグ・バッド・ママ

  • 1976年2月28日(土)公開
  • 出演(Wilam_McClatchie 役)

アメリカのテキサス州の各都市をマシンガン片手に暴れ廻った母娘3人組の生きざまを描く。製作はロジャー・コーマン、監督は26歳のスティーヴ・カーヴァー、脚本はウィリアム・ノートンとフランセス・ドエルの共同、撮影はブルース・ローガン、音楽はデイヴィッド・グリスマンが各々担当。出演はアンジー・ディッキンソン、ウィリアム・シャトナー、トム・スケリット、スーザン・セネット、ロビー・リー、ノーブル・ウィリンガムなど。

監督
スティーヴ・カーヴァー
出演キャスト
アンジー・ディッキンソン ウィリアム・シャトナー トム・スケリット スーザン・セネット
1971年

課外教授

  • 1971年9月11日(土)公開
  • 出演(Miss_Smith 役)

ヴァデム得意のロマンチック・ミステリー。製作、脚本はジーン・ロッデンベリー、監督はロジェ・ヴァディム、原作はフランシス・ポリーニ、撮影はチャールズ・ロシャー、音楽はラロ・シフリン、編集はビル・ブレイムがそれぞれ担当。出演は「暁の出撃」のロック・ハドソン、「殺しの分け前 ポイント・ブランク」のアンジー・ディッキンソン、「狼の挽歌」のテリー・サヴァラス、「猿の惑星」のロディ・マクドウォール、キーナン・ウィン。その他、ジョン・デイヴィッド・カーソン、グレッチェン・バーレル、エイミー・エクルズ、ジョアンナ・キャメロン、ジューン・フェアチャイルドなど。

監督
ロジェ・ヴァディム
出演キャスト
ロック・ハドソン アンジー・ディッキンソン テリー・サヴァラス ジョン・デイヴィッド・カーソン

国境のかなたに明日はない

  • 1971年9月11日(土)公開
  • 出演(Lily_Beloit 役)

1890年代開拓期の砂塵の荒野を背景に、忘れ難い過去をもつガンマンが、血気盛んな若者に示す渇いた愛情を描いた作品。製作はマックス・E・ヤングスタイン、監督はバート・ケネディ、ウィル・ヘンリーの小説をバート・ケネディが脚色、撮影はハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽の作曲はモダン・ジャズ・ドラマーのシェリー・マン、主題歌をロバート・ミッチャムが歌っている。出演はロバート・ミッチャム、ロバート・ウォーカー・ジュニア、バート・バカラック夫人で「殺しの分け前 ポイント・ブランク」などに出演のアンジー・ディキソン、デイヴィッド・キャラダイン、ディーン・マーティンの娘のディアナ・マーティンなど。

監督
バート・ケネディ
出演キャスト
ロバート・ミッチャム アンジー・ディッキンソン ロバート・ウォーカー・ジュニア デイヴィッド・キャラダイン
1969年

賭けの報酬

  • 1969年7月8日(火)公開
  • 出演(Laura_Berckinridge 役)

ウィリアム・ノートンの原作を彼自身が脚色「栄光の野郎ども」のアーノルド・レイヴンが監督した西部劇アクション。撮影はロバート・モレノ、音楽はハーシェル・バーク・ギルバート、美術がロイド・ペープズ、編集はジョン・ウッドコックが担当。出演は「さすらいのガンマン」のバート・レイノルズ、「インディアン狩り」のオシー・デイヴィス、「猛烈なる復讐」のクリント・ウォーカー、「悪のシンフォニー」のアンジー・ディッキンソンなど。製作は「インディアン狩り」のトリオ、ジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴン。

監督
アーノルド・レイヴン
出演キャスト
バート・レイノルズ クリント・ウォーカー オジー・デイヴィス アンジー・ディッキンソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アンジー・ディッキンソン