映画-Movie Walker > 人物を探す > センタ・バーガー

年代別 映画作品( 1961年 ~ 2018年 まで合計22映画作品)

2018年

はじめてのおもてなし

  • 2018年1月13日(土)
  • 出演(アンゲリカ・ハートマン 役)

難民の青年の受け入れをきっかけに、バラバラだった家族が人生を見つめ直してゆく様を描いたドイツ製コメディ。ミュンヘンに暮らすハートマン家の母アンゲリカはある日、難民の受け入れを宣言し、ナイジェリアから来た青年ディアロに自宅を提供するが……。主演は「戦争のはらわた」を始め、ヨーロッパやハリウッドで長年活躍してきたオーストリア出身のセンタ・バーガー。監督のサイモン・バーホーベンは息子に当たる。

監督
サイモン・ヴァーホーヴェン
出演キャスト
センタ・バーガー ハイナー・ラウターバッハ フロリアン・ダーヴィト・フィッツ パリーナ・ロジンスキ
2015年

サム・ペキンパー 情熱と美学

  • 2015年9月26日(土)
  • 出演

「荒野のガンマン」「ワイルドバンチ」などの徹底したバイオレンス描写から『血まみれのサム』との異名を持ち、1984年に他界したサム・ペキンパー監督の生涯に迫るドキュメンタリー作品。独特な編集手法を用い新たな表現を求め後進に多大な影響を与えた一方、妥協を許さないその姿勢により商業主義のスタジオやプロデューサーらとの衝突を多く招いた彼の人物像を、家族やペキンパー作品の常連だったL・Q・ジョーンズをはじめとした関係者たちの証言から浮かび上がらせる。監督はサム・ペキンパーの伝記ともいえる書籍『PASSION & POETRY SAM PECKINPAH IN PICTURES』を著した映画史家・映画製作者のマイク・シーゲル。

監督
マイク・シーゲル
出演キャスト
サム・ペキンパー アーネスト・ボーグナイン ジェームズ・コバーン クリス・クリストファーソン
2000年

アム・アイ・ビューティフル?

  • 2000年9月2日(土)
  • 出演(Unna 役)

 悲しい過去を抱えて生きる人びとの出会いを、スペインとミュンヘンを舞台に描く群像劇。「ラン・ローラ・ラン」のF・ポテンテが、人生の迷子になったヒロインに。

監督
ドーリス・デリエ
出演キャスト
フランカ・ポテンテ シュテフェン・ヴィンク アニカ・ドブラ センタ・バーガー
1977年

戦争のはらわた

  • 1977年3月12日(土)
  • 出演(Eva 役)

ロシア戦線でくりひろげられる名誉欲に憑かれた男のもうひとつの戦争を描く。製作はボルフ・C・ハルトビヒ、監督は「キラー・エリート」のサム・ペキンパー、原作はウイリー・ヘンリック、脚本はジュリアス・J・エプスタイン、撮影はジョン・コキロン、音楽はアーネスト・ゴールドが各々担当。出演はジェームズ・コバーン、マクシミリアン・シェル、ジェームズ・メイソンなど。1977年3月12日より劇場初公開(配給:富士映画)。2017年8月26日、デジタル・リマスター版全国公開(配給:コピアポア・フィルム)。

監督
サム・ペキンパー
出演キャスト
ジェームズ・コバーン マクシミリアン・シェル ジェームズ・メイソン センタ・バーガー
1976年

スイスコネクション

  • 1976年10月16日(土)
  • 出演(Denise_Abbott 役)

スイスの銀行の匿名預金者を脅迫する事件に立ち向かう男を描いたアクション映画。製作総指揮はラッツ・ハングストとレイモンド・R・ホーマー、製作はドクター・ヘルムート・ジェデルとレッド・シルバースタイン、監督はジャック・アーノルド、脚本はマイケル・スタンリー、撮影はW・P・ハンネンスタイン、美術はワーナー・アークマン、編集はモーレイ・ジョーダンがそれぞれ担当。出演はデイヴィッド・ジャンセン、センタ・バーガー、ジョン・アイアランド、ジョン・サクソン、レイ・ミランド、エルケ・ソマー、アントン・ディフリング、アーサー・ブラウス、カート・ローエンス、デイヴィッド・ヘスなど。

監督
ジャック・アーノルド
出演キャスト
デイヴィッド・ジャンセン センタ・バーガー ジョン・アイアランド ジョン・サクソン
1975年

愛のほほえみ

  • 1975年9月27日(土)
  • 出演(Emanuela 役)

大人の愛に傷つぎながらも肉親の愛を求め続ける少年の生と死を描く。製作はルチアーノ・マルティーノ、監督はセルジオ・マルティーノ、脚本はサウロ・スカボリーニとセルジオ・マルティーノの共同、撮影はジャンカルロ・フェランド、音楽はアルベルト・ポメランツが各々担当。出演はアレッサンドロ・コッコ、センタ・バーガー、ジョン・リチャードソン、サビーナ・ガッディ、リノ・トフォロなど。

監督
セルジオ・マルティーノ
出演キャスト
アレッサンドロ・コッコ センタ・バーガー ジョン・リチャードソン サビーナ・ガッディ
1981年

ルート・ハルプファスの道徳

  • 1981年3月24日(火)
  • 出演

何不自由なく暮らす工場主の妻をめぐって夫、情人、そして情人の妻の奇妙な関係を描く。監督はフォルカー・シュレンドルフ、脚本はシュレンドルフとペーター・ハム、撮影はクラウス・ミュラー・ラウエとコンラート・コトフスキー、音楽はフリードリッヒ・マイヤーとリヒャルト・タウバーとヨーゼフ・シュミットが各々担当。出演はセンタ・バーガー、ヘルムート・グリーム、マルガレーテ・フォン・トロッタ、マリアン・ザイドウスキなど。

監督
フォルカー・シュレンドルフ
出演キャスト
センタ・バーガー ヘルムート・グリーム ペーター・エーリッヒ マルガレーテ・フォン・トロッタ
1971年

黒豹は死なず

  • 1971年6月19日(土)
  • 出演(May 役)

金に目がない男たちが激突するサスペンスたっぷりのギャング・アクション。製作はポール・カデアック、監督はジャン・ピエール・デザニャ、アンドレ・レイの原作を、ジャン・ピエール・デザニャとパスカル・ジャルダンが共同で、脚本化、撮影は「パリは燃えているか」のマルセル・グリニョン、音楽は「冒険者たち」「さらば友よ」のフランソワ・ド・レーベが各々担当。出演は「ギャング」のミシェル・コンスタンタン、「悪魔のようなあなた」のセンタ・バーガー、「続 荒野の七人」のフリアン・マテオフ、「冒険者たち」のハンス・メイヤーなど。

監督
ジャン・ピエール・デザニャ
出演キャスト
ミシェル・コンスタンタン センタ・バーガー フリアン・マテオフ ハンス・メイヤー
1970年

異常な快楽

  • 1970年9月30日(水)
  • 出演(Anne 役)

絢爛たる幻想の世界に真実と快楽を追い求めたマルキ・ド・サドの生涯。製作はサミュエル・Z・アーコフとジェームズ・H・ニコルソン、監督は「カラハリ砂漠」のサイ・エンドフィールド。脚本はリチャード・マシスン、撮影はハインツ・ペールケ、音楽はビリー・ストレンジ、衣装はバンジー・ハリソン、編集はマックス・ベネディクトがそれぞれ担当。出演は「女狐」のキア・デュリア、「悪魔のようなあなた」のセンタ・バーガー。他にアンナ・マッセイ、リリー・パルマー、ヘルベルト・ワイスバッハ、ユタ・レフカ、ハーディー・クルーガーの娘クリスチーネ・クルーガー、それに特別出演としてジョン・ヒューストンが顔を出している。カラー、ビスタサイズ。1969年作品。

監督
サイ・エンドフィールド
出演キャスト
キア・デュリア センタ・バーガー アンナ・マッシー リリー・パルマー
1968年

サイレンサー 待伏部隊

  • 1968年3月16日(土)
  • 出演(Francesca 役)

ドナルド・ハミルトンの小説を、前作「サイレンサー 殺人部隊」のハーバート・ベイカーが脚色、同じく「サイレンサー 殺人部隊」のヘンリー・レヴィンが監督したマット・ヘルム・シリーズ第3作。撮影は「俺たちに明日はない」のバーネット・ガフィと「メリー・ポピンズ」のエドワード・コールマン、音楽は「夕陽よ急げ」のヒューゴー・モンテネグロが担当。なお、ケネディ未亡人の衣裳アドバイサーであるオレグ・カシニが衣裳を担当している。出演はディーン・マーティン、「ナポレオンと女と泥棒たち」のセンタ・バーガー、「アルバレス・ケリー」のジャニス・ルール。製作は、このシリーズを手がけているアーヴィング・アレン。

監督
ヘンリー・レビン
出演キャスト
ディーン・マーティン センタ・バーガー ジャニス・ルール ジェームズ・グレゴリー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > センタ・バーガー