映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・R・レオネッティ

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2018年 まで合計9映画作品)

2018年

7 Wish / セブン・ウィッシュ

  • 2018年2月24日(土)公開
  • 監督

「アナベル 死霊館の人形」のジョン・R・レオネッティが、「死霊館」のジョーイ・キングを主演に贈るホラー。“七つの願いが叶う”と書かれた古いオルゴールを発見したクレアは、同級生のダーシーからイジメを受け、思わず願いをかけてしまうが……。共演は「父親たちの星条旗」、「リンカーン弁護士」のライアン・フィリップ。

監督
ジョン・R・レオネッティ
出演キャスト
ジョーイ・キング ライアン・フィリップ
2008年

デッド・サイレンス

  • 2008年3月22日(土)公開
  • 撮影

“腹話術”を題材にしたユニークなホラー。人気作「ソウ」の監督&脚本家コンビが、ゴシック調の怪奇世界の中で予測不可能などんでん返しを炸裂させる。

監督
ジェームズ・ワン
出演キャスト
ライアン・クワンテン アンバー・ヴァレッタ ドニー・ウォルバーグ ボブ・ガントン
2007年

バタフライ・エフェクト2

  • 2007年10月13日(土)公開
  • 監督

一部のファンに熱狂的な支持を得た異色サスペンスの続編。写真に写っている過去に戻れるという能力を得て、愛する人々を救おうとする青年の運命を描く。

監督
ジョン・R・レオネッティ
出演キャスト
エリック・ライヴリー エリカ・デュランス ダスティン・ミリガン ジーナ・ホールデン
2002年

スコーピオン・キング

  • 2002年6月8日(土)公開
  • 撮影

「ハムナプトラ2 黄金のピラミッド」の姉妹編のアクション大作。同作に登場した魔人の戦士時代の冒険を、人気レスラー、ザ・ロックを主演に迎えてダイナミックに描く。

監督
チャック・ラッセル
出演キャスト
ザ・ロック スティーヴン・ブランド マイケル・クラーク・ダンカン ケリー・フー
1996年

スパイ・ハード

  • 1996年6月8日(土)公開
  • 撮影

世界一おマヌケなスパイの珍無類の活躍を描いたコメディ。「裸の銃を持つ男」シリーズのレスリー・ニールセンがエグゼクティヴ・プロデューサーと主演を務め、今回も下ネタ満載のギャグや、「007」「ザ・シークレット・サービス」「クリフハンガー」「スピード」「天使にラブ・ソングを…」など無数に散りばめられた映画パロディの数々が見もの。監督・脚本・製作はTV界出身で、ビデオ作品『レスリー・ニールセンの勝つためのゴルフ』も演出したリック・フリードバーグ。ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーの原案を、彼らとフリードバーグ、そして「ケンタッキー・フライド・ムービー」のディック・チャドナウの4人で脚色。製作は、監督と『ドライブ・アカデミー/全員免停』(V)のダグ・ドレイツィン、「ジャックナイフ」のジェフリー・コンヴィッツの3人。エクゼクティヴ・プロデューサーは、ニールセンと「クロウ 飛翔伝説」のロバート・L・ローゼン。撮影は「モータル・コンバット」のジョン・R・レオネッティ、音楽は「ベスト・キッド4」のビル・コンティがスコアを書き、パロディ音楽の第一人者アル・ヤンコビックが主題歌を歌い、タイトル・バックにも出演。美術は「ストリートファイター」のウィリアム・クレーバー、編集は「D2 マイティ・ダック」のエリック・シアーズ、衣裳は「シャイアント・ベビー」のトム・ブロンソン。共演は「シュア・シング」のニコレット・シェリダン、「未来は今」のチャールズ・ダーニング、「迷子の大人たち」のマーシャ・ゲイ・ハーデン、ほか。プロレスラーのハルク・ホーガン、「ベスト・キッド」のパット・モリタなどがカメオ出演している。

監督
リック・フリードバーグ
出演キャスト
レスリー・ニールセン ニコレット・シェリダン チャールズ・ダーニング マーシャ・ゲイ・ハーデン

モータル・コンバット

  • 1996年3月23日(土)公開
  • 撮影

悪の帝王が主催する格闘技大会に出場した、3人の超人的な格闘家の活躍を描いたSFXアクション。全世界で1千万本以上を売り上げた同名の人気ゲーム・ソフトを、CGや特殊メイクなどのSFXを駆使して映画化。斬新なビジュアル・センスを見せた監督は、「ショッピング」の英国人監督ポール・アンダーソン。脚本はTVシリーズ『ハイランダー』(日本ではビテオ発売のみ)を手がけた後、本作が初の劇場用映画となるケヴィン・ドロニー。製作は「ストレンジ・デイズ ―1999年12月31日―」のローレンス・カサノフ、エクゼクティヴ・プロデューサーは「マスク」のボブ・エンゲルマンと、タニー・サイモン、撮影は「暗殺者」のジョン・R・レオネッティ、美術はジョナサン・カールソン、編集は「カリフォルニア」のマーティン・ハンター。音楽は「地獄のヒーロー5」のジョージ・S・クリントン、音楽スーパーバイザーは「羊たちの沈黙」のシャロン・ボイルが務め、テクノ、アンビエントからハードロック系まで多彩なアーティストの曲が全編に流れる。特殊視覚効果(製作補も)を「ターミネーター2」「シャドー」の女性SFXアーティスト、アリソン・サヴィッチが担当。出演は「ハンテッド」のクリストファー・ランバート、「カジノ・レイダース」の香港出身のアクション俳優ロビン・ショウ、「サロゲート・マザー」のブリジット・ウィルソン、「ザ・デンジャラス 地獄の銃弾」のケイリー・ヒロユキ・タガワほか。

監督
ポール・W・S・アンダーソン
出演キャスト
クリストファー・ランバート ロビン・ショウ リンデン・アシュビー ケリー・ヒロユキ・タガワ
1995年

マスク(1994)

  • 1995年2月25日(土)公開
  • 撮影

人間の潜在的欲望を引き出す古代の仮面をつけた青年が、謎の怪人マスクとなって大活躍する姿を描いた、ファンタスティックなアクション・コメディ。ダークホース・コミックス社のマイケル・ファーロンとマーク・ヴァーヘイデンによる同名のカルトコミックを、発想とキャラクターを借りてマイク・ワーブが脚色。監督には「ブロブ 宇宙からの不明物体」で50年代SF映画の味わいを再現したチャールズ・ラッセルがあたった。製作は「ショッカー」のボブ・エンゲルマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイク・リチャードソン、チャールズ・ラッセル、マイケル・デ・ルカ、撮影はジョン・R・レオネッティ、音楽は「ベートーベン」のランディ・エデルマン。特殊メイクは「ミセス・ダウト」のグレッグ・キャノン、SFXは「ジュラシック・パーク」などのILMがそれぞれ担当。主演は初主演作「エース・ベンチュラ」でスターダムにのし上がったジム・キャリーで、得意の顔面七変化をはじめ、その爆笑パフォーマンスの数々が見もの。共演は、セクシーなヒロイン役にモデル出身で、本作が映画初出演のキャメロン・ディアス、「ローカルヒーロー 夢に生きた男」のピーター・リーガート、「ロビン・フッド キング・オブ・タイツ」のエイミー・ヤスベックほか。

監督
チャールズ・ラッセル
出演キャスト
ジム・キャリー キャメロン・ディアス ピーター・リガート ピーター・グリーン
1993年

ホット・ショット2

  • 1993年6月26日(土)公開
  • 撮影

湾岸戦争下のペルシャ湾を舞台に展開する、パロディー・フィルムのシリーズ第2作。前作では「トップガン」がパロディ化されたが、今回は「ランボー」シリーズが取り上げられている。監督・脚本は前作に続きZAZの一員で「裸の銃を持つ男21/2」(脚本・エグゼクティヴ・プロデューサー)のジム・エイブラハムズ。製作は「トップガン」のビル・バダラート、エグゼクティヴ・プロデューサー・共同脚本は「独身SaYoNaRa! バチェラー・パーティー」のパット・プロフト。撮影は「チャイルド・プレイ3」のジョン・R・レオネッティ。音楽は「ホワイト・ファング」のバジル・ポールドゥリスが担当。出演は「キング・オブ・ハーレー」のチャーリー・シーン、「インディアン・ランナー」のヴァレリア・ゴリノ、「ジャイアント・ベビー」のロイド・ブリッジス、「ランボー」シリーズのリチャード・クレンナ。

監督
ジム・エイブラハムズ
出演キャスト
チャーリー・シーン ロイド・ブリッジス ヴァレリア・ゴリノ リチャード・クレンナ
1991年

チャイルド・プレイ3

  • 1991年11月16日(土)公開
  • 撮影

全米でホラー界の人気キャラクターとなった、殺人人形チャッキーが繰り広げる惨劇ホラー「チャイルド・プレイ」シリーズのパート3。監督はジャック・ベンダー、製作はロバート・レザム・ブラウン、エグゼクティヴ・プロデューサー、チャッキー人形製作はデイヴィッド・カーシュナー、脚本とキャラクター創造はドン・マンシーニ、撮影はジョン・R・レオネッティ、音楽はコリー・レリオスとジョン・ダンドレア、編集はエドワード・ワーシルカ、美術はリチャード・ソーヤー、チャッキー・デザインはケヴィン・イエガーがそれぞれ担当。

監督
ジャック・ベンダー
出演キャスト
ジャスティン・ワーリン ペリー・リーヴス ブラッド・ドゥーリフ ジェレミー・シルヴァーズ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョン・R・レオネッティ