映画-Movie Walker > 人物を探す > アガタ・クレシャ

年代別 映画作品( 2014年 ~ 2019年 まで合計4映画作品)

2019年

COLD WAR あの歌、2つの心

  • 2019年6月28日(金)公開
  • 出演(Irena 役)

別れと再会を繰り返すピアニストと歌手の愛をモノクロの映像で描き、第71回カンヌ国際映画祭で、パヴェル・パヴリコフスキーが監督賞に輝いたラブストーリー。パヴリコフスキー監督が第87回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『イーダ』にも出演したヨアンナ・クーリグがヒロインのズーラを、舞台などでも活躍するトマシュ・コットがヴィクトルを演じる。

監督
パヴェウ・パヴリコフスキ
出演キャスト
ヨアンナ・クーリグ トマシュ・コット アガタ・クレシャ ボリス・シィツ

ダーク・クライム

  • 2019年1月11日(金)公開
  • 出演(Marta 役)

ジム・キャリーが異様な殺人事件の解明に挑む警官を演じたサイコスリラー。タデックは以前犯人を検挙することができなかった性風俗クラブでの殺人事件の再捜査に乗り出すだったが、かつて一緒に捜査にあたった長官らは真相を知られたくなさそうな態度を取る。監督は「Miss Violence」(未)にて2013年ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞を獲得したアレクサンドロス・アヴラナス。特集【未体験ゾーンの映画たち2019】にて上映。

監督
アレクサンドロス・アヴラナス
出演キャスト
ジム・キャリー マートン・ソーカス シャルロット・ゲンズブール アガタ・クレシャ
2017年

夜明けの祈り

  • 2017年8月5日(土)公開
  • 出演(Mère Abesse 役)

「ボヴァリー夫人とパン屋」のアンヌ・フォンテーヌによる実話に基づくドラマ。1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若き女医マチルドのもとに、シスターが助けを求めてくる。修道院にはソ連軍の蛮行によって身ごもった7人の修道女がいた。出演は、「世界にひとつの金メダル」のルー・ドゥ・ラージュ、「ハミングバード」のアガタ・ブゼク、「イーダ」のアガタ・クレシャ。第42回仏セザール賞主要4部門ノミネート。

監督
アンヌ・フォンテーヌ
出演キャスト
ルー・ドゥ・ラージュ アガタ・ブゼク アガタ・クレシャ ヴァンサン・マケーニュ
2014年

イーダ

  • 2014年8月2日(土)公開
  • 出演(ヴァンダ 役)

スタンダードサイズ&モノクロ映像のスタイルで、自らのルーツを探る少女の旅を通じて、戦後ポーランドの光と影を描いたドラマ。監督は、14歳の時に共産主義体制のポーランドを離れ、ヨーロッパ各国で映画を撮り続けてきたパヴェウ・パヴリコフスキ。出演はアガタ・チュシェブホフスカ、「ログアウト」のアガタ・クレシャ。

監督
パヴェウ・パヴリコフスキ
出演キャスト
アガタ・チュシェブホフスカ アガタ・クレシャ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アガタ・クレシャ