映画-Movie Walker > 人物を探す > パット・サマーセット

年代別 映画作品( 1928年 ~ 1973年 まで合計9映画作品)

1973年

スーパー・ガン

  • 1973年6月9日(土)
  • 編集

金も力もあり、女にも強い黒人ガンと白人犯罪シンジケートの闘いを描く。製作はノーマン・ブリゲンとジョン・ヘイマン、監督は「狂ったメス」のロバート・ハートフォード・デイヴィス、脚本はフランクリン・コーエン、撮影はリチャード・H・クライン、音楽はトニー・オズボーン、編集はパット・サマーセットが各々担当。出演はジム・ブラウン、マーティン・ランドー、ブレンダ・サイクス、ルチアナ・パルッツィ、ヴィダ・ブルー、スティーブン・マクナリー、キーフ・ブラッセルなど。

監督
ロバート・ハートフォード・デイヴィス
出演キャスト
ジム・ブラウン マーティン・ランドー ブレンダ・サイクス ルチアナ・パルッツィ
1969年

泳ぐひと

  • 1969年9月9日(火)
  • 編集

ジョン・チーバーの原作を、「リサの瞳のなかに」のフランク・ペリーが監督、脚色はペリー夫人のエレノア・ペリー。撮影はTVコマーシャル出身のデイヴィッド・L・クエイド、音楽はマーヴィン・ハムリッシュ、美術をピーター・ドハノス、編集にはシドニー・カッツ、カール・ラーナー、パット・サマーセットの3人が担当している。出演は「インディアン狩り」のバート・ランカスター、他にTV出身のジャネット・ランガード、「サイレンサー 待伏部隊」のジャニス・ルールなど。製作はペリーとロジャー・ルイス。

監督
フランク・ペリー
出演キャスト
バート・ランカスター ジャネット・ランガード ジャニス・ルール トニー・ビックリー
1936年

人妻日記

  • 1936年
  • 出演(Sloan_Potter 役)

ウォーナー・パクスターとマーナ・ローイが「その夜の真心」「宿命の窓」と同じく顔合わせして主演する映画で「小公子」「痴人の愛」のジョン・クロムウェルが監督にあたったものである。原作はリチャード・シャーマン作の大衆小説で作者自ら「何が彼をそうさせたか」のハワード・エリス・スミスト協力して脚色した。撮影は「鐘の音」「二国旗の下に」のシドニー・ワグナーの担当である。助演者は「白衣の天使」「街の花嫁」のアイアン・ハンター、「ダンテの地獄編」「野に咲く金色の花」のクレア・トレヴァー、「鉄人対巨人」のジーン・ディクソン、その他の面々である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ワーナー・バクスター マーナ・ローイ イアン・ハンター クレア・トレヴァー
1931年

肉と霊

  • 1931年
  • 出演(MajoorKnowls 役)

「リリオム」「春ひらく(1930)」主演のチャールズ・ファーレルがフォックス新入社の舞台女優エリッサ・ランディと共演する映画でエリオット・ホワイト・スプリングスとA・E・トーマスの合作舞台劇を「泥人形」「叛逆者」のジュールス・ファースマンが脚色し「海の狼(1930)」「アリゾナ怪盗異聞」のアルフレッド・サンテルが監督、グレン・マクウィリアムスが撮影の任にあたった。助演者は「河上の別荘」「哄笑の世界」のハンフリー・ボガート、「叛逆者」「黒時計連体」のマーナ・ローイ、ドナルド・ディラウェイ、クローフォード・ケント、パット・サマーセット、アイアン・マクラレン等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
チャールズ・ファーレル エリッサ・ランディ ハンフリー・ボガート マーナ・ローイ
1930年

地獄の天使(1930)

  • 1930年
  • 出演(Marryat 役)

ルパート・ヒューズの甥で百万長者の相続者たるハワードン・ヒューズが設立したカッド・プロダクション社で製作された映画である「尖端足化粧」「タキシー十三号」の監督者たるマーシャル・ニーランとジョーゼフ・モンキュア・マーチが共同で組み立てたストーリーから「四枚の羽根」「店曝しの天使」のハワード・エスタブルックと「ビッグ・パレード」のハリー・ベーンが脚色し、ヒューズ自身が監督に当たったもので、主なる出演者は「恋の走馬灯」「これぞ天国」のジェームズ・ホール、「青春の夢(1929)」「空中軍団」のベン・ライオン、「鉄青年」のジーン・ハーロウ、「娘乱暴記」「某重大事件」のジョン・ダーロウ、ルシアン・プリヴァル、ジェーン・ウィントン、ウィンダムン・スタンディング・エヴェリン・ホールなどでカメラは「彼女は戦にゆく」「クラック将軍」のガエタノ・ゴーディオ、「空の王者」のエルマー・ダイヤー、ハリー・ヴェリー、バートン・スティーン、ハリー・ゼッヒ、デウイー・リグレーの6人の担任。ちなみにこれはその投資額と撮影日数の長さに於いて米国記録を破れる作品として知られている。

監督
ハワード・ヒューズ
出演キャスト
ベン・ライオン ジェームズ・ホール ジーン・ハーロウ ジョン・ダーロウ

最後の一人 潜航艇哀話

  • 1930年
  • 出演(Lieutenant_Digby_R._N. 役)

「最敬礼」「黒時計連隊」と同じくジョン・フォード氏の作品で同氏およびジェームズ・ケヴィン・マッギネス氏が共同でストーリーを組立てダドリー・ニコルズ氏が脚色及び台詞をつけ「娘青春裏表」「名物三羽烏」のジョセフ・オーガスト氏が撮影した。主演者は「俄か海賊」に出演したことのある舞台俳優のケネス・マッケンナ氏で「踊るカレッジ」「最敬礼」のフランク・アルバートソン氏、「ハバナから来た女」「紐育万華鏡」のポール・ペイジ氏、「ロマンスの河」「女秘聞」のウォルター・マッグレイル氏、ウォーレン・ハイマー氏、J・ファーレル・マクドナルド氏、スチュアート・アーウィン氏その他が共演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ケネス・マッケンナ フランク・アルバートソン ポール・ペイジ ウォルター・マッグレイル

拳銃の洗礼

  • 1930年
  • 出演(Babe_Grey 役)

「悪に咲く華」「藪睨みの世界」のエドモンド・ロウが主役を演ずる映画で、「愛の爆笑」「クリスティナ」ウィリアム・K・ハワードが原作監督したものである。「踊る人生」のジョージ・マンカー・ウォッタースが脚色台詞を執筆し、「悪に咲く華」「大乱痴気」のジョージ・シュナイダーマンが撮影に当たった。助演者は「ビッグ・トレイル(1930)」「悪に咲く華」のマーゲリット・チャーチル、「命を賭ける男(1930)」「西部の星影(1930)」のレジス・トゥーミーをはじめ、アール・フォックス、エディ・グリッボン、ヘンリー・コルカー、ハーク・ハミルトン等である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
エドモンド・ロウ マーゲリット・チャーチル レジス・トゥーミー アール・フォックス

悪に咲く華(1930・アメリカ)

  • 1930年
  • 出演(TheDuke 役)

「藪睨みの世界」「ハッピイ・デイス」のエドモンド・ロウが主演する映画で、 ドナルド・ヘンダーソン・クラーク原作の小説から「鉄骨エロ騒動」「最後の一人」のダドリー・ニコルズが脚色し、「最後の一人」「最敬礼」のジョン・フォードが監督にあたったもの。助演者は「悪漢の唄」のキャサリン・デール・オーウェン、「巴里見るべし」のマーゲリット・チャーチル、「藪睨みの世界」「最後の一人」のウォーレン・ハイマー、「鉄骨エロ騒動」のウィリアム・ハリガン、リー・トレイシー、フランク・アルバートソンその他でカメラは「四人の息子(1928)」のジョージ・シュナイダーマンが担任している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
エドモンド・ロウ キャサリン・デール・オーウェン リー・トレイシー マーゲリット・チャーチル
1928年

マザー・マクリー

  • 1928年
  • 出演(Boddy 役)

リダ・ジョンソン・ヤング女史作の歌謡及び物語りに基づいてガートルード・オール女史が脚色し、「3悪人」「青鷲」等と同じくジョン・フォード氏が監督したもので、主役は「ステラ・ダラス(1925)」「肉体の道」等出演のベル・ベネット嬢が演じ、「栄光」「カルメン(1927)」等出演のヴィクター・マクラグレン氏、「悲恋の楽聖」「ボー・ジェスト(1927)」等出演のニール・ハミルトン氏を始め、コンスタンス・ハワード嬢、フイリップ・デ・レシー君、エセル・クレイトン嬢、テッド・タツクナラ氏等が助演する母性愛を描いた映画である。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ベル・ベネット フィリップ・デラシー ヴィクター・マクラグレン テッド・マクナマラ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > パット・サマーセット