TOP > 映画監督・俳優を探す > エディ・ダルクレア

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1924年 まで合計5映画作品)

1924年

阿修羅王国

  • 1924年
  • 出演(Helena 役)

ギリシャの大詩人ホーマーの叙事詩『イリアッド』中の興味深いエピソードをドイツで有名な脚色家ハンス・カイザー氏が脚色し、第一篇をヘレナ掠奪(Plunder of Helena)とし、古希臘の神々に英雄佳人の一大ロマンスを幻想的に取扱い、第二部トロイの陥落(Fall of Troja)に至る迄の戦争の刺激的な物語である。監督は「賢者ナータン」と同じくマンフレッド・ノア氏で、「月光の曲(1920)」「ネロ」等出演のエディ・ダルクレア嬢、「カラマゾーフ兄弟」「ジーグフリード」等出演のハンナ・ラルフ嬢、「名花サッフォー」「ゴーレム」等出演のアルバート・シュタインリュック氏、「海底の宝庫」「百獣の王」等出演のカール・デ・フォークト氏等が出演している。(無声、全二篇)

監督
マンフレッド・ノア
出演キャスト
エディ・ダルクレア ハンナ・ラルフ アルバート・シュタインリュック ウラジミール・ガイダロフ
1922年

ネロ

  • 1922年
  • 出演(Acte 役)

「シーバの女王」を監督したJ・ゴードン・エドワーズがイタリアにおいて完成した歴史劇で、原作及び脚色はチャールズ・サーヴァーとヴァージニア・トレイシーの合作になったもので、主役はほとんど全部イタリアの俳優によって演じられている。その中には「月光の曲」出演のエディー・ダルクレアの顔も見える。アメリカ側ではヴァイオレット・マースロウが出演する。壮大なイタリアの史跡を縦横に使用して、展開される劇は興味深いものがある。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ジャック・グレティラ Alexander Salvini グイド・トレント Enzo De Felice

ダビデ物語

  • 1922年
  • 出演(Merab 役)

イタリア、ローマにおけるフォックス撮影場でJ・ゴードン・エドワーズが「ネロ」に続いて製作した大史劇でアメリカ俳優としてはヴァイオレット・マースロウ1人。他は全部イタリアの俳優を起用した。旧約聖書に出るダビデの物語である。

監督
J・ゴードン・エドワーズ
出演キャスト
ヴァイオレット・マースロウ エディ・ダルクレア Virginia Cucchetti ネリオ・ベルナルディ
1920年

月光の曲(1920)

  • 1920年
  • 出演(Lydie 役)

日本の婦人の思想としては少々理解し得ないかも知れないが、処女性に対する欧州婦人の考えが基となって、此の深刻極まりない一篇の悲劇は構成されて居るのである。無声。

監督
アウグスト・ジェニーナ
出演キャスト
エディ・ダルクレア イネス・ジアノニ ヴァスコ・クレティ ウンベルト・カシリニ
1916年
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エディ・ダルクレア

ムービーウォーカー 上へ戻る